ゲーマー日記 2009年12月分


最近の日記に戻る

2009年12月1日 火曜日

 12時間連続で眠れること自体、病んでることの立派な証拠である。家族に罹患が出た場合、会社規定により自宅待機。日中の軽い時間帯にひつじ村(Web)をやるが、朝7時を過ぎたらもう軽くないという、相変わらずひどい負荷状況。嘆きながらぼちぼちやってたら、夕方にメンテナンスのお知らせ。丸2日サービスを停止するという大規模なものである以上、きっとサーバ増強なのだろう。期待大。と言いつつ、快適になったらそれはそれですぐ飽きるだけなのかもしれないけど。

 最近いくつかβをやってみたけど、この先注力していくゲームが全然見当たらない。この降って湧いた予想外の連休も、本来なら喜び勇んでゲームに費やすべきなんだが、体調不良も手伝って、いまひとつそんな気になれないので、静養に努めることにする。


2009年12月2日 水曜日

 静養すると言っておきながら、いざ布団に入ると、12時間睡眠のおかげで目がばっちり冴えてる件。結局起き上がってエイカオンライン(Win)βをやりだすことに。当初翻訳の品質が高いと書いたものの、段々誤字脱字が目についてきた。力入ってるのは最初だけか。Lv14まであがって、おつきのフェアリーがLv5になって少女形態に変化。フェアリーの方がかわいかった件。

 新型インフルエンザは、次女は2日で完治したものの、今度は長女に感染。今週一杯休暇確定。


2009年12月3日 木曜日

 エイカオンランイン(Win)βはクライアントがなぜか起動しづらく、今までは二度目で立ち上がったものが、ついに何度やっても直後にプロセスが消滅する事態に至ったため、ここで断念。ついに一度もパーティプレイをすることなく終わった。

 ひつじ村(Web)のメンテが明けるはずだったが、2日サービス停止じゃ飽き足らず、もう1日延長とか言ってる。3日も止めるからにはよほど根本的改善をするのだろう。これだけ期待を大きく膨らませておいて、今度もアウトだったら反動がひどいよ。まあもう既にアプリ利用人数の減りかたも大きくなってきてるけど。


2009年12月4日 金曜日

 ひつじ村(Web)メンテナンス終了。サーバが増強されたのか、動きが非常に軽快。時間帯による渋滞もなさそうだし、これでやっとこころゆくまで遊べるように。これなら他人にすすめられる。後は、今まで改悪した部分のシステム周りに手をつけてほしいところではあるが、まあ正直現状でもそれほど困ってないので、このままでもさほど不満はない。さて羊目指してまい進するか。現状3年目の夏が終わりそうなところ。動物がイノシシ中心になってきていて、作物のストックも十分にあるため、あまり植物栽培の必要性がない。なんか土地を遊ばせておくのも非常にもったいない気がするが、行動力がネックになるため要らんものは要らん。


2009年12月5日 土曜日

 ひつじ村(Web)は3年目秋に突入。やっとヤギのつがいが仔を産んでくれたので、乳をしぼってチーズ製作に着手できる。イノシシによるハムはいくつかできあがったが、もらえるブドウの種は次の春までお預け。

 サンシャイン牧場(Web)をやめたので、ちょっと隙間があいたときのゲームとして、カイブツライフ(Web)を選定。以前プレイしたときから内容が大幅アップデートされていて、まあ見れる内容になったので。とは言え、相変わらず低レベルなことに変わりはないけど。こんなものに課金するやつの気が知れない。


2009年12月6日 日曜日

 アヴァロンの鍵オンライン(Win)というのがオープンβをやっていたので、DLしてみる。アーケードで出た作品のオンライン化。アーケードは金が飛ぶようになくなるのでまったく手を出す勇気がないのだが、この作品は魔法使いということで若干気になってはいた。いい機会なのでやってみる。どうやら召喚カードを使ってフィールドを移動したり戦闘したりするらしい。COM相手に2戦やってみたが、目的地までの移動力がまるで足りなかったりですぐ追いつかれて戦闘になり、耐久が高いモンスターなんか手に残らないのでライフがすぐ減ってあっという間に脱落というパターン。移動が無理であることを早めに見切って、追いつかれる前提でモンスター重視にするのだろうか。まあやってみたところ、さほど面白くなかったので、これで心残りはなくなった。削除。

 アトランティカ(Win)は不戦勝、下級相手と運に恵まれた状態から、同級やや格上の相手に勝って、なんとか3級昇格を果たす。ちょうど日曜はチャンピオンシップなので、これで戦利品が多くもらえる。と思ったら18時のチャンピオンシップを寝過ごして台無し。


2009年12月7日 月曜日

 Travian(Web)はいい加減ゲーム終了かと思いきや、まだ優勢ではあるものの、敵の散発的な攻撃はあって少しダメージをくらってはまた延びる、というのを繰り返してる。今の状態だとやはり年越ししそうな気配。微妙なバージョンアップが入って、ゴールドクラブとかいう新しい課金体系ができあがってる。手を変え品を変え、ようやるもんだ。まあむこうも商売だしね。

 アトランティカ(Win)もいい加減飽きてきて、毎日ノルマを果たせば確かにレベルは上がるけど、レベル上げて何をするかというと特にやることはない。そろそろこれも潮時か。

 ひつじ村(Web)は順調に3年目冬。順調すぎて、なんかちょっとこれも飽きがきた。イノシシが10匹以上など、基盤が万全なので、いまさら何が起きても揺るがないけど、先に進むには時間がかかるゲームなので、どうも退屈。牧場を整理しようにも、ポストのアイテム100個制限があって、結局地面に収穫物を散らかしておく以外に保管する方法がなく、やることがなくて困る。

 さてじゃあこの先何をやるかというと、これと言って候補がない。今のところ大航海時代Online(Win)の再開が筆頭ではあるが、月額課金プラス新拡張パッケージ代という投資がいるのがネック。それに一緒にやる親しい友人がいないと長続きしなさそうな気がする。まあカムバックキャンペーンでもそのうちやるだろうから、それまで待ちというところか。しばらくオフラインゲームの在庫でも片付けるか。


2009年12月8日 火曜日

 Webで見つけた三国ヒーローズ(Win)というのをインストールしてみたものの、三国志という背景自体あまり好きじゃないのと、画面のチープさにどうもいまいちやる気が出なくて、チュートリアルも途中で止まってる。

 そんなことより、PCの不調がいよいよ激しくなってきて、今まで電源さえ落とさなければという運用カバーで済ませていたものが、動作中に突然時刻異常を示してフリーズするようになってしまった。それも大体1日1回ぐらいは起きるので、毎日電源OFF/ONを繰り返して起動するかどうかドキドキするイベントが。いい加減どうにかしないとだめか。専門家に尋ねたところ、電池じゃなければマザーボードだろうということで、マザボ交換で済ませるか、これを機にマシン買い替えにするか。スペック的にまだ困ってないし、資金的にもここはマザボだけかな。ただマザボ変えると、OSから入れ直しになるのがだるい。


2009年12月9日 水曜日

 アトランティカ(Win)は、リーグ3級で3戦連続でLvが低めの相手に当たる偶然により、数ヶ月ぶりの2級昇進。しかも昇進後の試合も不戦勝で勝ちを拾う。そろそろやめようかと思ってた矢先にこの幸運。なんかの天意か。どうせやめるなら、金を貯めこんでもしょうがないので、思い切って新しい傭兵を雇うためのアイテムに費やすことに。やはりツエーズとしては、気候師の先生は丁重にお迎えする必要があるということで、合計700Mぐらいの金をはたいて雇用アイテム購入。貯金の8割ぐらいである。これでまた気力が湧けばよし。湧かなくても別によし。


2009年12月10日 木曜日

 帰りに近所のPCクリニックに立ち寄り、PC修理の見積もりを取ってみたら、45000円と1週間という見立て。そりゃひどい。やはり人間の工数ほど高いものはない。

 ついに意を決して自分でやることにし、横浜DOSパラダイスでマザーボードとHDDを購入。各8000円程度。


2009年12月11日 金曜日

 夕食後、マザーボード交換の重労働に着手。最初はHDDのバックアップをとろうと、新HDDに丸ごとコピーするつもりでいたが、現マザーボードでは新HDDを認識できず。仕方がないのでこないだまで使っていた80GBの小さいHDDに重要データだけ移すかとIDE接続にしたものの、これも認識せず。こんなときに限ってUSBメモリは見つからないし、もう諦めて一発勝負に賭ける。まあ最悪システムは吹っ飛んでもデータは残るだろう。

 CPUからメモリからHDDからグラフィックボードから、マザーボード交換は仕事が多くて困る。特に電源ケーブルの引き抜きは指先に激しい痛みを伴う苦行。軍手をつけてやってみるが、やはり抜けない。ふと文明の利器を利用することを思いつき、プライヤーでぐいっとやったら割と簡単に。なるほど人類はこうやってサルから進化したのだな。副作用としてコネクタのツメを割ってしまったが、まあ指先痛くなるくらいきつくはまるコネクタなんだから気にしない。

 新しいマザーボードの取り付けは拍子抜けするくらい順調で、一発で全デバイスを認識。幸いにしてWindowsがそのまま起動してくれたのが助かった。最悪Windows入れなおしも考えただけに。各種ドライバを入れなおす程度で移行は完了。ただ閉口したのは、Windowsライセンスの入力を求められたこと。オンラインでやりたいのに、ログインさせてくれないものだからLANのドライバが機能してないというジレンマ。仕方なくフリーダイヤルで数字をひとつひとつ聞き取りながら対応。

 肝心の時刻異常現象は、やはりマザーボード交換でぴたっと治まる。まあもう少し走らせてみないと完全とは言えないけど。アトランティカ(Win)もちゃんと動作を確認。LANが一度切れる現象が再現したのがちょっと気になるが。気候師はLv69まで経験の書で上げる。100まで上げたいけどさすがに無理か。


2009年12月12日 土曜日

 改善したPCで、さて何をやるかというと、まずはHDD容量がネックで手をつけられなかった、スペルボーン(Win)オープンβ。オランダ産のMMORPGだそうで、やたらPRを見るし、なんか戦闘システムが独特そうなので、ちょっと気になっていた。伊政(仮名)も少しやる気になったみたいなので、一緒にプレイしてみることに。

 確かに戦闘はスキルを数列のドラムにセットし、ひとつ使うとドラムが回転する独特な仕組みを使っていて、ちょっと面白い。が、それ以外の部分がどうにも。街は不必要に広くて、お使いクエストをやらされると非常にたるい。移動手段は徒歩以外に何もなく、魔法使いもテレポートが一切ない。課金アイテムなのかもしれんけど。戦闘システムもスキルはいいのだが、照準とターゲットが別々に機能し、ターゲットはHPを見るだけ。戦闘に関係ないやつのHPを見つつ、今戦ってる相手のHPが分からないことが多々。レベルアップはなかなかせず、数時間やってもLv4から先にいかない。Lv5で飛躍するらしいが、そこにいくまでがたるい。いまどき、RPGなんて自動移動するゲームすらあるんだから、もっと親切設計が標準になってもいいと思うのですが。総じて欧米人はそういうところが鈍感なように思える。EverQuest2(Win)の初期もこんな感じだった。

 で、Lv5になるまで我慢できなかったので、結局やめることに。そしてまたやる気が起きそうにないし、20GBは邪魔なので即削除。アトランティカ(Win)に慣れたせいか、ちょっと要求レベルが上がってしまったかも。でもそれが時代の進化というやつである。過去に出た作品を上回る何かがなければ、乗り換える理由にはならない。その何かを提示するのが後発の義務である。


2009年12月13日 日曜日

 新マザーボードの動作も安定してることだし、そろそろ大容量HDDの利点を生かすべく、現HDDの完全バックアップを取って、残り容量にどんどん追加していく形にしようと決意。寝る前に仕掛けておけば、起きたらきっと出来上がっているだろう。手持ちのバックアップツールはDOSモードで起動するらしく、次回起動時は自動的にDOSモードになりますと表示されるので再起動。しかしここでなぜかDOSモードでのツール起動に失敗。なんか文字化けした状態で5文字程度の表示が出るだけで、なにひとつキーを受け付けない。はて困ったと何度再起動してもこの状態。うわなにこのハマりモード。データは多分丸々無事なのに、最初の起動部分が壊れただけで手詰まりとは。

 このPC、フロッピードライブもつけてないし、はてどうやって起動するかと悩んだ結果、新HDDにWindowsXPをいちからインストールすることに。なんだかんだと操作を始めてから2時間ぐらいかけてようやく起動環境を手に入れ、マニュアルを読んだり適当なバッチをいじったりしている間に、なんとか現HDDも起動できるように。危ないところだった。ちょっと冷や汗。DOSモードになるツールはもう腹立たしいので使わないことにして、フリーでなんかいいツールはないかと探したら、普通にWindowsが起動した状態でバックアップできるフリーツールが存在するではないか。最初からこれにすりゃよかった。そして朝起きたらあっさりと完全バックアップに成功。まったく余計な手間だった。

 睡眠時間がいまひとつ確保できない状態で眠い目をこすりつつ、朝からみほ(仮名)邸でボードゲーム大会。今日はぽちょむきんすたー(仮名)と伊政(仮名)のベストメンバーで、まだブラス(ボード)をプレイしていない伊政(仮名)に体験させる会という趣旨。このゲームとはなぜか相性がよく、2回プレイして2位1位。そして今回も鉄道を好き放題敷設して、楽々1位。みほ(仮名)曰く、「皇帝は連結ゲームに強い」だそうで。タージマハール(ボード)、電力会社(ボード)あたりがその辺のカテゴリーに入るそうで、後者は特に弱いゲームだと自覚しているのだが、印象とは不思議なものである。
<結果>
トップ皇帝123
2位ぽちょむきんすたー(仮名)116
3位みほ(仮名)114
ドベ伊政(仮名)92

 次は前回大コケしたオートモービル(ボード)。前回とメンバーが一緒だったので、ルールは再確認する程度ですぐプレイ開始。前回は時代遅れの工場を閉鎖することしか頭になかったが、今回は多少のペナルティは甘受する方針で進める。しかし1ターン目から全員中級車で激しい値引き競争というきついスタートで、以後低級車に進んでも中級車を新しくしても、とにかく3人か4人で争うような展開。みほ(仮名)と伊政(仮名)は序盤の投資を回収できないまま資金繰りに苦しんでいたので脱落してるのかと思いきや、最後は意外に接戦だったりしたが、まあなんとか2位。トップのぽちょむきんすたー(仮名)はダントツだったので、あまり誇れる2位ではないが、まあ前回の話にならないドベに比べればだいぶましか。
 ちなみに前回追い風参考記録だったフォード社長の特殊能力は、発動を有料に変更したところ、伊政(仮名)が人柱となって検証してみたが、特に初手で使ってしまうと大変なことになるそうで、まあやはりバランス的にこっちの方が正しいのだろう。2回目のプレイで、これも名作に認定してもよい気になってきた。
<結果>
トップぽちょむきんすたー(仮名)4510
2位皇帝3470
3位みほ(仮名)3360
ドベ伊政(仮名)3050

 そして3つ目はエイジオブエンパイア3(ボード)。ついつい金欲しさに産物とか船とかを取りにいってしまうのだが、実はVPを稼ぐのは植民なので、これをおろそかにしていると勝てないゲーム。そう分かっていてもなぜか金稼ぎにまい進してしまうのは、ぽちょむきんすたー(仮名)と共通の悪いクセ。それでも、所持金をVPに変換する建物が取れるなら話は別なのだが、残念ながら順番確保を怠って買い逃してしまい、最後に100金の財産を無駄に残して敗退。勝ったのは兵士にこだわったみほ(仮名)。なお序盤から、伊政(仮名)がなぜか船を取るのに粘着してくるパターンが2回も続き、この無駄な消耗戦から二人とも大きく後退したのが点数に如実に表れている。
<結果>
トップみほ(仮名)93
2位ぽちょむきんすたー(仮名)89
3位皇帝72
ドベ伊政(仮名)71

 ヘビーゲームを3つで終わるだろうと思われたが、意外に早く終わったので、もう2時間ぐらい余裕ができたので、ブラスの2回目。こんな重いゲームが何の異論もなくさらっと2回目プレイができるところがこの面子のすごいところ。いつも鉄道で勝っているので、今回は鉄道を封印し、今までとは違った勝ち筋を求めて、普段はやらない紡績工場に走る。これも悪くはなかったが、造船所をノーマークでのうのうと2軒建てた伊政(仮名)に少し及ばず、2位に終わる。ちなみにぽちょむきんすたー(仮名)はこのゲーム、5回ぐらいやってるけど未勝利が続いてるらしい。
<結果>
トップ伊政(仮名)129
2位皇帝124
3位ぽちょむきんすたー(仮名)120
ドベみほ(仮名)108

 結局10時間でヘビーゲームを4回。実に充実した会だった。全能力を使い果たし、脳の奥が疲れるようなこの感覚は、他では味わえない快感である。しかも今日は1位2位3位2位となかなかの成績。この会やりたさに、わざわざ仙台から18000円かけてやってくるぽちょむきんすたー(仮名)は、交通費を出す価値があるとのたまうが、それが往復500円程度で遊べるというのは何と幸せなことなのだろう。


2009年12月14日 月曜日

 ボードゲームやってきて疲れたのですぐ寝る。


2009年12月15日 火曜日

 無事HDDのバックアップも取れたので、これで安心して現行構成のままどんどんゲームを増やしていける。しかし期待していたスペルボーン(Win)がこけたので、次に何をするかまた検討開始。検討した結果、やはり大航海時代Online(Win)以外にまともなものがないという結論に至る。予想通り、カムバックキャンペーンやるみたいだし。明日サービス開始らしいので、それまでは適当にアトランティカ(Win)で暇つぶし。


2009年12月16日 水曜日

 大航海時代Online(Win)が新拡張でメンテ中なので、サービス再開を待ちながらダウンロード。そしてアトランティカ(Win)で暇つぶし。気候師がLv95まできたが、経験の書が尽きた。Lv100は遠い。着せる装備がないので、リーグ戦は当然連敗街道まっしぐら。下限の5級まで落ちた。


2009年12月17日 木曜日

 忘年会を断りきれず、酒飲んできたのでまともにゲームする暇なし。アトランティカ(Win)はリーグ5級でも負ける。やはり装備なんかつけないと無理か。


2009年12月18日 金曜日

 大航海時代Online(Win)を再開。と言っても、カムバックキャンペーンで7日間無料なので、まだ課金を決意したわけではない。決意するまでの観察期間ってことで。状況を見るに、場所はインドの洋上で、荷物は香辛料まみれ。ひょっとしてこれからヨーロッパに戻るんだろうか、と思ったら、同時にスタートした伊政(仮名)から、プロフィールに調理修行中って書いてあると言われる。なるほど、神秘の香辛料作りか。当時の日記を読み返すと、確かにそう記述してある。数年後に備えて書き記す、とも。さすが数年前の俺。

 さてそういうことであれば、当時の志を引き継ぐしかあるまい。作り方まで日記に書いてあって、材料と照合すると、どうやら東南アジアに移動するところだったらしい。早速マラッカへ行くが、さすが現代でも危険なマラッカ海峡。うようよとNPC海賊がいて、戦闘を吹っかけられる。最初は自力で逃げていたが、やがて上納品というアイテムの存在を思い出す。ヤーディンと往復しつつ、手持ちの香辛料を次々と調理していく。ああやっぱりなんか楽しいなこれ。

 そんなのんびりしてたら、Travian(Web)の方は風雲急を告げる展開に。敵方のWonder of Worldが、一気にLv100までの建設キューを入れたらしいとの情報が。計算によると朝4時41分に完成してしまうとか。そんなこと言われても、カタパルトを使うと片道24時間以上かかる場所なんだし、もはや打つ手ないじゃん。どうやらこちらの陣営の敗北が決定したらしい。打つ手がないので、おとなしく寝る。

 ふと夜中に目が覚めて、PCをつけたら4時40分。なんたるタイミング。そして1分後、画面には「-?-」という文字列だけが出るようになり、まったく変わる様子はない。エンディングでも出るのかと思ったが、無駄足だったらしい。出勤前まで状況変わらず。


2009年12月19日 土曜日

 夜になって、ようやくTravian(Web)の画面が出る。敵方の名前が出て、Wonder of the Worldの完成画面。ついに1年以上にわたる戦いに終止符が打たれる。ここまできたら、もはや勝敗は割とどうでもよく、最後までプレイし続けたこと自体に価値がある。それも無課金を貫き通して。我ながらよくがんばった。ここ3ヶ月ぐらいはほんとに惰性だったけど、なんだかんだ言ってたっぷり楽しませてもらった。ただもう気力が尽きたんで、別のサーバではやらないけどね。

 しかしそう考えると、最後まで課金しまくったり、ほとんど寝ないでWonderを管理してた人たちというのは、実に尊敬に値する。長いこと高い気力を保つことのいかに難しいことか。

 そんなわけで、安心して大航海時代Online(Win)復帰キャンペーン。インドに戻ってきて、カリカットとコチンを往復しながら神秘の香辛料をもりもり作る。Tuft(仮名)も体験版で始めたので、手伝いもあるしイベントもあるらしいので、ヨーロッパに戻ろうと思いつつ、手持ちの材料がなかなかなくならないのでキリがない。まだあと10往復ぐらいしなきゃなあ、というところでタイミングよく昔のギルドに加入が成立し、カリカットの商館を使えるようになったので、残りは預けておく。手持ち商品がなければ、定期船に乗れるので。

 アトランティカ(Win)はそういう事情で優先順位が下がったため、1日3クエストのノルマはお休み。何の準備も要らないリーグ戦は1日2回やってるが、気候師加入による弱体化で、5級から連敗して6級陥落。前回長期放置したとき以来。泣ける。


2009年12月20日 日曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間。手持ちの商品がすっきりしたところで、定期船に乗ってケープ経由でヨーロッパへ向かう。しかし降り立ったのはなぜか正反対のジャカルタ。どうやら間違った船に乗ったらしい。なんたること。カリカットに戻る便が30分後に出るが、カリカットの次の便は今日はもうないので、こうなったら自力で戻ることにする。途中プライベートファームによってのんびりとしたせいで、3時間以上かかったものの、なんとか懐かしのリスボンに到着。

 さて何をやるかというと、各種勅命。日本に行くには、3つの勅命を終わらせておかないといけない。南米西岸、パナマ運河、スエズ運河。要は2年分のアップデートへの追いつきである。どうせ勅命の対象となる街は未発見なので、発見時の冒険経験ボーナス目当てで、冒険者に転職しておく。釣り師による、マグロ漁船南米ツアー開始。


2009年12月21日 月曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間。中南米の未発見都市をがんがんオープンしていく。南米西岸の勅命はさっさとクリア。次のパナマ運河勅命の条件は、運河の両端の街を発見している必要があり、クエストを受けるのは東側のサンティアゴ。つまり東でポルトベロ発見、ぐるっと南アメリカ大陸を回って西でパナマ発見、ぐるっと回って東でクエスト受領という手順になる。めんどくさ。


2009年12月22日 火曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間。未発見都市ツアーで中南米をすべてオープン。これでパナマ勅命を受ける条件は整ったが、勅命を受けに東に戻るのもあほくさいので、せっかくなので世界周航ツアーの方を優先し、オーストラリアから東南アジアへと回る。勅命は世界一周してからまたくればいいや。


2009年12月23日 水曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間。世界周航イベントで東南アジアをうろつく。それまではただ移動してるだけだったが、さすがにそろそろ戦闘が入ってくる。しかし負けても構わない、という但し書きが出るので、つい停戦アイテムを使わずに撃沈されてしまう。しかもその後浮き輪を使えばいいのに、存在を忘れて難破ボタンをぽちっとした瞬間、船倉は空っぽに。別に価値のあるものはないが、世界半周分の魚、特にマンボウがもったいない。

 そうしてる内に今度は勝たないといけない戦闘に。戦闘用の船なんて持ってないから、仕方なく商用ガレオンを改造して、船員をいっぱい詰め込んで白兵戦仕様。敵が小型船と言えども、ラム持ちで突撃してくるので白兵はどうにも相性が悪いが、大砲を1門も持ち合わせがない今、他に手立てがない。二度ほどやられつつも、三度目の正直で敵旗艦を早めに捕らえることに成功して、辛くもイベント通過。そして次はアフリカへ。そろそろめんどくさくなってきたので、寝る前に回航セット。

 回航を使って途中からリスボンに戻り、あとはカーボヴェルデからセビリアと渡って世界周航イベントが終わる。出てきた追っ手は、停戦協定状であっさりとあきらめてくれる物分りのよさが気になる。あと敵の黒幕の手下が最後まで割と重要な役目なのに、ただの「配下」となっているのがもったいない。

 その後、パナマ運河とスエズ運河の勅命をさくさくっと終わらせて、無事勅命シリーズ完了。報酬で銀行の貸し金庫枠が増えて非常に助かる。これで課金すればすぐ日本勅命に着手できる準備が整った。


2009年12月24日 木曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間。世界周航が終わったので、当面の目的を失う。まずは手持ちに冒険転職証がなかったので、入手しておこうとリスボンで何度もアイテムを使ってクエストを再表示させるが、一向に転職クエストが出ない。ひょっとして到着先のオランダ語スキルが必要かも、と思って覚えるとすぐ登場。昔はオランダ語なくても出た気がするんだけどなあ。気のせいか。

 往復でそれぞれ転職クエを達成したところで、Tuft(仮名)が養成学校の卒業クエストでアントワープに着いたけど、オランダ語がないので立ち往生してるとのこと。普通、イベント関連NPCに関しては言語判定がオフになってるので、言語以外の問題だろうと思ってたが、どうも他の条件は整っているようなので、通訳に向かう。するとすんなりとクリア。チュートリアルの一環でそれはないでしょう。どうも細部の詰めが甘いな。

 そういや養成学校卒業したっけと調べてみたら、軍事しかやってないことが判明。この際、目的がなくて困っていたので、冒険学校に入ることに。大きなお友達。初級クラスを卒業して、冒険転職証をもらう。本日3枚目。いや、さすがにちょっと貰いすぎなんですが。


2009年12月25日 金曜日

 大航海時代Online(Win)カムバック無料期間も今晩で終了。このゲームは開始時刻に関わらず、一律で終了時刻が設定されているらしく、前回の課金終了時は日付変更線を越えて、2時までは大丈夫だったらしい。その後洋上で5日が経過した段階で落とされたので、今回は街中ではどうかというテスト。結果は、朝まではOKだったが、放置して会社行ったら帰ってきた段階でアウトだった。ログファイルの更新日時から、どうも10時が最後らしい。

 課金する気はないでもないのだが、1週間でそれなりにお腹いっぱいになったし、課金すると元を取ろうとどうしてもそっちに集中しちゃって、アトランティカ(Win)とか日記とかが非常におろそかになる弊害もある。しばらくオフラインゲームの終わってないものを整理して、どうしてもやるものがなくて暇だという段になったら課金しようかと。ただ一緒にやろうと誘った伊政(仮名)は拡張+課金をしたそうで、なんか誘っておいて課金しないのもちょっと気がひけてたりする。

 Mixiアプリのひつじ村(Web)が、βを終了して正式サービスを開始。データが全部消えて一からになったので、なんかまた手を出したくなって再開。今まで培った知識をもってすれば、1年目からスタートダッシュができるに違いない。

 通勤中に細々とやっている世界樹の迷宮2(NDS)だが、宿屋を極力使わないという縛りプレイも、クリア後のレベルアップにまで適用する必要ない気がしてきた。これまでは日中雑魚戦、夜明けに採集というサイクルだったが、時間効率が著しく悪く、通勤時間が1時間弱に短縮された今、これでは到底裏ボスにはかないそうにないという結論に至り、ついに宿屋解禁。がんがん日数を進め、各階層のボスを倒すと経験効率は断然いい。続編の発表もされたし、そろそろ終わらせるつもりで進めないと。


2009年12月26日 土曜日

 アトランティカ(Win)とひつじ村(Web)。そしてその合間に、これから整理するゲームのリストアップなど。案外オンラインゲームはこの程度の関わりでいいのかもしれない。


2009年12月27日 日曜日

 アトランティカ(Win)は空き時間に製造をしていると当然ながら材料費がかかるのに、なかなか製造した品が売れず、不良在庫ばかりかさんで貯金はどんどん減ってゆく。たまたま釣りをしてこいというクエストがあったのを機会に、これから空き時間は釣りに費やすことにする。しかしその準備として釣りスキル本と釣竿とエサを結局製造することになるのだが。

 ギルドマスターを伊政(仮名)から引き継ぐことに。むこうは大航海時代Online(Win)がメインになるから、暇ならやっといてということらしい。まあどうせアクティブプレイヤーが他にいなくなった泡沫ギルドだからどうでもいいんだけどね。


2009年12月28日 月曜日

 Tuft(仮名)および伊政(仮名)から依頼されていた、R2(Win)のプレイレポートの仕事を思い出す。韓国3DMMORPGなのだが、最近大幅リニューアルをしたことに関して、4gamerに突っ込んだインタビュー記事が載っていて、なぜ撤退しないのかなどときわめて辛口な内容だったのが印象的だったので、どれだけダメなのか覗いてこい、というわけである。

 元から期待していない分、失望もそれほどではなかったが、まあ総括的に言えば納得のダメダメさであった。なにがと問われると答えにくいが、全ての要素が不親切かついまいちな出来。たとえばチュートリアルで移動方法、商人との売買方法と進んで、売買を試すためにそこでポーションを買えと言われる。所持金はゼロ。金がなければ恵んでもらうか戦闘してこいとクエストメッセージにはっきり書いてある。過疎ってるから恵んでくれる人はおらず、戦闘するしかない。戦闘の操作方法は分からない。万事こんな具合で、結局肝心の戦闘のチュートリアルはやってくれないし、序盤のクエストはすぐなくなるし。敵の名前はバグってるし、装備の強化石は+33までしか使えませんと言われたのに+3で終わるし。ほんとにリニューアルしたのかこれ。βレベル。

 もっと言えば、サモナーでやったのだが、Lv15になるまで全くそれらしいスキルはなく、オーブで遠隔攻撃をしているところが若干魔法使いっぽいだけ。Lv10で覚えたスキルはただの殴り強打。戦闘操作がまた悪くて、敵を直接左クリックで一発殴る。ターゲットして殴り続けるには、左+右クリック同時で、スキルはF1だがターゲットしないと使えないため、最初の一撃には使えない。ターゲットしても敵のLvは分からないので、やってみてHPの減り方から案外強かった、ということが肌で分かる仕組み。あと変身システムがあるが、初期で4種類のモンスターのどれかに無料で変身できる。スキルの少なさといい、とにかくプレイヤー間の個性をなくそうとする思想なのだろうか。4gamerのインタビュアーが辛口な訳が分かった。これは撤退した方が身のためだという、親切だったのだろう。

 ひつじ村(Web)は、正式サービス後、やけにバッドイベントが発生するようになった。最強のだっそうウサギの被害が2回きて、植えておいた大根が壊滅した。夏にしか発芽しないのに。まあこれはこれで、今まで楽勝すぎたので、バランス調整としては悪くないとは思うが、中にはニンジンの種のようにクエスト以外では手に入れられないものもあるので、その辺に配慮してあるのかどうか。多分してないと思うけど。


2009年12月29日 火曜日

 ひつじ村(Web)をやっていたら、以前と違って置いておいた作物が傷むようになってる。その分倉庫やポストなどの拡張が増強されてるのかと思えば、ポストは相変わらず100ぐらいの制限がかかったままで、総数は依然表示されなくて突然満杯になって困るし、倉庫は2ページ目があると思ったら課金コンテンツらしい。まあ商売しなくてはならないとは言え、さすにが露骨な商法にちょっと興醒め。

 結局メインはアトランティカ(Win)になってたりする。今まで放置していたサンタの館イベントで、成長の妙薬など、色々と役立つものがもらえることが分かったので、これからきっちり毎日やることにする。


2009年12月30日 水曜日

 アトランティカ(Win)。クエストによる経験値3%とリーグ戦による経験値2%、期間限定のサンタイベント1時間をこなす。これだけやってても結構時間がつぶれて、他のことをしている余裕がほとんどない。

 しかしそれでは進歩がないので、オフラインゲームの片付けもそろそろ着手したいのだが、手始めに選んだのはなぜかディアボロの大冒険(Win)。それも操作方法から忘れてるので、なんかいいところまで進んでるっぽいセーブデータには怖くて手をつけられず、別データを作っていちから学習。久しぶりだと非常に新鮮で楽しい。が、こういうゲームはクリアして終わりとかではなく、思い出しては引っ張り出すタイプなので、片付けには全然寄与してない。


2009年12月31日 木曜日

 主にアトランティカ(Win)。リーグ戦は偶然相手が低レベルという幸運が続き、足手まといの気候師がいるにも関わらず3級昇格。

 ひつじ村(Web)はアップデートでポストの総数表示がされるようになったので、少しやる気が回復。1年目の冬に入り、麦が一部間に合わず枯れ草になってショック。なんかβの頃に比べて生育がちょっぴり遅くなってないか。来週また新たなアップデートが予定されているらしく、さすが製品版となると運営もやる気を出してきた模様。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット