ゲーマー日記 2010年3月分


最近の日記に戻る

2010年3月1日 月曜日

 Mystic Stone(Win)をまともにやってみる。次から次へと出てくる序盤クエストをやってるだけでどんどんLvUPしていくバランスは楽でいい。あっというまにLv14になる。初期のエルフ島で受けられるクエストを全部終えたので、中央大陸へ移動。なんかこれでもう達成感がわいて終わってもいいやという気になるのは、Tower of AION(Win)のときと同じ気がする。


2010年3月2日 火曜日

 アトランティカ(Win)のリーグ戦がBOTに占領されていた件が復旧した。どうやったのか知らんけど。メンテがあったわけでもないので、システム的に何かしたようには思えないんだが。BOT側があきらめただけなのかもしれない。

 Mystic Stone(Win)を終わりにしないように、勇気を奮い起こして中央大陸でクエストをやってみる。でもなんか単調で飽きる。悪くはないんだけど、何か違う。


2010年3月3日 水曜日

 アトランティカ(Win)のノルマだけやって寝る。


2010年3月4日 木曜日

 ぼんやりとMystic Stone(Win)でもやってみる。Lv14まで上がった。そしてやはり飽きてきた。


2010年3月5日 金曜日

 Mystic Stone(Win)、そういやLv10になるとデュアルクラスになれるということなので、ネクロマンサーに一歩でも近づくために、精霊を召喚できるワーデンを2つ目に選択。召喚+攻撃魔法でなんかそれっぽくなるだろうと思ったら、ワーデンはなんとチェインまで着れる戦士職。魔法使い専門なので、これは困る。ウィザードをメインにしてワーデンはサブ職にしようかと思ったら、サブにすると召喚は使えないときたもんだ。意味ないじゃん。そうは言いつつ、ワーデン職で雑魚敵を掃討してLv9まで上げてみたりする。

 世界樹の迷宮2(NDS)は、残るは裏ボスとレア雑魚。雑魚と言っても、出現が雑魚と同じところで出るだけで、強さは三竜を上回るともっぱらの噂。過去に一度だけ遭遇したことがあるが、初撃で全滅してなにこのゲーム、と思ったくらい。裏ボスは改めて挑戦したけど、こちらもやはり初撃で壊滅するため、全く攻略できそうにはない。そろそろやる気が起きなくなってきたので、この辺でさすがに終わりか。DSでやるものがなくなってしまうけど。


2010年3月6日 土曜日

 アトランティカ(Win)とMystic Stone(Win)はさほど相性に問題はないのだが、そうは言っても同時起動はCPUに負担がかかることに違いはない。しかもリネージュ2(Win)の期間限定無料体験があるというのでインストールなんか始めたもんだから三重苦。そんな中でさすがにアトランティカのリーグ戦は動作せず、不戦敗扱いになって5級陥落。

 で、そのリネージュ2(Win)をプレイしてみたが、インタフェースのあまりの悪さにげろが出そうなので、雑魚狼を数匹倒した時点でプレイ終了。即削除。よくこんなんで月額課金払う奴がいるな。ネクロマンサーやりたかったけど、クラスチェンジしなきゃいけないので到底無理。


2010年3月7日 日曜日

 タルタロス(Win)のイメージイラストがなんか気に入ったので、ダウンロードして始めてみる。が、うまく起動しない。アトランティカ(Win)と同時起動だったので、また相性問題かと思って外してみると、うまいこと起動。しかしアトランティカは放置してても製造が進むので、常時起動しておきたいアプリ。これと相性が悪いものはまず減点。まあしかし、アトランティカを引退させる決意をさせるほど面白ければ話は別。折角起動したのでやってみる。が、中身は3Dアクションゲーム。オンラインなのでそれほどシビアじゃないにしろ、位置取りをして敵の攻撃をかわしつつ攻撃ボタンを連打して倒すらしい。自慢じゃないが反射神経の鈍さは全国クラスなので、最初のミッションで巨大ニワトリに敗退。さらばタルタロス。もうやることはないだろう。

 しばらく色々なゲームを試してみたが、結局Mystic Stone(Win)が唯一、辛くも残っただけで、夢中になれそうなものが全然ない。あまりに何もなくて、信長の野望Online(Win)の戦争システムが変わるらしいし復帰しようかなどと考える始末。当面おとなしくしてるしかないのか。


2010年3月8日 月曜日

 アトランティカ(Win)。最近は生産に張り合いを出すため、新たにズボン分野に進出。修行中に、+5の亡霊射手ズボンが15個できてウハウハ。高価すぎてあまり売れなさそうではあるが。

 合間にちょこちょことMystic Stone(Win)。やはりアトランティカと同時起動できるのがでかい。さすがWorld of Warcraft(Win)クローンだけあって、インタフェースはあまりストレスを感じさせない作り。もっとも、市場画面を見ると、アトランティカのインタフェースがいかに便利か思い知る結果に。単価すら表示されないのってどうよ。サブクラスのワーデンがLv15になって本職ウィザードに追いついたので、本職に切り替えてLv16に上げる。


2010年3月9日 火曜日

 Mystic Stone(Win)。Lv17になったので、Lv14のクエストなんかちょろいぜと思ってNamedな敵をやっつけようとしたら、激しく殴られて死亡。こんなはずはない、と本腰を入れても死亡。何度か色々な手段を試してみるが、いずれも死亡。計7回死んだところで、やっとこれがパーティー用コンテンツであることに気づく。さすがに7回もやると死亡ペナルティが結構な量に。しかしこの死亡ペナルティなるものには、何の意味があるのだろう。いっそない方が、みんな思い切って冒険できると思うのだが。コンテンツ消費速度を抑えるための運営論理なんだろうか。

 伊政(仮名)にZOO KEEPER(Web)のハイスコアを塗り替えられる。さらにEight Defender's(Web)も。どんだけ暇人なんだ。ガッデム。


2010年3月10日 水曜日

 アトランティカ(Win)はズボン修行が順調。先日の+5生産のおかげで、1日1回の分析で入る経験値が半端じゃなく、もうズボンLv58になって2ランク上のズボンが作れるように。15個セットするとひと晩じゃ終わらないくらいになったので、放置時間が有効に使えるように。

 また先日のメンテでリーグ戦参加に文字列判定テストが必要となったため、BOTの参入が抑えられ、リーグが正常化された。これでまたこのゲームの寿命も延びたか。なかなか卒業できない。


2010年3月11日 木曜日

 なんぞ面白いゲームはないかと、IRCにいたHam(仮名)に何をやっているか尋ねたところ、Heroes of Newerth(Win)とか聞きなれないタイトルが。調べたら、Warcraft3(Win)のMODから派生したRTSらしい。現在クローズドβ中ながらwikiが作られていて、眺めてみるとヒーロー一覧に悪人顔が7-8人はいて、それだけで若干心惹かれるものが。でもクローズドじゃしょうがないな。


2010年3月12日 金曜日

 アトランティカ(Win)ときどきMystic Stone(Win)。

 Civilization5(Win)のニュースがかなりにぎわってきた。今年中に発売予定だとか言ってるので、早ければあと半年か。ヘクス化して宗教とスパイの要素は消滅したとか聞くと、今のところあまりワクワク感がない。4が偉大な作品だったので、今回はその反動であまり期待できないかも。大体まだ4も遊び尽くしてないし。


2010年3月13日 土曜日

 大阪出張。職場が変わったせいで、年に数回ぐらいあちこちに出張する機会があるらしい。ホテルでゲームできるわけでなし、迷惑な話である。


2010年3月14日 日曜日

 出張から帰る。ゲームに飢えてたので、帰宅してすぐPCの電源をつけるが、だからと言って何を起動したものか。とりあえずアトランティカ(Win)を上げて釣りをセットして放置。終わり。なんてことだ。

 先日Mixiに知らない人の足跡がついてたので追いかけたら、スタジオギウとかいう同人ゲームの製作者だったらしく、体験版とかあったのでいつかやるだろうと思ってDLしといた。それが面白いと、とあるゲームショップの店長が日記に書いていたので、釣られてやってみることに。KILLZVALD(Win)というタイトルのRPG。

 主人公は人類の最後に生き残った一人で、あとは不老不死の月人というよく分からない設定。不老不死ながら、なぜか主人公に忠実に仕える契約をしているらしい。普通逆になりそうなもんだが。その手下どもを従えて、モンスターだらけの2Dダンジョンを進むのだが、システムやインタフェースが予想外にいい。カード配置型の戦闘システムも一見の価値ありだし、メンバーを武器として装備すると大幅に強化されるため、戦闘員と武器員の編成も悩ましくていい。新武器の開発とか、メンバーの新スキルとか、色々な要素を盛り込んでいる割にはすっきりまとまっていて、これは確かに掘り出し物。久々にヒット作。


2010年3月15日 月曜日

 KILLZVALD(Win)体験版。主人公Lv15、メンバーLv10程度まで育ててくると、そろそろスキルや武器で体験版制限が出てくる。そして9面をクリアすると、10面からは製品版をと出てくる。うまいところで止めてくれるな。体験版にしては2日も遊べるほどのボリュームがあり、それでいてちょっと満腹感の手前。そして製品版は2000円という価格。むう悩ましい。それくらいなら払っちゃうか。


2010年3月16日 火曜日

 通勤用の世界樹の迷宮2(NDS)はもうやる気が起こらなくなったので終了。代わりにやるものが今のところない。世界樹の迷宮3(NDS)が4/1発売予定らしく、協力プレイができるからいい加減に買えとぽちょむきんすたー(仮名)に言われており、まあそれまでは通勤中は寝て半月待つか。ただ公式ページを見る限り、職業のラインナップがいまいち。純血Wizardry派としては、プリンセスなんてのはちょっと承服しがたい。

 これが6000円もするようなら、実際に体験してみて面白かったKILLZVALD(Win)に2000円払うことに何の問題があろうか。というわけで銀行に振り込んできた。


2010年3月17日 水曜日

 KILLZVALD(Win)の製品版コードが届く。早速体験版の続きを。ボイスが出るようになったので、珍しくヘッドホンをつけてプレイ。よくこんな零細メーカーがフルボイスで作れるものだ。それともいまどき声優を使うことはそんなに大したことじゃないのだろうか。


2010年3月18日 木曜日

 KILLZVALD(Win)。どんどん進めて、黄道12宮の手下のうち11人まで加える。ツーマンセルにして、片方は武器に封印するのが普通の進め方なので、主人公と手下11人で丁度6組できる。あと一人はいると、あぶれる奴がいて即死しまくるんじゃなかろうか。


2010年3月19日 金曜日

 KILLZVALD(Win)を軽く。武器は開発するとどんどん強いのが出てくるけど、防御力に関してはキャラクタの成長待ちだし、そもそもの成長率が低いので実質ほとんど上がらない。そして敵は当然ながらどんどん強くなるので、つまりだんだん戦闘がきつくなってくる。第2迷宮の半ばまで来たものの、そろそろLv上げをしないと先に進めなさそう。

 Mixiアプリの魔法学校ハウリン(Web)というのを発掘。リアルタイムで回復するマナを駆使して、クエストをしてお金を稼いで学校で魔法を習うというシミュレーション。どんなRPGでも必ず魔法使いをやるという魔法好きにはたまらん内容。背景がちょっとハリーポッター風なのが若干気になるけど。

 マナには赤青黄緑白黒の6色があり、それぞれ分野の異なる魔法を司る。学校の授業はカリキュラムがちゃんと組まれており、この時間は青と白の授業しかやってないとか言われる。24時間開校してるだけましだが、リアル生活時間帯と合わないところはそもそも学習しにくいという罠が。Magic:The Gathering(カード)では白は絶対に使わなかったのだが、まあ今回はこだわりを捨てて満遍なく選択。最初こそ授業の関係で青と白からスタートだったが、結局全色取ることに。調子に乗って全色のバイトをしまくったら、あっという間に体力が枯渇。体力回復はリアルタイムでなく、1日1回だけ。これは結構面白いかもしれない。


2010年3月20日 土曜日

 KILLZVALD(Win)。ひたすらレベル上げに励み、全メンバーLv18を達成。底上げをしたところでようやくストーリーが少しだけ先に進む。先に進めたところで、最初の迷宮の枝分かれコースを全くやってなかったことに気づく。多分体験版では制限されていた区域で、製品版になっても忘れていたのだろう。レベル上げをここでやれば苦労が少なくで済んだのに、と少し後悔。

 魔法学校ハウリン(Web)をTuft(仮名)に紹介したところ、かなり気に入ってくれた様子。IRCのログを見る限り、徹夜して朝4時の体力回復を待っていたらしい。うちと違って赤単色に絞ったそうで、金を産み出す赤魔法に絞れば、確かに効率はいいかもしれない。マナの回復は全色同時ではなく、各色順々になので、色が少ない方が回復は早い。もっともそれだと体力回復とかできないし、アイテムは高位のものになると飛躍的に価格が上がるので、総合的な効率を考えると多色にした方がいいのかもしれない。なんせ始めて2日目なんで色々試行錯誤。でも試行錯誤をする気になるゲームは楽しくてよい。


2010年3月21日 日曜日

 KILLZVALD(Win)は、やっと最後の手下を加えて、ようやくフルメンバー。基本的に萌え女子が多いメンバーなので、最後の一人もちょっぴり楽しみにしていたのだが、ふたを開けてみると、自身の存在意義に疑問を抱く根暗な仮面男。そうきますか。よくまあ色々なキャラをそろえたものである。

 魔法学校ハウリン(Web)は全色志向だったが、特化方向が青に向かう。青は体力回復の呪文と、クエストも体力消費が少ない傾向があり、体力効率のよさは異常。そのため、結局体力を使い切れず、朝4時のギリギリまでひっぱったが10ほど余ってしまう。そうなると体力効率が悪い赤や黄にも手を出すべきか。あるいは体力を消費して経験値にする緑なんかも魅力的に見えてきた。悩ましくていいゲーム。

 アトランティカ(Win)はついに主人公のLvが頭打ちに。121になるだけの経験値はあるのだが、昇級クエストをやらないと121にはなれないらしい。そして昇級クエストはソロだと死ねるので、どうもこれ以上は無理っぽい。そろそろ潮時か。もっともこのセリフもう5-6回は使ってる割にちっともやめてないけど。


2010年3月22日 月曜日

 KILLZVALD(Win)はまた進行に詰まったので、Lv底上げすべく修行場を探す。3つ目の迷宮はフロア単位で雑魚敵を全爆破する仕組みがあるのだが、その分体力回復ポイントの設置はほとんどない。珍しく設置してあるエリア8で修行開始。Lv23を底上げLvと決めて、地道な経験稼ぎ。それでも戦闘のテンポがいいので、あまり苦痛にならない。SHIFTを押せば超高速で数秒で終わるし。まあこの辺になるとそんなことしたら超高速で死人が出るけど。

 魔法学校ハウリン(Web)は勧誘しておいたマイミクがぞろぞろとやりだして、フレンド数が増えるにつれて体力上限も増える。そうすると今日もまた体力を使いきれるか心配だったが、回復する4時の5分前になんとかクリア。しかし休日で1日張り付いてるからなんとかなってるけど、平日は到底無理だなこりゃ。体力浪費できる方法を探さないと。


2010年3月23日 火曜日

 KILLZVALD(Win)はメンバーが全部で13人なので、一人ツーマンセルからあぶれる奴が出てくる。長期的育成方針を決める際に、これを誰にするかは大事な要素なのだが、どうも考えがまとまらない。

 防御力が高い奴なら生き残れるだろうから、タウロスかなとも思うが、ずっと出ずっぱりでLvが高いアリエスが総合的にはやはり能力が高い。スキルで考えるとあまりコンビを組むのに適してないカルキノスでいいやという気もするが、コンビを組めない分、Lvをかなり突出して上げないとまずそうなので、仮面男のカルキノスをずっと出ずっぱりにさせるのはちょっと精神的につらい。

 武器をどうするかという要素もあって、前線に出ない弓使いにすれば生存率は高くはなるだろうけど、防御が硬くて攻撃速度が鈍いカルキノスに無理やり弓を使わせても実際のところ戦力としてどうよ。結論が出ないので、もう少しスキルが出揃うまで先延ばし。

 魔法学校ハウリン(Web)は体力回復の魔法の使用可能回数が日増しに上がっていくので、困ったことに体力が全然減ってくれない。そろそろ体力は無尽蔵扱いにして無視して、経験と金だけを見ていくか。なんだかんだ言ってLv23。


2010年3月24日 水曜日

 魔法学校ハウリン(Web)。初の平日を迎え、実に何もできないことを痛感。とりあえず60マナ魔法を習得すべく、黄色呪文を駆使して赤マナを限界を超えて溜め込む。ちょっと足りない分は、LvUPボーナスを充てておく。そしてなんとか金が増える魔法を習うことに成功。さて明日はもうひとつ赤60を習うとするか。問題はその先だけど。赤、青辺りは黄色の呪文でマナが補充できるし、黒は自分自身で増殖できるからいいが、黄色自身と緑、白がちょっと難しい。時間をかけて少しずつ底上げするしかないか。

 同じくMixiアプリの、もふもふガーデン(Web)なるものに着手。内容的にはサンシャイン牧場(Web)の花版という感じだが、花粉を使った合成システムにちょっと惹かれた。合成に使う花粉は、1日2個ランダムでもらえるプレゼントか、フレンドの農場で咲いてる花からもらってくるしかないらしい。システムの出来がかなりいまいちなので、ちょっと友人には勧めにくいレベル。誰か間違って迷い込んでくるの待ちか。


2010年3月25日 木曜日

 魔法学校ハウリン(Web)。赤の60呪文、もうひとつゲット。次は緑の60呪文を覚えるべく、上限を超えてマナ充填開始。もっとも1回の呪文で2しか上がらないので、1日では60に達する見込みがなく、どうやら2日がかりになりそう。

 アトランティカ(Win)は薬製造に励む。なんだかんだ言って、放置するだけで製造が進むこのゲームを切ることができないでいる。他のゲームをやるにしても、これと同時に起動できることが条件になっちゃってるし。


2010年3月26日 金曜日

 ここ数日、急激に気温が下がったせいか、体調を崩して会社を休む。ほとんど1日寝てる状況ではあるが、ちょくちょく起きては魔法学校ハウリン(Web)を触っては、また寝るという生活。ひょっとして、ここしばらくこいつのせいで睡眠時間が細切れになってるのが病の原因か。そういやTravian(Web)やってるときもよく体調崩したような。


2010年3月27日 土曜日

 どうも歳を取ると、体力回復が遅くていかん。今日も1日、数時間寝ては魔法学校ハウリン(Web)をクリックを繰り返す。


2010年3月28日 日曜日

 丸2日静養に当てたおかげで、なんとか体調が戻ってくる。起きていられる時間が長くなってくると、魔法学校ハウリン(Web)だけでは物足りないので、もふもふガーデン(Web)の方も覗くと、メンテナンス中とある。なにが起きたのかアプリページには何も書いてないので、仕方なくサポートコミュニティまで移動。この時点で対応がまずいのだが、コミュニティ内でも開示情報が少なく、どうやら炎上している模様。どうもシステムトラブルが起きたのだが、元々のアプリ構造上、サーバで保存しているデータが一部しかなく、畑の数や配置まで追えませんという赤裸々な告白が。復旧しきれないのでコインで我慢してくれという言い分にユーザ激怒。

 まあ課金制度がないゲームなんだから、別にそんなに過剰に反応するこたないんじゃないの、とは思うが、一方でここの技術力もいまいちなのも事実。アイコンは何度かクリックしてるうちにやがて反応しなくなるバグがあるので、1日数回覗く程度のプレイすら支障が出る始末。他人に勧められないレベルという判断はやはり間違ってなかった。

 というわけで魔法学校のマナ回復待ちが暇なので、更なるMixiアプリを探しに。マイミクが何人かやっていたハッピータワー(Web)というのをちょっと覗いてみる。説明を見た時点で、いかにも中華製っぽかったので敬遠していたのだが、やってみると120%中華製。日本語をまともにする気ゼロな表記ばかり。まあでも暇つぶしになるからいいか。これもちょっと勧められるものではない。

 そもそもこんなの色々探す前に、KILLZVALD(Win)進めないと。Lv上げするのがかったるいので、現有戦力のまま行けそうなエリアを手探り。犠牲者を出しながら辛くも進んでは、次に行けそうなところを探す。結果、ストーリーが進みそうなところは無理で、脇道の途中ばっか。敵に甲殻系が多く、斧使いが外せなくて、斧使いのLvばかりが上がる。そして最初から出ずっぱりのはずのアリエスが斧使いに追いつかれてきて、ツーマンセルから外したままだと即死するケースが多々。えーどうすんだこれから。


2010年3月29日 月曜日

 病からなんとか復調。しかしこの後、いつものパターンだと頭痛と咳が襲ってくるので予断は許さない。許しても許さなくてもゲームはやるんだけど。魔法学校ハウリン(Web)にハッピータワー(Win)、アトランティカ(Win)は放置製造しながらメインはKILLZVALD(Win)。早く寝ようかと思ったが、体調が戻るとさすがにそうそう寝れなくなり、結局普通に1時ぐらいまでKILLZVALDに励む。あちこち袋小路を攻略して新武器を入手しつつ、メインストーリーはいまいち進まない。まあ急ぐ理由はないので、のんびりやろう。


2010年3月30日 火曜日

 アトランティカ(Win)を起動するも、リーグ戦を見学した時点でインタフェースがおかしくなり、移動しかできない状態に。1ヶ月に1回程度の頻度ではあるが、相変わらずこのバグが直ってない。再起動して復帰するが、しばらくすると今度はフリーズ。これはそろそろやめろという天命か。とりあえず今日はもうあきらめる。

 魔法学校ハウリン(Web)は黄色呪文と再行動呪文を駆使しまくって、赤の120呪文を習得。5000ゼニーの受講料もきついし、時間割制約があるので0時までマナを集めないといけないのもつらい。計算上は0時ギリギリに間に合う予定だったが、どのみちこれから有望な分野である黄色を上げない訳にいかないので、LvUPポイントをつぎ込んで前倒し。一時期まったく余ってしょうがなかったHPが、ここ数日きつくなってきたので、そろそろ青の60呪文も習得してもいいかもしれない。

 ハッピータワー(Web)はやっと店Lvが10になって椅子を増やせるように。やはりデバイスを増やさないと収益が上がりようがない。もっとも店Lvを上げるために貯金の大半を使って、椅子を買う金がない。また金儲けに励むか。


2010年3月31日 水曜日

 昨日2連発フリーズしたのを機に、アトランティカ(Win)断ちをしてみる。魔法学校ハウリン(Web)、ハッピータワー(Web)だけでは当然時間を持て余すのだが、まあ空いた時間はKILLZVALD(Win)をやればいいのであまり問題はない。むしろこれで今まで相性が悪いために敬遠していたRailroad Tycoon2(Win)とかNeverWinterNights(Win)とかがプレイできると前向きにとらえてみよう。

 魔法学校ハウリンは、赤の120呪文をまた取るつもりで、先に本日分の赤呪文を使っておいて、回復後に黄色呪文で上限をこえてマナを貯めるつもりが、なにをどう勘違いしたのか、赤マナ回復前に黄色呪文で回復を図り始め、途中で気づいて青ざめる。お、なんかうまい具合にオチがついた。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット