ゲーマー日記 2010年1月分


最近の日記に戻る

2010年1月1日 金曜日

 年越しゲームはアトランティカ(Win)とひつじ村(Web)。アトランティカのサンタイベントがみっちり1時間かかるので、他のゲームに手を出す余裕がいまひとつ出てこない。ひつじ村は傷んだ作物を2個そろえると市場で新品1個に交換してもらえることが判明。だいぶ収率は落ちるものの、まだショックは和らぐ。ちなみに保管倉庫に入れてもやはり腐る。ひと冬越すほどは持たないので、キャベツを越冬させる手段は、2倍作って市場で交換してポストに入れるぐらいしかなさそう。2年目の春に入り、麦の大量生産で次のイノシシ層を狙う。


2010年1月2日 土曜日

 アトランティカ(Win)はリーグでたまたま下の級ばかりと当たる幸運により、万全の状態でもまずお目にかかることのなかった2級に昇格。まだLv98でしかない気候師を抱えたままで。強いて言えば、サンタイベントで能力上昇の薬をもらいまくってるのが実は効いているのだろうか。最近は高額商品がだいぶはけてきているので、所持金も500M台に戻ってきている。この金で気候師のスキルを上げておくか。

 ひつじ村(Web)はさすがに日中ずっとやってるとなかなかプレイ可能時間が回復しないので、合間にNeverWinterNights(Win)日本語版でも片付けるかと起動したら、なぜか動作がむちゃくちゃ重くてゲームにならない。半アクションなので、これは困る。ディスクを圧縮したせいかと思い、解凍してみたが効果なし。アトランティカと同時起動しているのがいけないのか。CPUが100%に張り付いてたのが気になる。Windowsを最近再起動してないことも影響しているかもしれないが、とりあえずやる気ダウンしたので後日再挑戦予定。


2010年1月3日 日曜日

 ひつじ村(Web)は2年目夏に入る。観察実験の結果、キャベツは完熟してからほっとくと10日でトウが立ち、収穫して農場に置いたままだと25日で腐る。似た位置づけのベリーはちょっと違って、完熟から20日はもつ。置いておくと25日で腐るのは同様。倉庫に入れると2倍もつと説明書きにあるので、きっと50日保管できるのだろう。冬を越すにはちょっと物足りないので、夏の終わりに植えておく必要がありそう。

 アトランティカ(Win)以外では、こつこつとやってるのはディアボロの大冒険(Win)。我ながらRogueヴァリアント好きすぎる。しかしWebで研究してみたら、究極のダンジョンは永久に終わらないタイプのもので、強烈な装備を鍛えていかないといけないらしいので、そこまでやるつもりはさすがにない。そう考えると、何を目標にがんばればいいのか分からなくなったので、やる気ダウン。


2010年1月4日 月曜日

 ひつじ村(Web)は順調にイノシシをつぶしてハム作成中。農場拡張しないと狭くてかなわん。もっともそれに目を奪われて、クエストを受けずにガチョウをつぶしてしまったり、材木をつぶしてしまったりでやや凹み。まあ拡張さえしてしまえば、そんなものはいくらでもやり直しが効く。はず。

 やる気がなくなったはずのディアボロの大冒険(Win)、なんだかんだいってまたやりだす。2回攻撃がたまに出るシルバーチャリオッツを見つけて、割と順調にいってたにも関わらず、モンスターハウスで不用意に攻撃ボタンを押してしまい、あっさりと死亡。この手のゲームは、本当にどうにもならない事態にまで陥ることはなかなかなくて、こういうプレイミスが大半を占めるのは不思議なことである。ひょっとして世間の平均よりもうっかりさんなんだろうか。


2010年1月5日 火曜日

 ひつじ村(Web)、イノシシを増やしたいのだが、その材料となる羽毛を生産するアヒルがどうにも回復が遅くて困る。ウサギなんかは毎日キャベツを与えれば、毛を生やして回復してというサイクルが1日単位なのだが、アヒルは一度羽毛をとってからの回復に、種を与えてもほとんど食べなくて、結局ソバの種が発芽しちゃってというケースが多い。腹立たしい。

 NeverWinterNights(Win)日本語版の起動に再挑戦。アトランティカ(Win)を落としてからやったら成功。競合してるのかな。あまりに久しぶりで、今どういう状況にあるのかがまるで思い出せない。アイテムも雑多なものを色々と持っているが、どれが売ってはならないものかいまひとつ判別できない。じっくり記憶リハビリしないとまともに進められそうにない。まあ時間はたっぷりあるわけだし。


2010年1月6日 水曜日

 アトランティカ(Win)でメンテが入っていたが、アップデートは特になし。実は毎日もらえる卑弥呼用チケットが、もう1週間あると卑弥呼を雇えるだけ貯まるので、今日イベントが終わられてしまっては困るのであった。サンタイベントは来週まで続くので、あと一週間はまじめにプレイし続けないと。まじめにと言っても、5%ノルマとサンタイベント1時間だけだが。


2010年1月7日 木曜日

 アトランティカ(Win)とひつじ村(Web)。

 通勤中は相変わらず世界樹の迷宮2(NDS)。ボスめぐりによる経験値稼ぎに励む。そろそろ全メンバーが転生を経験したので、転生後Lv70になったところでラスボス挑戦しようかな。したらもうプレイしなさそうなので、それはそれで惜しいのだが。今のところDSでやるものないし。


2010年1月8日 金曜日

 ひつじ村(Web)にアップデートが入った。ただでさえ不評だったアイテムの上げ下ろしにさらに行動力がかかるように。つまり有料アイテムの行動力回復薬を買えという露骨な商売らしい。まあそれはまだいいのだが、メンテ後からどうも動作が重い。ゲームというのは快適に動くというのが人に遊んでもらう最低ラインなのにも関わらず、どいつもこいつもそこのところを履き違えてる。商魂たくましいのは結構なことだが、それは最低ラインをクリアした先の話。コンテンツ増やしたのでゲームが重くなるなら、そんなもん要らん。一時的な混雑ならいいのだが、続くようだったらそろそろ打ち切るか。ちなみに2年目冬がそろそろ終わり、イノシシ培養モードに入ってエサがきつくなってきたところ。

 アトランティカ(Win)はリーグ戦で順当に4級まで落ちつつも、敗戦のさなか土産を取りに行ったら、鳳凰の斧なんて高級品をゲット。いくらで売れるだろう。100Mぐらいになるといいんだが。最近は商品の売れ行きがいいので、貯金が500M台に回復。


2010年1月9日 土曜日

 ひつじ村(Web)の混雑は一時的なものだった模様。軽快に動くようになったので、プレイ続行。3年目の春に入ったが、行動力の縛りがきつくなってきた。作物を回収する余裕がない。

 アトランティカ(Win)は在庫がはけるわ、拾った鳳凰の斧は150Mで売れるわでほくほく。個人商店で得た金は現金になるので、銀行に入れて手数料を取られるのもしゃくだし、使い切ってしまうことに。装備が多少グレードアップ。気候師がLv99まできたので、100になったら一気に装備を整えてやろう。この連休でサンタイベントをきっちりやれば届くんじゃなかろうか。

 サンタイベントで体力確認の書を得たので、この機会に体力確認係であった砲兵を外して、僧を戻してみる。前衛4人、杖5人の真ツエーズである。これでリーグ戦を戦ったらどうなるか試してみたが、3級の相手に惜しいところで敗れた。気候師のスキルを上げたら結構いけそうではなかろうか。まあ一冊5Mとかするものなのでなかなか手が出ないが。

 皮肉なことに、伊政(仮名)が大航海時代Online(Win)に打ち込むためにギルドマスター職を譲られたら、その責任感もあってアトランティカ熱が高まることに。そして大航海で合流する可能性がだんだん薄くなる。ギルド経営は、ギルドポイントをローマでアイテムに変換し、その売り上げをギルドに納付することで成立させるのだが、計算したところ安定して売れるのがやはり運営マニュアル。あとは売れ行きがいまいちだが、国家ダンジョンの鍵が高値で売れるとポイント効率は高い。今のところ実質ひとりギルドなので、このままいくとギルド資金を独占。誰か復帰せんかなあ。


2010年1月10日 日曜日

 ひつじ村(Web)の行動力消費が激しく、すぐ1日が終わってしまうので、新たなMixiアプリを求めてさすらう。見つけたのはULTIMATE FORCE(Web)。以前やっていたカイブツライフ(Web)の似たような、クエストとプレイヤー間戦闘でLvを上げていくようなゲームだが、Lvが細分化されていて、ひと晩で70とかになるくらいさくさくなので、モチベーションが維持しやすい。mapacom(仮名)が先行してプレイしていて、稽古をつけてもらうとすごい勢いで経験が入るので非常に楽。mapacom(仮名)自身も激しくLvUPしているので、むこうにも師匠がいるのかもしれない。トッププレイヤーはLvが5桁とかになってる。よって70なんて入門者もいいところなのだが、このLv細分化という仕組みはなかなか好感が持てる。MMORPGもこうすりゃいいのに。毎日LvUPすれば飽きない。

 アトランティカ(Win)はやっと気候師がLv100に上がる。これでまともな装備をつけさせてやれるのだが、補欠にしたつもりの僧がリーグ戦に出すと強いので、使いまわしは出来ない模様。しょうがない、新たに買うか。


2010年1月11日 月曜日

 ULTIMATE FORCE(Web)は公開したてで、サーバが重くてほとんど動かなくなった。やる気あるならそのうち改善してくるだろう。

 ひつじ村(Web)はコメント欄を見るとバッシングがひどいことになってる。確かに行動力消費の増加はあまり歓迎はできないけど、だからってみんなして最低評価にまで落とすこたあないだろう。バランスはともかく、ゲームの出来自体は少なくともサンシャイン牧場(Web)なんぞと比べ物にならない。大航海時代Online(Win)の韓国海問題もそうだが、なんか感情のぶれが極端な日本人が増えてきた気がする。まあそれに対して何らコメントすら出さない企業側の姿勢もまたどうかとは思うんだけど。主張があってそうしてるなら、説明すりゃいいのに。


2010年1月12日 火曜日

 アトランティカ(Win)のサンタクエスト最終日。大量に成長の秘薬をゲットし、全傭兵が限界まで能力アップ完了。まともに買うと高いので助かった。あとアルファベットを集めて交換したのは、気候師用の雇用アイテム。こないだ自前で買ったばかりなのに。少し待てばよかったか。イベントのせいで半分ぐらいに値崩れしてる。

 その気候師がそろそろ活躍しだして、リーグ戦は2級に昇格。しかもまぐれでもなくなってきた。大枚をはたいて雇っただけのことはある。


2010年1月13日 水曜日

 アトランティカ(Win)、サンタイベント終了。関連アイテムが全部消えると書いてあったのに、交換後の呪文書がまだ残っていた。なんてこった。そうと知っていればもっとアイテム買い漁って呪文書に変換しておいたのに。特にアイテム回収ロボットの呪文書はちょっとやみつき。リアルマネーを出す気にはならないけど。


2010年1月14日 木曜日

 アトランティカ(Win)はサンタイベントが終わったので手抜きモード。1日のノルマすらめんどくさくなってきた。交換後の呪文書は少し遅れて消滅してた。気づいた時点で使ってりゃ1日分ぐらいはお得だったのに。

 主力はひつじ村(Web)とULTIMATE FORCE(Web)に。前者はメンテが入ってまた動作が重くなったが、後者は非常に軽快になった。これが勢いというものか。ひつじ村の行動力消費の件は、行動力消費をおさえる課金アイテムをプレゼントとかいう微妙な妥協策に出てきた。何か違う。

 3年目の秋、ブドウをワインに変換してるのだが、スペースが不足していてブドウが起ききれない。しかもブドウは収穫しても消えなくて、苗は残って来年また実るっぽい。この大量のブドウのタネをどうしろと。イノシシの大量飼育に走っているが、イノシシ肉をハムに加工しても、得られるのはブドウのタネ。さもなくば、大量のダイコンに変換してイノシシ自身のエサとするか。ひょっとして殖やす意味がもう皆無なのか。


2010年1月15日 金曜日

 ひつじ村(Web)はイノシシの大量養殖が無意味と分かったので、行動力消費がきついこともあるし、牧場規模を縮小していく方針に変更。代わりにワインを大量生産するために、スペースをブドウ農場に割く方向にすることを考えてはいるが、いきなり行動力が余るわけでもないので、改革は遅々として進まない。民主党の気持ちが少しだけ分かる気がしないでもない。

 アトランティカ(Win)はリーグでまた2級に。ツエーズ杖5人版編成にしてから、コンスタントに3級で勝てるようになってきた。喜ばしいことである。


2010年1月16日 土曜日

 ひつじ村(Web)は冬を越えて4年目春に入る。そろそろワインが出来てもいい頃なので、いよいよタイトル通りヒツジ飼育に着手できそう。そこまでいけばひとまずゴールとしてもいいかな。そのまま続けたら終わりがないゲームだし。

 Mixiアプリを眺めていたら、メタルサーガニューフロンティア(Web)なるものが登場していた。そういえば4gamerの記事にもなっていたような。経営SLGだというからちょっとプレイしてみたけど、しっかりRPGなような。まだ戦闘を1回しかしてないような状況なので論評は少し待つとして、インタフェースがいまいち。長く遊べる気はしない。国産ゲームというのは、どうしてこうちまちまとしたフォントでせせこましい画面になるんだろう。


2010年1月17日 日曜日

 メタルサーガニューフロンティア(Web)は予想通りダメだった。インタフェースだけでなく操作性も悪く、一歩移動するのに5回ほどのクリックと、その都度サーバの読み込みが発生して待たされる。テストプレイしておかしいとか思わんかね普通。そうやってLvを上げたとしても、特に何か面白いことが起こるわけでもなく、25x20の広大なエリアを好きなように移動してもよいとか言われても別に行きたいとこがあるわけでもなく。どこそこのエリアに何かがある、とかいう情報を聞き出しても、それがゲームのどこにも記録されてないのはいかがなものか。いまどきメモを用意して遊べと。何から何まで、ユーザ視点を考えてない。論外。

 ひつじ村(Web)4年目春。イノシシを少しずつ処分していき、だいぶ規模縮小が軌道に乗ってきた。貴重品であるニンジンのストックができてきたので、そろそろアンゴラウサギに着手。ニンジンを食べると毛が生えるのだが、ない時は普通に草食わせりゃいいわけだし。しかしヒツジとは別系統なので、ワインができてくれないとやはり本筋は進んでくれない。秋に仕込んで冬を越えてもまだ一本もできる気配なし。長い。

 ULTIMATE FORCE(Web)はちょこちょこやっててLv300台に。もっともmapacom(仮名)は600手前。稽古をつけてくれる分には高い方が効果も高いので助かるが、ダブルスコアのまま追いつきそうにないのもちょっと悔しい。ランキングを見ると、ひとりだけLv68万とかおかしな奴がいて、2位が11000。現在800位/約2万人。


2010年1月18日 月曜日

 ちまちまとやってたディアボロの大冒険(Win)は、最終バージョンになっていないことに気づいて、0.13に上げることに。セーブデータがないまっさらな状態を見ると、ついやりたくなってしまい、さくっとホテルをクリアして、2つ目のダンジョンを何回かやって持ち帰った装備を合成し、本気装備で2つ目のダンジョンクリア。これで3つ目のダンジョンが開放されたわけだが、このダンジョンは持ち込み禁止なのでハードルが高い。ひとしきり満足したので、当面はもういいや。

 ひつじ村(Web)はついにワインが完成し、若ヒツジと交換して草を食べさせているところ。成体となったらカブを食べさせると聞いてたので、同時並行でカブを育てたのだが、ヒツジがちっとも成長しないのでカブばかり出来上がってる。まあまたタネに交換してどんどんバイバインするからいいんだけど。


2010年1月19日 火曜日

 アトランティカ(Win)の5%ノルマだけ果たして、ひつじ村(Web)メイン。ワインが急にできあがってきたので、ヒツジが計5匹に。うまいことつがいもできたので殖やそうかとも思うが、真に価値があるのは羊毛であり、デバイスであるヒツジ自体はそんなに殖やす意味がない気がしてきた。ちなみにヒツジができたらやめようかと思ってたが、感動のエンディングっぽいのが出ても、まだやる気が失せないので続行。羊毛を生やしてヤクウシとかに進んだりするらしいので、最後まで行って目的がなくなったら終わりかな。

 ULTIMATE FORCE(Web)はmapacom(仮名)とメッセージを交わしたところによると、Lv1000という強力な師匠がいるとのこと。道理でLv上げが早いわけだ。


2010年1月20日 水曜日

 ひつじ村(Web)は4年目秋。ヒツジにカブを与えようにも、カブが育った頃はヒツジの毛が元に戻らず、若ヒツジも未成長で仕方なくカブをタネに変える。そしてヒツジの毛が戻った頃にはカブが育たず、なんとも周期が合わない。ラマは手に入れたので、あとヤクウシだけ入手すればひとしきりやったことになる。

 そろそろプレイ終了が見えてきたので、特殊アイテムを残しておくのもしゃくだから、拾ったり置いたりの行動消費がゼロになる薬を飲んでみる。有効期限リアル1日。するとプレイが劇的に楽になる。いままで動物の位置調整をこまごまとキックしてやっていたのが、再配置すればよくなり、細かな調整ができるようになるし、エサの設置も行動力消費しないし。思い切っていまのうちにレイアウト変更をしておく。そういやβの頃はこれが通常だったなあ。今じゃエサを与えるだけで1日の行動力がなくなるけど。これを有料アイテムにしたら、そりゃみんな怒るわな。


2010年1月21日 木曜日

 なんだかわからないけど眠かったので、アトランティカ(Win)の5%ノルマだけやって12時間ほど寝る。


2010年1月22日 金曜日

 ひつじ村(Web)は意欲減退。そろそろポストがいっぱいで、しかも中身は高圧縮されたイノシシ肉が中心なので、使い切るのも大変。そして大量に植えたブドウの収穫期がやってきて、24本のワインを仕込んでもなお余る。余ったブドウを交換してカブにしてもそんなに使うものじゃないし、地面に置いておくと腐るし、保管庫はキャベツでいっぱいだし、というわけで割と手詰まりに近い。まあ要らないものはどんどん破棄すればいいだけなのだが、貧乏性なのでそれができない。そんなことするくらいなら、ゲームをやめた方がまし。

 ULTIMATE FORCE(Web)は作りが甘く、mapacom(仮名)にさんざん稽古をつけてもらって、向こうの体力がなくなったはずなのに、ログインし直すとまた満タンになっている模様。永久に終わらないじゃん。そろそろこれも見切るか。

 かと言ってアトランティカ(Win)を熱心にやるかというとそうでもない。この作品はノルマだけのんびりやって続ける方が向いてる。ギルドポイント、釣りポイントといったものを活用して、交換した商品を並べると結構いい稼ぎになり、財政回復中。


2010年1月23日 土曜日

 Travian(Web)はもう記憶の彼方へ去ったはずなのだが、当時一緒にプレイしたfujihime(仮名)からMixiの申請が。プレイレポートを書くと掲示板に書き込んだのを真に受けて、連絡手段を確保したかったそうな。うわそう言われるとほんとに書かなきゃいけないじゃん。まだ日記の抜き出ししかやってないので、あとはIRCチャットの記述をまとめるという気の遠くなる作業が残ってる。まあWebゲームも一段落しそうだし、しばらく書き物に励むか。


2010年1月24日 日曜日

 久しくやってなかったMixiアプリのテトリス(Web)だが、ジウ(仮名)からハイスコアを抜いたと嬉しそうな報告があったので、ついムキになってリハビリ再開。何十回かやっても、抜き返せそうな気配はまだない。16700点が攻防ラインなのだが、16200が関の山。今度こそぐうの音も出ないような点をとらないと。

 アトランティカ(Win)のリーグは、今日3級で3連勝すれば、日曜夜のチャンピオン戦に2級で臨める計算。2連勝までいったが、3戦目は惜敗。やはり傭兵待機所の期限が切れて、ツエーズ5人版になってない分弱いのか。その後ムキになってまた3連勝するつもりでやるが、むしろ連敗して降格の危機に陥ったりしたのでやめておく。

 日中はボードゲーム会。例によってぽちょむきんすたー(仮名)の呼びかけでみほ(仮名)邸に伊政(仮名)との4名で集合。今回の目玉はファクトリーマネージャー(ボード)。あの電力会社(ボード)の作者で、Fで始まるゲームしか作らないという奇才、フリードマン・フリーゼの作品。タイトルからして電力会社:ファクトリーマネージャーという外伝的位置づけらしく、中身はかなり相似点が多い。

 発電所の代わりに、機械・ロボット等を購入して、コストを払って収益を得て、その稼ぎを競う。これだけだとごくごくありがちな中身だが、そこはF・F氏。ストックに並んだ機械から、市場に出品するところの仕組みがミソ。出品フェーズをひととおりやってから購入フェーズなので、出品した人が必ずしも購入できるわけではない。自分の順番までどこまで買われるかを予想し、多めに出品しておくと、順番が早いプレイヤーがその分高性能の機械を買えてしまうジレンマ。それと売れ残りはまたストックに戻り、次回の出品はまた安価な機械から順番に売りに出さないといけないので、なかなか高性能商品は買うことが難しい。

 みんなで手探りの中、伊政(仮名)が第1ターンから旧式機械の処分を早まって実施して手詰まり。電力会社と違い、貯めた金の総額を競うため、ミスが許されないゲームになっている。残り3名が接戦で競った結果、省エネルギーに注力したおかげか、辛くも勝利をもぎとる。勝てたのはうれしいが、残念ながら電力会社の完成度にはちょっと及ばないという感触。
<結果>
トップ皇帝339
2位みほ(仮名)337
3位ぽちょむきんすたー(仮名)333
ドベ伊政(仮名)288

 2つ目の新作は、ライズオブエンパイア(ボード)。どっかで聞いたようなそうでないような。Rise of Nations(Win)とAge of Empire(Win)が混ざってるのか。その名が示すとおり、古代から近代に至るまでの世界歴史を模した作品。ゲームシステムは要素が多数存在する、労働者配置型と呼べるが、特色的なのはその配置方法。ゲームは3時代から成り、各時代はA面とB面に分かれるが、B面はA面で配置した労働者を回収していくことでアクションを行う。つまり時代は繰り返すということか、A面でやってないアクションはB面でもできない。斬新ではあるが、選択の幅が狭くなっただけで、あまり良いシステムとは思えない。

 得点源は、世界地図を陣取りしていく盤上と、VPを産む都市タイルが主な方法で、前者にぽちょむきんすたー(仮名)と伊政(仮名)が、都市派はうちとみほ(仮名)という分かれ方。取得した領地の地形によって得られる要素に違いがあり、兵士を産出する山岳を集めた陣取り派2名は、兵をじゃぶじゃぶ世界中に送り込んで荒稼ぎ。しまいには支配しているエリア数だけVPが増えるとかいう技術も二人で仲良く獲得。都市タイルは購入費や食料消費などの維持費を払いつつ、得点は盤上支配に及ばないということで、途中で盤上に浮気したみほ(仮名)を尻目に、ひたすら都市特化を目指す。中途半端になったみほ(仮名)が脱落し、なんとか盤上派と互角に渡り合っていたが、最終ラウンドでぽちょむきんすたー(仮名)に大きく突き放されて3位に終わる。感想戦では、都市特化するにしても盤上に全く手を出さないのはどうかと責められるが、中途半端に終わったみほ(仮名)を見てると、それもどうかと。しかしまあ山岳を集めさせてはいけないことは分かった。つまるところ山を何枚引くか、略して山ゲー。
<結果>
トップぽちょむきんすたー(仮名)156
2位伊政(仮名)134
3位皇帝129
ドベみほ(仮名)97

 最後はリクエストしておいた国富論(ボード)。前回初プレイ時は、徹夜明けのへろへろ状態だったので、ちゃんとした状況でやっておきたかった。前回の反省で、初期デッキから黒、赤、白の高額商品3種は3人で分けないとだめだろうということだけは覚えてたので、それを忠実に守ってぽちょむきんすたー(仮名)が赤、伊政(仮名)が黒をとって白がうちに回ってくる。さて4番手のみほ(仮名)は青、黄黄の低額商品をどうさばくか見物だったが、黄黄の食料特化を選択。残った青をいただく。

 ぽちょむきんすたー(仮名)が、第1ターンからいきなり大借金をしまくって、高額建築物である銀行を3枚建てるという暴挙に出る。銀行は毎ターン$90の現金を産み出すあこがれの建築物ではあるが、初手からやれば当然警戒されまくり。即座に通商封鎖を宣言し、取引は残り2名とやることに。これが堪えたらしく、かつ生産基盤を持たない者にこのゲームは厳しく、市場で高値の物資をつかまされてるうちにジリ貧になっていく。この第1ターン、うちはというとしょっぱなから増設分の工場の食料を確保するのを忘れ、生産量が少ない状態から始まる大ボケスタート。

 食料長者となったみほ(仮名)は、みんなが買いに来る食料のアガリでこれまた早期に銀行を建て、今度はこっちに警戒対象が移ってまたまた通商封鎖。しかし他の2名がちゃんと封鎖の仕事をしないので、一人で損する仕事を引き受ける形に。それでも青も白も終盤まで独占産業だったため、取引価格は高騰していい感じに進む。そして終盤、陣地内部の空き地に生産施設を作ろうかなと目論んでいたら、伊政(仮名)のコンビナートが突然ワープしてくる。なにしやがる。これで計算が狂い、以後領地計画もぼろぼろになって精彩を欠く。いよいよ盤面も埋まってきて、このターンで完全に埋まるかと思いきや、伊政(仮名)がなぜか終わらせず、もう1ターン続行。ターンが進めば銀行組が有利になるんだし、ぽちょむきんすたー(仮名)も新幹線の時間が、とか言ってるんだし、そこは空気読もうよ伊政(仮名)。

 最後の方はもうひたすら商品の叩き売り。コンポーネントの多さといい、この辺の精算の手間といい、優秀な作品なのだが、どうにも手間がかかってしょうがない。その面倒な精算の結果、なんと1点差でみほ(仮名)に敗れる。最初のチョンボが結局響いた。なんか前回プレイ時もチョンボして勝てる試合を落とした記憶が。進歩してないなあ。
<結果>
トップみほ(仮名)103
2位皇帝(仮名)102
3位伊政96
ドベぽちょむきんすたー(仮名)88

 今日もヘビーゲーム3連発で大満足。1位3位2位で一番成績も良かったし。ファクトリーはもう1回やってみたいかな。ライズの方は、同種のテーマを扱ったエイジオブエンパイア(ボード)にもスルーザエイジ(ボード)にもちょっと及ばない。こっちはもういいや。国富論はまだやりたいけど、コンポーネントが面倒なのでPC化待ちだろうか。誰もしてくれなさそうな気はするが。


2010年1月25日 月曜日

 アトランティカ(Win)のノルマ以外はテトリス(Web)の特訓に費やす。やっと感覚が戻ってきて、何も考えずにブロックを積めるようになってきた。こうなれば後はそのうちなんとかなるだろう。


2010年1月26日 火曜日

 テトリス(Web)で無事ハイスコア更新。ジウ(仮名)の天下は3日に過ぎなかった。また半年間特訓してくれたまえ。

 ULTIMATE FORCE(Web)は全クエストをクリアしたので、もうやる意味がなくなった。終了。


2010年1月27日 水曜日

 アトランティカ(Win)はギルドポイントで交換してもらえるアクセサリ製錬石Lv.5がやけに高値で売れるので財政が潤う。伊政(仮名)に尋ねたところ、今月のあがりは要らないとのことなので、ギルド資金をひとり占め。800M以上あるんですが。今回のアップデートでカムバックキャンペーンとか始まってるので、誰か戻ってこないかのう。こないと思うけど。

 テトリス(Web)は抜き返したとは言え、ほんの数十点差なので、二度と歯向かう気が起きない絶望的な差をつけてやれないかとしばらくがんばったところ、千点近い差をつけることに成功。これはさすがにもう抜けまい。


2010年1月28日 木曜日

 抜いたはずのテトリス(Web)でまた抜き返される。さらに千点近い差をつけて。一体何をどうすりゃそんな点が取れるんだ。キリがないのでそろそろおいとましたいのだが、さりとて他に特にやるゲームがあるわけでもないので、結局またつきあって特訓継続。今まで使わずにいた逆回転ボタンをそろそろ習得すべきか。


2010年1月29日 金曜日

 仕事でトラブル対応につき合わされ、帰宅したのは3時。アトランティカ(Win)のノルマさえ果たせず、風呂入って寝る。


2010年1月30日 土曜日

 徹夜明けにも関わらず、普通に働かされる。いや普通よりも長めか。とにかくそんなわけで帰宅すると疲れて倒れるように寝る。アトランティカ(Win)のノルマは果たしたかったが、21時のリーグ戦が1回しか間に合わなかったもんで一部さぼり。


2010年1月31日 日曜日

 アトランティカ(Win)はギルドポイントと釣りポイントで換算したアクセサリ製錬石が順調にはけて成金に。しかし成金になってもなお、買い物するときにちょっと相場が高いと結局買わないケチっぷりは治らないため、金は貯まっていく一方。あまり貯めても、またアカウントハックされたら困るから、適度に使わなきゃいかんのだが。

 テトリス(Web)は一向にハイスコアに迫ることができず。18000点台はちょっと常人には無理くさい。まずは逆回転ボタンの会得から始めるか。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット