ゲーマー日記 2010年6月分


最近の日記に戻る

2010年6月1日 火曜日

 ブラウザゲームのしがらみに負けず、早めに就寝。でも夜中3時頃に目を覚まして魔法学校ハウリン(Web)を始めとして色々やることをやって二度寝。このパターンに入ると満足な睡眠が取れずに体調を崩すんだよね。昨年Travian(Web)戦役で体験済み。

 とか言ってたら、言霊効果でなんか腹を壊したので大事をとって会社を休む。日中プレイできるとブラウザゲームが進むわい。ついでに子供達とボードゲームを。先日借り受けたチーキーモンキー(ボード)は長女と次女とやったら2連勝してしまい、ヘソを曲げた長女は面白くないとすねる。

 もっと考えるゲームの方が好きと頼もしいことを言うので、リクエストに応じてカルカソンヌ(ボード)に移行。当然ガチンコで、敵のでかい城を邪魔したり乗っ取ったりしようと企むが、独力で完成されたり乗っ取りに必要なタイルが来なかったりでさんざんな目に。草原で挽回しようにもいいポイントがなく、結局長女-次女-パパの順に。なんてこった。子供用引きゲーで勝って思考ゲームで負けるのか。


2010年6月2日 水曜日

 会社に行ってから、突然首や肩が痛む謎の病にかかる。症状的には寝違えた感じだが、通勤までは全く問題なかったのに、一体なぜ。首がまっすぐにできないので、少しかしげたままでとりあえず最低限の打ち合わせには出てから早退して、行きつけの整骨院にかかる。発生の謎には全くとりあってもらえず、普通の寝違いと同様に対処される。テーピングとアイシングでやっと首がまっすぐにできるようにはなるが、頭が重くてどこかに預けないと痛いので、ろくにゲームもできやしない。


2010年6月3日 木曜日

 首を負傷したそんな日に限って、子供達が悪さをしていたことが判明し、叩くに叩けない状況に困りつつ、困ったときは寝るに限る。

 寝違いはひと晩寝たらかなり改善した。というか寝ながら首を回してゴキッと音がなった気がする。ひとり整体。

 改善したのでブラウザゲームに励む。MixiアプリにSpaceCraft(Web)というのを発見。Travian(Web)ライクなSFシミュレーションで、ほとんど中身を知らないけどたぶんOgame(Web)のクローンじゃないかと踏んでいる。シンプルで資源が貯まるのも早そうだし、ちょっとやってみるかな。

 ただ、キングダムサーガ(Web)もまだ進行中だし、この手のを複数やるのは体が持たないので、いずれどっちか切らなければいけない日が来る。はず。まあキングダムサーガの方はかなり出遅れてるし、サーバの反応が重くて嫌になるときがあるので、多分そっちを切るのが先だろう。


2010年6月4日 金曜日

 やるブラウザゲームが増えて、現状6個並行稼動中。魔法学校ハウリン(Web)は最近ぱっとせず、金と経験を少しずつ増やして力を貯めてるところだが、本来先行者が抜かれないゲームなのに伊政(仮名)に抜かれて凹み気味。週末に巻き返すしかないか。

 ハッピータワー(Web)は2軒目に建てた美容室の方がLv30に達して4つ星に。次はプレイヤーレベル40が近いので、3軒目が建てられるようになる。もっとも、一番楽しみにしているはずの子供達の娯楽を当面禁じる処置をしているので、あまりやりがいはない。

 カフェつく(Web)は念願の高効率レシピが手に入ったので資金に余裕ができた。レシピを増やすと客の列が伸びると聞いたので、手持ちの材料を片っ端から使ってレシピにしたところ、確かに行列が長くなった。しかし、やはり行列が尽きると消費速度がかなり鈍くなるので、結局再読み込みボタンを押しにしょっちゅう覗かないといけない。放置できるゲームにするために、無限行列にして欲しいところ。

 同様の内容のはじめようマイ・バー(Web)はもう何も発展的なことがないので、だらだらと放置してる。Lv35が上限と聞いたので、今32だからもう少しかなと思って続けてるだけ。

 キングダムサーガ(Web)は序盤でやらなければいけないことが山ほどあるのに、資源生産量的にそれが許されない焦燥感で一杯。近隣オアシスはさっさと制圧したいけど、そのためには館をLv10まで上げなければいけなくて、Lv上げるのに時間がかかるので先に本部のLv上げが必要で、その資源は足りなくて、そもそも造兵するだけの資源の余裕もないというないない尽くし。まあこうしてるときが一番楽しいという話もあるんだけど。

 そして今一番楽しんでるSpaceCraft(Web)。Travian(Web)よりかなりシンプルで、コロニーを増やすには課金か、他人のコロニーを占領するか。何はさておき資源が要るので、クエストの進行など無視して資源施設をLvUPしまくる。


2010年6月5日 土曜日

 SpaceCraft(Web)にはNPC勢力がいて、マゼラン反乱軍という名前であちこちに点在してるので、こいつらを襲う分には良心が痛まずに済むという利点が。とりあえずはクエストで得た戦力を含め、挨拶代わりにぶつけてみて略奪を試みたところ成功。ところがこれに味をしめて、偵察せずに第2陣が行ったらなぜか壊滅してしまう。不思議に思って事後偵察を入れたら、バリアLvがかなり高かったので、防衛側がかなり有利なゲームになっている模様。ちなみに一時期、ランキング4位とかすごいところまで行った。人数少ないからいばれたものでもないけど。

 さすがにランカーとなると、ギルドへの勧誘も早い。早々に1件来たが、名前がファンシーだったのでちょっとためらってたら、もう1件硬い名前のが来たのでこっちに応じる。今のところ最大手みたいだし。始まって2日で最大手もへったくれもないものだが。

 魔法学校ハウリン(Web)は休日にしかできない黄色呪文の学習。300の緑マナ変換呪文をゲットし、これでやっと緑のブーストもできるように。もうひとつの黄色300はちょっと明日には無理っぽい。しばらく大型呪文が取れそうにないので、地味に金と経験稼ぎをしてるか。


2010年6月6日 日曜日

 SpaceCraft(Web)がメインになってきた。バリアで痛い目に遭ったので、対バリア兵器のEMP波を量産しておく。ついでにいくつか戦闘結果サンプルを集め、バリアを破壊するのに必要な数を割り出すことに概ね成功。やはりゲームというのはこういう手探りしているときが一番楽しいものである。

 一方、バグも手探りで見つけるという楽しくない一面も。特に建設キューというかなり重要な部分はバグだらけで、時折消えたりすぐに反映されなかったりする。そしてこれと組み合わせて、建設キューに3つ予約を入れると、消えたひとつが内部的には入っているので、4つと扱われることになる。4つ目からは課金サービスなのだが、この場合課金ポイントの使用確認もなく、勝手に使われてポイントが減る。初期にもらった貴重なポイントがこれに消えてかなり憤慨している人多数。運営がまともなら、後日バグFIXと共におわびポイントが来るだろうが、今の反応を見てるとこれはダメ運営っぽい。


2010年6月7日 月曜日

 SpaceCraft(Web)に励む。近所の無力化した反乱軍コロニーへ、戦力を増やして略奪にしに行くのが主なタスク。そのかたわら、他のブラウザゲームも進めてるが、キングダムサーガ(Web)はサーバの反応が重すぎてストレスがたまるだけなので見捨てることに決定。


2010年6月8日 火曜日

 帰宅してSpaceCraft(Web)をやろうと起動すると、正式サービス開始とだけあって画面が真っ白。メンテ時間は日中に終わってるはずだし、でもトラブルの割には何の記載もない。サポートコミュニティがないので状況がつかめず、2chで何か情報はないかと探してもスレッドすら立っていない。ふざけんなこのあほ運営。一方で4gamerなどに宣伝を出したものだからユーザはどんどん増えていく。大方サーバ負荷が耐えられなくなったとかそんなことだろう。

 数時間後にようやく正常起動。危うく資源が倉庫からあふれるところだった。慌てて資源を大量に食う資源施設UPの指令を出し、近所の反乱軍コロニーを偵察してみたところ、メンテ中に防衛戦力を配備したらしい。ええい構うものか。蹴散らしてくれるわ。しかし電力を上げてないので、戦力を増やそうにも頭打ちになってしまった。

 ハッピータワー(Web)はついに3軒目の店、スパを開店。最初の頃のしょぼい施設としょぼい客に愕然とする。


2010年6月9日 水曜日

 SpaceCraft(Web)はそろそろ資源が使いきれなくなってきた。反乱軍からの略奪も、どうやら近所で取り合いになっているらしく、当初食べきれないと思っていた資源量が底を尽いていた。こうなったら戦力を作り続ける段階にきたか、と思って造兵しようと思うとすぐに電力不足。電力発電を増やそうにも建設時間がだいぶ長くなってきてるので終わらない。まあ戦力作っても攻める相手がまだいないし、そんなに急ぐこともないか。

 そのSpaceCraftに伊政(仮名)、Tuft(仮名)、える(仮名)と続々と参加してきた。Mixiには先日の白紙画面の件とか、運営がちょっとというコメントは公表してるのだが、それでもやってくるとは物好きな連中である。

 カフェつく(Web)は客が連続で入ってくる修正が入り、これで料理の消費が劇的に早くなった。今までは再読み込みを駆使しても15人/分とかその程度だったのが、これで50人/分ぐらいの勢いに。まあ既にLv35になってるから、これ以上何を上げるという目的もあまりないんだけどね。


2010年6月10日 木曜日

 SpaceCraft(Web)の運営がだめすぎる。建設キュー周りの勝手に課金ポイントを使われるバグを直したと2回も言っておきながらまだ直ってないし、他の質問に対してはろくに回答すらしてない。サーバ時刻を正確にして欲しいというリクエストに対しても無視で、しかもサーバ時刻は昨日より更に2分遅れが生じてる。ゲーム自体は悪くないんだが、これはちょっと長続きしなさそう。

 ちなみにゲーム展開は、トッププレイヤーがついに占領ユニットであるハッカーを作り出し、近隣の餌場だった反乱軍コロニーを次々と占領して4コロニーとなっていた。また一旦加入を断ったファンシーな同盟が手当たり次第勧誘しているのか点数がトップに躍り出た。さてここから団体戦はどういう感じになるのだろうか。

 はじめようマイ・バー(Web)とカフェつく(Web)を同時起動していると、どちらも長時間放置するタイプのゲームのくせに、メモリリークでも起こしてるのかどんどん動作が重くなるため、いい加減どちらか切り捨てることに。それならこまめにアップデートしているカフェつくを続けたいので、バーはプレイ中止。まあ元々一回プレイ中止して珍しく復帰したんだけど。

 いつまでもブラウザゲームばっかりやってるのも空しいし、第一どれも張り付くタイプのゲームじゃないので、暇な時間が多いため、何か起動しようという気分に。先日一旦投げ出しかけたRailroad Tycoon2Gold(Win)日本語版。以前攻略掲示板で助けを求めたところ、これが最難関シナリオなのでがんばれと激励され、それならそれでちょっと頑張るかということで。インド面で最終的に買収が必要なので序盤で敵会社の株を過半数押さえておきつつ、借金禁止状態で自社を成長させていく。なんとか敵より先に中央インドに進出することができたので、ここからどれだけ勢力を伸ばせるか、試してみよう。


2010年6月11日 金曜日

 SpaceCraft(Web)は資源施設が上限に近づいてきたので、面白さがだいぶ停滞してきた。一応占領ユニットを作るべく施設レベルアップに励んではいるが、もう1-2日かかりそうな気配。完成した頃に餌場が残ってるかどうかも疑問だし。

 魔法学校ハウリン(Web)は今まで感覚的にプレイしていたが、1日720マナの使い道をちゃんと表計算してみた。これだけで2時間ぐらい楽しめる。結局のところ、超効率呪文の巨岩の盾を使いまくるのが勝敗の鍵であるという結論に落ち着く。感覚的にやってる頃と何ら変わらない。

 通勤中に世界樹の迷宮3(NDS)をストーリークリア。深王様の命に従ったが、どうもバッドエンディングである模様。最後のボスは2段構えだが、剣士は今のパーティ編成においてはカモで楽勝。次のラスボスはさすがに苦戦したが、幸いにして全体攻撃が氷属性だったので、4層ボスのところで取得した氷の先見術がそのまま使えてラッキー。一回目の挑戦でそのまま倒すことに成功。リミット設定忘れてたりしたのに。


2010年6月12日 土曜日

 世界樹の迷宮3(NDS)はバッドエンディングだったので、今度は別ルートを選ぶべくニューゲーム。メンバーやアイテムやマッピングはそのままだが、イベント進行だけがクリアされて、1階層からまた歩かないといけない。まあしかしLv50台の猛者が1階層で困ることもなく、FOEも含めて蹴散らしながら爆走して3階層まで進む。


2010年6月13日 日曜日

 SpaceCraft(Web)、初占領。狙っていた反乱軍のコロニーが既にかなりファイアーウォールが減っていて焦ったが、連合内チャットで話したところ、手を出していたのが身内であることが判明、事なきを得た。反乱軍なのでそれなりに基盤が育っていて、一気に順位が上がって久々の一桁ランクイン。しかしこれで近隣の反乱軍コロニーはほぼ全て占領済みになってしまい、そろそろプレイヤー間の争いが始まる予感。

 ブラウザゲームは1時間に1回程度覗けば済む程度で暇を潰しきれないため、他になにかないかと物色していたら81Keys(Win)というMMORPGのレビューが目に入る。悪くない出来だとあったので、まあ大した期待もせずにダウンロードしてみる。なるほど、確かにさして褒めるところもないが、悪くない出来ではある。オーソドックスな3Dクリックゲー的MMO。一応タイトルにあるとおり鍵システムがウリではあるのだが、所詮は複雑にした持続強化呪文だったり、モンスター辞典だったりで大したものではない。ダークエルフっぽい種族がいたのでなんとなくやってるが、まあ2日か3日で飽きるなこれは。


2010年6月14日 月曜日

 平和すぎて飽きがきていたSpaceCraft(Web)に大きな動きが。昨日取得した第2コロニーに対して、突然攻撃ランプがつく。相手はランキング2位の連合に所属メンバー。近所なので1時間半で到着する。移動速度的に占領部隊の可能性があるため、援軍を募集するが、このゲーム距離が近くてもランキングが離れると時空間が異なり、時空1つ離れる度に戦力移動に10時間が加算されるという変わったシステムを採用している。このため、距離も近くて順位も近いという相手でないと援軍は間に合わず、一人だけ応じてくれたものの、結果は惨敗。まだファイアーウォールも回復してないので一発で占領される。

 さあこれは大変。なんせうちの連合はランキング1位であり、1位と2位による宇宙大戦争勃発かという局面。肝心の盟主が不在なので、直接相手盟主に警告メール。これは連合としての挑発行為ですか、と静かに問い質す。なかなか返事が来ないが、1時間半後にようやく返答があり、連合としての意志ではなく、メンバー単独の行動であると、まあ定番の対応。一方、本人からも連絡があり、反乱軍と間違って攻撃しちゃいました、返却しますというよく分からない内容。

 ミスにしちゃしょっぱいし、かと言って故意にしちゃ素直に返却するのはなぜだか不明。続いて話を聞けば聞くほど、1日前の偵察結果からリンクをたどって攻撃したというしょっぱいミスである可能性が高まる。こちらの連合メンバーはもう全面戦争の構えだが、そこでやっと盟主が登場し、穏便に片付ける方針を示して沈静化。

 結局賠償で済ませる方向で話がまとまるが、その前に本人から一言の謝罪もないのが気に入らないので、賠償交渉の前に謝罪がない限り、本人の首を求めると強硬に主張。もし謝ってきたら損害額の5倍を要求するつもりなのだが、さていかに。


2010年6月15日 火曜日

 SpaceCraft(Web)は相手プレイヤーの謝罪を待っていたが、何の音沙汰もないなと思ったら、どうもあの事件以来アクセスしていない模様。このゲーム、各プレイヤーが最後にいつログインしたかは公開情報なので、放置プレイヤーはすぐ分かる。相手盟主からも、もう1日放置するようであれば追放すると確約をもらい、どうやら首をいただく方向に話がまとまりそう。


2010年6月16日 水曜日

 魔法学校ハウリン(Web)に新たな呪文が登場。250マナという今までなかった部分。内容としては、全体的に多色コストながら経験、金が少量得られてなかなか効率のよいものが多い。特に青、白あたりが素晴らしく強力なので、まずはマナが余ってしょうがない青をゲット。白は再行動にかなり使うので、250マナも貯めるのは難しいかもしれない。最近アップデートが頻繁になってきて、ちょっといい感じになってきた。あとはサポートコミュニティ作ってくれんかな。


2010年6月17日 木曜日

 SpaceCraft(Web)は相手プレイヤーがついに追放決定。これで遠慮なく、と言いたいところではあるが、偵察の結果、こいつ結構戦力持ってて、バリアLvによってはこっちが負ける計算。まずは戦力を徹底的に増強せねば。


2010年6月18日 金曜日

 神魔令(Web)なるブラウザカードゲームがオープンβを開始したということで、ちょっと覗いてみたけどいまいち。1ラウンドに使えるマナ数はお互い一緒だが、これはカードの攻撃力を何倍するかの数字なので、結局カードパワーに完全依存するらしい。初期に配られたカードはデッキを構成するのにギリギリなので、相性の研究もへったくれもないが、戦闘経験を積むとカードが激しくLvUPするシステムから言って、プレイ時間に比例するタイプのゲームらしい。ボツ。

 日中、単身米沢旅行に出かけるが、ゲームのために日帰りで戻ってくるあたりがゲーマーの鑑と言えよう。


2010年6月19日 土曜日

 FINAL FANTASY XIV(Win)のベンチマークテストなるものが発表された。このシリーズはほとんどやってないし、さして興味もないのだが、まあ動くか動かないかを見ないと、興味をもつ意味があるのかどうかも分からないわけだし、第一にタダなわけだし。ということでダウンロードして実行。画面が出ない。音は出る。なるほど、このマシンじゃ動かないわけですか。3年前とは言え、当時それなりのスペックを追ったPCなのに、ちょっとショック。まあとりあえず興味を持つ意味がないことが分かっただけでも収穫か。

 SpaceCraft(Web)は戦闘準備を整えてる間に、どんどん時空が上がってきて、一方仇は放置してるのでどんどん落ちていき、差が離れてきてしまっている。時空1につき10時間かかるので、かなりやってられない時間になってきてる。むしろ、順位トップのプレイヤーがやる気をなくしたらしく、もう4日放置している。この熟した柿が落ちてくるのを待った方が賢い気がしてきた。ちなみに所属している首位連合の盟主も2日放置。そろそろ代行として乗っ取るか、割って出て戦闘民族を作るか、悩みどき。


2010年6月20日 日曜日

 Railroad Tycoon2Gold(Win)日本語版。最難関の13面を続けるが、大英帝国の株式を過半数抑えきれなかった時点でゴールドが実質不可。まあ収益的にも、残り10年で買収資金を作れたかというとそれも怪しいが。

 いちからやり直すのも辛いので、攻略サイトにあった裏技を利用してみる。初期駅を削除すれば、既存線路からの連結制限がなくなるため、いきなり中央インドに登場できるというもの。なるほどこれはありがたい。しかしこれはこれで、中央インドのアクセス権を購入する必要があり、初期の資金繰りが苦しい。そして資金繰りが苦しいということは、序盤の個人資産も苦しいということであり、スタートダッシュでインド鉄道の株を過半数おさえるという必須アクションで出遅れる。なんか難しくてやる気なくしてきた。そろそろあきらめて別のゲームいくかな。


2010年6月21日 月曜日

 Railroad Tycoon2Gold(Win)日本語版。あきらめるにしても半端なので、13面はシルバーで我慢して次に進むことに。シルバーであれば他社買収のことを全く考えなくていいので楽勝。途中でブローカーに呼ばれて株を全部手放すことになったけど、勝利条件と関係ないのでへっちゃら。

 14面サムライアイアンホースに乗るは日本面。やっぱスタートは東京からでしょ、とか思ってたら、初期資金が異様に少ない。社債発行しようにも、初期信用度がFと、発行条件のBには到底届かない。橋なんかもってのほかなので、陸続きで近距離で中型駅舎で儲けが出そうなところとして、金沢-福井を初期路線とする。大阪-京都という手もないでもないが、あまりに近すぎて利益がなさそうなので。ここで細々と稼いで、やがてできた金で今度は名古屋-浜松。そしていよいよ東京-仙台のドル箱路線を作る。こうなったらもうこっちのもの。ライバルもいないし、個人資産とか産業投資とかうるさいことを言わない面なので、15年前倒しで路線連結条件を満たしゴールドクリア。13面と比べてなんと楽なことか。


2010年6月22日 火曜日

 世界樹の迷宮3(NDS)2周目、今回は前回選ばなかった海都ルートでクリア。これまたバッドエンディング。つまり両方見てから真のエンディングを見ろということですか。3周目いってみよう。


2010年6月23日 水曜日

 Railroad Tycoon2Gold(Win)日本語版。15面海岸への道はどっち?はオーストラリア面。広大な大地の割には、都市が少なくてこれは苦労しそう。しかもクリア条件は苦手の個人資産。とりあえず威力偵察プレイをしてみるが、ブローカーに呼びつけられて個人資産がマイナスになるいつものパターン。とは言え、どうにもならない難易度でもないので、ちょっと腰をすえてやらないとな。


2010年6月24日 木曜日

 ブラウザゲームを適当に。SpaceCraft(Web)は元トッププレイヤーの放置コロニーを次々と接収したところ、順位が3位となんかすごいことに。戦争してないのであまり順位に意味はないのだが。ただ運営が操るNPC勢力である反乱軍から、「反乱軍ロニーを占領したか…」という変なタイトルのメールがきて、明日から一斉攻撃をするような内容を匂わせる。けどこういう決め台詞のところで誤植はかっこ悪いから注意しようね運営さん。あとそれ以前に、課金ポイント勝手に使うバグとか直そうよ。


2010年6月25日 金曜日

 ブラウザゲームを適当に。最近むしょうに眠くて、22時とか23時ぐらいには寝てしまうので、ブラウザゲームすら満足にできてない。


2010年6月26日 土曜日

 Webを見ていて、Steam(Win)で色々ゲームを安売りしているというので、久しぶりに起動してみてみることに。おお確かに安い。$10以下の作品がごろごろと。オンライン上でないといけない制約はあるが、中古品パッケージで1000円以下だといつも心が奪われるので、この機会に何か買っておくか。でも何はともあれデモやっておかないと何とも言えないよな、ということでとりあえず興味のありそうなタイトルのデモを次々とダウンロード。というかなぜ今までデモを探さなかったのだろう。

 その中で目を引いたのが、Magic The Gathering - Duels of the Planeswalkers(Win)のデモ。そういや久しくMTGやってないなあ。新しいカードを買い続けるのは無理だとしても、あのシステムは非常に洗練されているので、ゲームを楽しむこと自体は老人になっても時折やっていたいと思えるほど。というわけでタダでできるならと飛びつく。一応チュートリアルをやってみる。以前MTG Online(Win)をやったとき、一番めんどくさかったのがインスタントの効果割り込みをいちいち相手の承認を得るところだったが、この作品はそこを10秒程度のアクション制にして、割り込みしたかったらすぐボタンを押せというシステムに。まあこれはこれでアリじゃないでしょうか。

 ちょっとなじめなかったのが、フェーズの省略。アップキープ、ドローを削って大幅に簡略化。またメインフェーズから戦闘フェーズへの移行はよく条件が分からないが、土地を置いただけで勝手に判断して戦闘に進まれることがあって不満。ただそれ以外はグラフィックも美麗だし、非常によくできてる。デモ版だと初期デッキが赤単と緑単しかなく、デッキ編成もできないのがちょっとケチくさいが、まあこんなもんでしょう。製品版が$10なら買っちゃおうかな。


2010年6月27日 日曜日

 Steam(Win)上の安売り作品のデモ探し、次はImperium Romanum(Win)のデモ。なんかこの手のローマ系箱庭シミュレーションはどっかでやったことがある気がするんだが、過去の日記を検索しても出てこなかったのできっと新作なのだろう。やってみると、グラフィックが美麗で、住人たちもひとりひとり名前がついてて歩いててという点では凝ってる。けどまあそんだけ。最新作というほど何か変わった要素があるわけではない、非常にオーソドックスな出来。チュートリアルの後、キャンペーン面ひとつやってみるが、本拠地と離れたところに石山があって、こっちも街として育てなきゃいけない。街を拡大していったら石の供給が足りなくなって、あちこちで不満市民が続出して放火して回り、到底抑えられない規模の反乱となって崩壊。ガッデム。

 あとで調べたらGlory of The Roman Empire(Win)の続編だそうで、こっちはやったことがあり、4年前にあまりにも普通なので、デモを1回やればもう用済みと書いてあった。今作も同じ感想。安売りしてるだけはある。

 Mixiアプリのドリーム☆アイランド(Web)に勧誘されたのでやってみる。チープな箱庭系。ちょろっとやってみるが、なんか肌に合わないので即削除。何が合わないのかよく分からないけど。

 世界樹の迷宮3(NDS)3周目。いや実は真エンディングの分岐を知らないまま進めちゃって、その後調べたら通り過ぎてたので4周目なんだけど。ついに主力メンバーがLv70でカンストしてしまったので、引退を使って転生。今回はLv30で生まれ変わるので育成は比較的楽。それでも4層に来て前衛が一斉に引退したもんだから、それまで蹴散らしていた敵にいきなり苦戦し始める。まあ苦戦してる方がゲームというのは面白いものだからいいんだけど。


2010年6月28日 月曜日

 Imperium Romanum(Win)デモ。反乱で崩壊したのが悔しかったので、再挑戦。石不足に悩まされたので、石をもう一箇所掘るべと探したところ、山の上に見つかったのでここにも拠点を作るべく、倉庫作成指示を出す。が、待てど暮らせど奴隷どもが建築資材を持ってこない。どうやら山は上れない仕様らしい。じゃあ山の上に資源出すなよ。この時点でもはや買う気なし。しかしクリアはしないと腹が立つので、石が必要な建物は金で突貫工事させて石消費を避けてなんとか進むが、今度は木材不足に陥って困る。木材がないと木こり小屋が作れないという自己矛盾を抱えてるのでどうにもならない。まあこれは供給がないわけではなく、需要が多いだけだったので、やがて新設木こり小屋にも木材が回ってきて正常化。あとは火事に備えて序盤から庁舎を作っておいたので、反乱にも火事にもめげることなく無事クリア。そして心置きなく削除。

 なお同じSteam(Win)のMagic The Gathering - Duels of the Planeswalkers(Win)は伊政(仮名)にもやらせた結果、シングル専用なのでやる気なしという結論に。オンライン対戦機能は確かにあるようだが、カード資産はいくつかの構築済みデッキがシングル戦の進捗に応じて開放されるだけみたいで、基本セットのみに限定されている模様。まあカード1枚1枚がルールなゲームだから、対象カードを増やすとソフト開発が大変なのは分からないでもないけど、じゃあなぜ新作わざわざ出すんだろう。というわけでこれも買わないことにしたため、結局Steam大安売りフェアでも何も買わなげ。


2010年6月28日 月曜日

 Steam(Win)でダウンロードしておいたTropico3(Win)のデモをやってみる。が、全然やる気が出てこない。チュートリアル1面やっただけでもうやめたくてしょうがなくて終了。なんだろうこの相性の悪さは。世間では1なんか名作扱いなのだが、どうにも食指が動かない。先日のドリーム☆アイランド(Web)と合わせて考えると、ひょっとして島というテーマがいかんのかもしれない。そういえばCivilization4(Win)でも島マップ嫌いだし、ボードゲームでも島をテーマにしたものはあまり好きじゃない気がしてきた。


2010年6月29日 火曜日

 ブラウザゲーム。段々飽きてきたSpaceCraft(Web)だが、それでも続けてる以上は兵を遊ばせておくわけにもいかず、最寄の反乱軍に占領指示を出しておく。


2010年6月30日 水曜日

 ブラウザゲーム。SpaceCraft(Win)は手を抜いて占領弾の合間に3時間ほどの隙があったところに援軍を差し込まれて、後続が壊滅。数万単位の援軍で、明らかに電力オーバーなのだが、NPCはこの辺のイカサマを平気でやる。かなりやる気ダウン。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット