Civilization III 解説 目次



人に見られたとは不覚。

戻る
ゲーム解説
 ターンベースシミュレーションであるCivilization・Civilization IIの続編。長いので以後Civ3と略す。1から2へはユニット・技術追加だけみたいなもので、ただのエキスパンションみたいなものであったが、3になったらルール自体が結構変わった。一番大きいのは勝利方法が従来の世界武力統一、宇宙船発射以外に文化的なものや国連総長になること等が追加され、戦うことが必須ではなくなったことである。


・前作からの変更点
・各文明の解説
・ユニット解説


☆勝利条件
以下のうちのいずれかかを達成したら勝利。

・世界征服
 自分以外の文明を全て滅ぼすこと。単純明快。別に全ての文明を自分の手にかける必要はなく、最終的に残っている文明が自分であればOK。なおCOM文明は、一度全て滅ぼしたつもりでも、なぜか遠く離れたところにワープして復興していることがあるので、壊滅メッセージが出たことをきっちり確認しておくこと。

・宇宙船発射
 科学技術を進歩させ、宇宙船を作り上げて他文明より先に発射すること。前作と違い、アルファケンタウリ到着ではなく発射時点で勝利が確定する。また宇宙船のパーツは10種類を1つずつ作れば良くなったので、性能に違いはない。

・領土支配
 領土面積が、世界面積の規定%以上であること。規定の数字は、マップサイズによって異なるらしいが、事実上ほとんど世界征服に近い状態じゃないと認定されないことは確実。いっそ征服してしまう方が楽なんじゃなかろうか。

・国連総長
 外交的勝利と呼ばれる方法。7不思議であるUnited Nationを建設すると、国連総長選挙が開催できる。規定%以上の領土を持つ等の条件をクリアした文明は投票権を1票持ち、自分を含めた投票権所有文明の中から好きな文明を投票する。総得票数の多い文明が、その場で勝利する。COMは過去のいさかいを全て記憶しているので、COMに対して優位に進めようとすれば大概の場合嫌われる。どうあっても勝てそうにない場合は、これ目当てで逆転を狙うのもいいかもしれない。普段から付け届けをしておけばどうにかなるのだろうか。そういうゲームじゃないと思うのだが。

・文化浸透
 Civ3の目玉の一つである文化ポイントの蓄積による勝利。特定の都市が2万以上の文化ポイントを持つか、文明全体で10万以上の文化ポイントを集めれば勝利。数字はマップサイズにより変わると思われる。7不思議を1つの都市に集中させまくれば、あるいは前者もいけるのかもしれないが、通常後者狙い。文化を高めると敵都市の寝返りが狙えるし、また敵のそれを防ぐ意味でも有用。むやみに戦争しなくてもいいし、比較的満たしやすい勝利条件。

・得点
 AD2050のゲーム終了時点で、総合得点が最も高い文明が勝利。総合得点の計算は、領土の広さと、幸福な人の人数、普通の人の人数の3要素によって算出される。時間切れの場合での仕方なく設けた判定基準のようなもので、最も充実感の薄い勝利とも言える。(国連総長とはいい勝負かもしれないが)




戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット