ゲーマー日記 2009年7月分


最近の日記に戻る

2009年7月1日 水曜日

 Travian(Web)。さすがにそろそろ幹部として灰色プレイヤーのチェックぐらいしておけと命じられる。まあこの程度の仕事なら楽なものだけど。


2009年7月2日 木曜日

 Travian(Web)。


2009年7月3日 金曜日

 アトランティカ(Win)もそろそろ気力が回復しつつあるので、1日5%のノルマぐらいはやっておこうかなという気分になってきた。


2009年7月4日 土曜日

 Travian(Web)。従来の外交方針から方向転換し、連合から脱退して別方面から来た大勢力と友好路線に転じる。そして友好の証明のために、今まで連合仲間だったところを攻める踏み絵戦争を本日から開始。と言っても、既に大勢力の方で叩いてるから、遅れて参戦しても大した負荷でもないのだが。

 個人レベルでいうと、うちのすぐ近所にその敵が一人いる。しかも敵同盟のほぼ全員が既にひどい攻撃を受けているのに、そいつだけは無傷なので目立つことこの上ない。うちが働いてないことの証明になってしまうので、攻撃に行こうかと偵察してみるが、それなりの防衛兵が各村に配備されていて、これが一気に集結されるとうちの戦力だとほぼ相打ちになるくらいのダメージを負う。ま、ちょっとほっといて誰かが攻撃するのを待つか。

 開戦と同時に、敵からうちの盟主に対して大規模な攻撃がきたと連絡があったので、援軍を送る。その甲斐あって、無事敵攻撃は撃退した模様だが、その対応は不満が残るものであった。まず戦争開始時刻を自分で決めた割に、盟主自身が不在であったこと。不在中の対応はシッターとおぼしき別の幹部がやっていたが、着弾前に盟主が帰宅してきたのに結局防衛対応はシッターに任せきりで、着弾時刻になって結果を聞いても「ああ村見てないや」と他人事であったこと。そしてシッターの口から援軍のお礼の言葉が出てきたが、盟主自身からは何もないこと。この新盟主の態度はひどい。新体制でやっていけるんだろうか。


2009年7月5日 日曜日

 Travian(Web)は攻めるか迷っていた近所の敵を、味方が先鞭をつけてくれたので、勢いに乗って殲滅開始。幸いにして敵プレイヤーは既に戦意を喪失したっぽくて、恐れていた兵力集合はなく、各個撃破に成功。防衛兵がいなければ、あとはひとつひとつカタパルトで潰していくだけ。

 戦争中はリアルタイムで待ってないといけないので、小さい画面でプレイできる天下統一(Win)が相性がいい。長宗我部プレイの続き。九州に上陸して食い破っているところから。島津を滅ぼし、返す刀で龍造寺を追い詰め、一方で阿波では生意気にも国内を統一してやってきた畠山を軽く蹴散らして逆上陸。

 ここまでは良かったが、九州統一が近くなったところで、紀伊から織田が、中国では尼子が攻め寄せてきて、三方面になると手が足りない。どっちかと講和したいところだが、外交交渉が成功せず。紀伊ではどうでもいい下っ端だが包囲されて切腹に追い込まれ、ピンチかと思われたが、織田はその後尼子と戦争を始めたらしく、それ以上は攻め進んでこなかったため、この際接触面積が広い尼子を叩く。

 戦線が狭まったらもうこっちのもの。九州、中国と統一したら、あとは戦線を東に上げていくだけ。尼子、織田、上杉と同時に相手にしながら、いよいよ越前美濃尾張の日本中央部に進出。


2009年7月6日 月曜日

 Travian(Web)はひたすら戦争。といっても相手プレイヤーがもう投げてるので、無抵抗の敵を更地にするだけ。敵の首都である大農場を破壊しつくしたはずが、人口16ばかり残ってカタパルトの攻撃がスルーされる謎の現象。ひと晩謎に悩みつつ寝たが、翌朝ふと、ラムを差し向けてみると、壁が壊れて更地に。なるほどそういうオチか。

 天下統一(Win)はその後長宗我部が抵抗らしい抵抗もなく速攻統一完了。序盤若干きつかったけど、まあ難易度は中級者の入口って程度。

 アトランティカ(Win)でギルドメンバーがLv90と少しずつ迫ってきて、個人ダンジョンに行きたいというのでエスコートする羽目に。時間的には十分だったのだが、残り1匹を2人で2周しても見つけられないというひどい有様でクリアならず。


2009年7月7日 火曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)。


2009年7月8日 水曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)。


2009年7月9日 木曜日

 オープンβが始まったTower of AION(Win)なる韓国MMOをDLしてみる。が、よほど人気があるのか、DLに10時間とか表示されるので、ひとまず寝る。

 日中休暇を取ったので、のんびりとDLが終わった頃に起きて始めてみる。アトランティカ(Win)のギルドメンバーと同じサーバに作ろうと思ったら、制限がかかっていて作れないので、適当に別サーバで。キャラメイクの細かさは洋ゲー並。悪人っぽいキャラを目指して作ったら、デビルマンっぽくなった。割と満足。

 さてゲームを始めてみるが、夜なのか、まともにキャラが見えない。自分自身の姿も見えなければ、他キャラもまるで見当たらない。かすかに鳥が飛んでるのが分かるくらいの暗闇。魔族だからかな。起動しなおしても変わらない。ふと思い当たって、裏でアトランティカを起動しているのが悪いのかと落としてみたらビンゴ。なんだちゃんと明るい画面じゃん。

 インタフェースはWorld of Warcraft(Win)風。システムも陣営単位のPlayer vs Playerがメインコンテンツである辺りまで含めて、大体World of Warcraft。以上、って言っていいくらい酷似している。Lv10まではチュートリアルエリアで、そこを卒業すると羽が生えて飛べるようになるのが唯一の特色。まあ飛べるエリアがごく限られているので、自由自在というわけではない。今更NPCを求めてうろうろ走り回るゲームなんかかったるくてやってられるか。

 とか言いつつ、WoWに似ているわけなので出来自体は決して悪くないので、結構長いことプレイしちゃったりして。


2009年7月10日 金曜日

 Tower of AION(Win)オープンβ。Lv10を過ぎて転職し、魔法使いから召喚士に。しかし召喚呪文のありかが分からない、というEverQuest(Win)以来ずっとこんなんばっかな事態に。まあまだなくてもどうにかならんでもないけど。

 生産システムも試してみる。World of Warcraft(Win)の生産がどんな感じだったかいまひとつ覚えてないので、類似性はコメントできないが、さして独創性のあるシステムではない。マスターNPCから生産依頼クエストが何度でも繰り返しで受けられて、材料も一部支給されて報酬が出るのでありがたい。ポーション作りの練習をこれでひたすら繰り返す。段々生産スキルの伸びが鈍くなってくるのは当たり前だとしても、その成長具合が見えないので、結構ストレスがたまる。


2009年7月11日 土曜日

 Tower of AION(Win)オープンβ。やっとエレメンタル召喚の呪文書を見つける。さすがに2人がかりだと楽でいいが、段々敵が強くなってくるとエレメンタルが強くならないだけにつらくなってくる。結局クエストやるだけなので飽き気味。ただ高評価ポイントは、クエストの文章。ただの和訳とは思えない豊かな表現で、誤字脱字の類は今のところ人名一箇所しか見つけてない。アトランティカ(Win)とはこの辺大違い。クエスト中にムービーを使ったり、一部ボイスが出たりと、ずいぶんと充実してる。ちなみに間もなく始まる正式サービス後は月額制らしい。全く課金の予定なし。

 Travian(Web)は先週の戦争が圧倒的勝利で終わろうとしたところ、またその系列の敵と交戦するらしい。そんなに弱小をいじめて何か意味があるのかね。今回は敵が遠いので、見物を決め込む予定。


2009年7月12日 日曜日

 Tower of AION(Win)オープンβ。Lv15までプレイしたが、もうクエストやって報酬もらっての繰り返しになってきて飽きてきた。目玉の飛行も禁止エリアばかりでほとんど味わえないし、これはWorld of Warcraft(Win)クローンに終わる予感。


2009年7月13日 月曜日

 ここ数ヶ月読書に凝っていたので、通勤中の携帯ゲームはお休みしていたのだが、そろそろ再開することに。というのもみほ(仮名)に半年前に借りた世界樹の迷宮2(NDS)が実は箱だけだということに先日気づき、ボードゲーム会のときに中身も借り受けたので早くクリアして返さないと、という経緯による。

 相変わらずそっけないオープニング。まあこれがいいんだけど。キャラ作りを始めると、前作より職業が増えていて悩ましい。悩ましいけど、扱い方がよく分からないので結局上から順に作っていく。ソードマン、パラディン、ブシドー、レンジャー、メディック。Wizardry(PC98)の6人パーティイメージがどうしても抜けないので、つい6人目のアルケミストも作ってしまったが、序盤は魔法に頼る局面が少ないので、後で育てることに。システムはほぼそのまんま前作を踏襲しており、変化した部分はごくわずか。マッピングツールが充実したのは嬉しい改善。というか前作これでマッピング限界がやってきて途中でやめたわけだし、さすがに改善してもらわないと困る。

 あとはスキルの種類に多少変化が、といったパラメータ周りの変更ぐらい。名作はうかつにいじらない方がいいということを分かってらっしゃる。序盤の金欠具合がやはり楽しい。宿代たりねーよぐらいのときが一番。つらいけど。


2009年7月14日 火曜日

 通勤中は世界樹の迷宮2(NDS)。2Fに進んだが、移動型ボスがうろうろしてて怖い。ためしに触れてみたら即壊滅した。触れるべからず。

 帰るとTravian(Web)にアトランティカ(Win)にと忙しい。


2009年7月15日 水曜日

 世界樹の迷宮2(NDS)は2Fの移動型ボスをよけつつ3Fに。そしてここでも移動型ボスがこわい。怖いので採集用のハンターを育成しながらお金をためて逃避活動中。

 ハンゲームで戦国ものの小型RTS、突撃!合戦スタジアム(Web)というのが始まったらしいので、ちょっとやってみる。兵站の概念がないRTSは、戦術級操作が下手で勝てないから好きではないのだが、戦国ものでトレーディングカード要素入りとあってはやらないわけにもいかない。やってみたら、案の定勝てない。勝てないながら、何度もやってるとポイントが貯まって武将カードが引けるというトレーディングカードゲームなので、開幕5連敗でもなお続けてしまっている。ゲーム自体は大して面白くもないのだが。


2009年7月16日 木曜日

 Travian(Web)はさすがにそろそろ2つのサーバを並行するのが辛くなってきたので、新しい第4サーバの方は引退させてもらうことに。IRCで引退宣言をしたら、盟主と副盟主が不在中シッターしとくからいつでも戻っておいで、となぜか引退させてもらえない状態に。んー第3サーバ終わってもまだやる気残ってるかな。まあどうせしばらくしたら彼らも多忙でそれどころじゃなくなるでしょう。


2009年7月17日 金曜日

 Travian(Web)は第4サーバの方を引退するつもりが、シッター付きで存続させることが決まったので、多少の放置に耐えられるように倉庫を大きくしたり、運搬能力を上げたりとインフラ準備を整え始めたら、結局引退できてないじゃん。

 世界樹の迷宮2(NDS)は、3Fのミッションをクリアしないと先に進めないことが分かり、主力で突っ込んでなんとかぼろぼろながらクリア。これで4Fに。本当は主力に自分の分身である魔法使いを入れたいのだが、結局肉弾要員3名とレンジャーとメディックで5人枠が埋まる。まあいずれ肉弾攻撃が通じない相手がでてきてから育成すっか。


2009年7月18日 土曜日

 世界樹の迷宮2(NDS)。4Fは飛行型の移動ボスがでてきて、こっちが越えられないガレキをすいっと通り抜けてきて厄介。過剰にビビってたのだが、いざ戦闘に入ってみると、主力の攻撃力なら1ターンで倒せる程度の強さであることが判明。なんだよビビらせやがって。とか言いつつ、その勢いで付近の地上型移動ボスに突っ込んだら、こっちは真っ当に強くて軽く全滅。やっぱりそうですよね。

 序盤の財政難対策は、採集専用要員をダミーでいくつか作って、採集ポイントに連れていきさえすれば楽勝というのが前作のパターンだったのだが、今作は採集中にアイテムの代わりに敵が出てくることがあるため、気が抜けない。少なくとも採集要員5名とかなめたことはできなくなった。現在主力レンジャー+採集要員2名+護衛2名でなんとか。それと宿屋に泊まって時間を進めると回数こなせるので楽なのだが、楽すぎるのであえて封印。宿屋はスキルポイントが枯渇したときにしか使わないマイルール制定。


2009年7月19日 日曜日

 帰省。しかし親父のPCでTravian(Web)は問題なくできる。


2009年7月20日 月曜日

 帰省先でTravian(Web)。


2009年7月21日 火曜日

 帰省先でTravian(Web)。

 しかも夜中に世界樹の迷宮2(NDS)もやったりして、帰省してもあまりゲームライフは困ってない。5Fのミッションを傷つきながらもクリアして、いよいよ第2階層の6Fへ。


2009年7月22日 水曜日

 帰省先でTravian(Web)と世界樹の迷宮2(NDS)。


2009年7月23日 木曜日

 帰省から帰る。真っ先にTravian(Web)。やはり自宅のPCはやりやすくていいなあ。


2009年7月24日 金曜日

 世界樹の迷宮2(NDS)は8Fに上がるミッションを受けたが、なんかえらく強そうなのでびびり中。採集部隊を第2層で活動させようとしたが、やはり無理がある。

 突撃!合戦スタジアム(Web)が意外に面白い。何回も福引を引いてるうちに、レア武将カードの信長と直江兼続をゲット。しかしコストが高いので、2枚デッキに入れてると、残り武将は全部カスのようなもの。これがちょっとつらいものがあるが、うまいことこのレア2人を生き残らせることができると強い。なんだかんだと大名レベル6になるまでプレイ。


2009年7月25日 土曜日

 アトランティカ(Win)は最低ノルマしかやってないが、リーグはまぐれで2級に昇格。


2009年7月26日 日曜日

 アトランティカ(Win)はリーグで役に立ってない僧に腹を立てて、待機室に入れていた巫女を復帰させることに。だが、Lvが低いせいか、負けが込んで3級降格。


2009年7月27日 月曜日

 世界樹の迷宮2(NDS)は魔法使いを全く育ててないのが不安になり、そろそろ余裕もでてきたので育成に着手。しかし単なるレベル上げは退屈で眠りそうになる。というか寝る。

 突撃!合戦スタジアム(Web)は地味にこつこつ続けてる。なんだかんだ言ってレベル7。たまに同レベルの人と戦うと白熱して楽しいが、レベルを合わせて戦うのが意外と難しく、いきなり対戦を選択すると、大体高レベルの奴が待ち構えてる罠。


2009年7月28日 火曜日

 世界樹の迷宮2(NDS)。アルケミスト育成計画はやっとLv15。主力は28まできてるので、追いつくの大変。しかも今作はマジックポイントが自動回復しないらしいので、継戦能力に関しては極めて疑問。ひょっとして役に立たない子かこれ。


2009年7月29日 水曜日

 仕事ででかいシステムトラブルに巻き込まれ、終電で帰って始発で出社という、入社以来最大の危機。それでも帰宅してTravian(Win)だけはやる。俺ってグレート。


2009年7月30日 木曜日

 システムトラブルの後始末でまた遅くなるが、Travian(Win)ばかりかアトランティカ(Win)もきっちりやる。俺ってグレート。

 さすがに連日徹夜じゃもたないので休みを取る。昼間は罪滅ぼしにじっくりTravian(Win)。なんか盟主から幹部再編のメールがきていて、新幹部が集まらないようなら同盟解散も、とか弱気なことを言っている。盟主が弱気なようじゃこの同盟もそろそろ終わりか。図体がでかくてもトップが弱けりゃ組織は瓦解する。単純なゲームなのだが、意外と組織について学ぶことが多い。


2009年7月31日 金曜日

 トラブルの後始末もついて、大体日常に戻る。おかげでゲームもじっくりできる。Travian(Web)とアトランティカ(Win)を。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット