ゲーマー日記 2010年12月分


最近の日記に戻る

2010年12月1日 水曜日

 Everquest2(Win)だが、動作に難点がちょっと。起動後しばらくするとクライアントが数分固まる現象が毎日1回出るので、生産とか戦闘とかしてると困ったことになる。まあ1回しか出ないので、なるべくこの現象が出るまでこれらの行為を待てばいいのだが、毎日忘れてなにかやらかす。もうひとつは青画面。1週間に1回程度の頻度で、しかも大抵ロード中に裏で何か立ち上げてるときに発生するっぽいので、だいぶ避けられてきてるけど。

 休暇をとったので、日中はクエスト整理。いらんクエストは削除し、削除するには惜しいクエストは低レベルのものからクリアしていく。もうLv63になってるので、Lv20のクエストとかどうでもいいのだが、途中まで進んでるし報酬が不明になっているとあっては、どうも気になるのでクリアすることに。するとLv19の指輪とかどうでもいいものがもらえる。ちくしょう、この程度ならちゃんと明記しとけよ。まあ分解用に使うか。


2010年12月2日 木曜日

 最近Everquest2(Win)のやりすぎか、体調がいまいち。今日も夕食後即寝る。


2010年12月3日 金曜日

 Everquest2(Win)。砂漠もそろそろ卒業なので、その奥のエリアのPillarOftheFlameに入ってみたら、結構クエストがある本格的なエリアなのでまじめにやってみることにする。

 カバン職人の方は生産Lv30に。Tier4の材料を渡したものの、根っこがあまり在庫がないので、また採集にいってこなくては。めんどくさいなあ。


2010年12月4日 土曜日

 Everquest2(Win)。PillarOftheFlameのクエストを進めていたが、調べていくと付近のMaj'Dulのクエストからの続きというのが複数あったので、そっちを先に済ませることに。すぐ終わるつもりで行ったら、実はかなりめんどくさいクエストであることが判明。しかし長編らしいので、やめるのももったいないし。仕方ないので街中でランダムに発生するオブジェクトを複数種類集めるという気が遠くなる作業をこつこつと。街中の高速移動手段がひとつもないし、しかも立体迷路になっていてマップがあまり役に立たないし。何度かぶち切れかけた。街の名前どおり、マジだるい。


2010年12月5日 日曜日

 Everquest2(Win)。Maj'DulのPeacockクエストを進めていたが、調べていくと途中でトカゲ語が必要になるとあるので、これを習得せねばと思い立つ。方法は2種類で、元祖トカゲの巣窟Cazic-Thule神殿に行くか、亜種が住んでいる空のTenebrousTangleに行くか。アイテムのドロップ率が非常に低いので、大量虐殺が必要なのだが、前者は既にLv的に大きく上回ってしまった割には、パーティ用ダンジョンゆえに雑魚でも+++とかがついており、得られるものがひとつもない。どうせやるなら、適正Lvで他のクエストを進めながら空でやる方がよさそうだということで、空のクエストを丁寧に潰していくことに。

 ところが10個ぐらい進めても、全然トカゲっぽい敵が出てこない。調べてみると、出てくるのはTempleOfScaleの中だけだそうで。試しに入ってみたら、入り口から敵が強すぎてどうにもきつい。まあ将来的にパーティで来るときのためにとっておきますかね。トカゲ語への道は遠い。

 折角TenebrousTangleのクエストが進んで、なんかクラス専用防具セットとかもらえるらしいので、この際どんどん進めてしまうことに。Lv上げは激しく上げると後続と離れてしまうので、意図的に停止してその分を特殊能力ポイントにつぎ込む。

 書くのを忘れていたが、伊政(仮名)がギルドホールが便利だとしきりにPRするので、Barracuda(仮名)の所属する大手ギルドに1週間ほど試験加入してみた。確かに銀行、生産施設、各種ポータルが全部揃ってて非常に便利なのだが、ギルドホールのオブジェクトが多すぎるのか、移動すると50%ぐらいの確率でWindowsのブルースクリーンが出てしまうため、涙を呑んで脱退。代わりにもっと小規模なギルドホールをもつところはないかという話をしてみたら、伊政(仮名)がじゃあ作りましょうということになり、とんとん拍子で新ギルドBushidoll結成。もっともメンバーが少なすぎて、全然ギルドLv上がる気配なし。ギルドLv30になってようやくギルドホールを持つ権利が生じるのだが、手持ちのステータスポイントアイテムを全部放出してもやっとLv6。こちらの道も遠い。


2010年12月6日 月曜日

 Everquest2(Win)。ランチャーをStation Launcherに変更し、データの逐次読み込みを停止。心なしかゾーン毎のローディングが早く終わる気がする。

 Ducent(仮名)と2人で、TenebrousTangleのクエストを進める。本当はSanctumOfTheScalebornダンジョンの難しいところを手伝ってもらいたかったのだが、むこうのクエスト状況を聞くと、ここに誘導されるクエストが済んでいない模様。仕方ないのでそっちを手伝い、やっと本命のダンジョンに潜って、さあこれから難しいところだというところでDucent(仮名)就寝。そりゃねーぜセニョール。


2010年12月7日 火曜日

 Everquest2(Win)。昨晩終わりそうだった週替わり生産ミッションを完遂させようと思ったら、ジャーナルのどこを探してもない。どうやら終了前に一週間の期限が到来してしまった模様。毎週水曜に入れ替えという話は覚えていたのだが、肝心のクエスト受領日を忘れていた。ガッデム。せっかくレシピLv69という難しいのを生産Lv53にも関わらず少しずつこなしてたのに。スタミナの残りがとかケチくさいこと言わずに、さっさと昨晩仕上げておきゃよかった。

 生産話をしていたら、伊政(仮名)から装飾の日替わり生産ミッションの存在を知らされる。材料支給で10個作らされるらしいので非常にお得。毎日こつこつやるために、ButcherBlockMountainにいって装飾トレーナーに最初の一歩を習いに行くが、これがなかなか見つからない。そうこうしてる間に、Stefuny(仮名)からLv上げツアーの募集があって、空のNestOfTheGreatEggなるダンジョンにDucent(仮名)と共に連れていってもらう。Stefuny(仮名)がばしばしと攻撃呪文で敵を瞬殺していくので、ただのフォロー人形として見ていればよし。現状経験値は凍結しているので、その分特殊能力ポイントが2Lv分あがる。たったの30分弱で。相変わらずすさまじい効率。

 ツアー終了後、再び装飾トレーナー探し。マップ上で検索したら見つかった。港からまっすぐのとこにいる妖精。小さくて完全に見落としてた。


2010年12月8日 水曜日

 Everquest2(Win)。週替わり生産ミッションが変更になる前に今週分を受けに行く。ところが出てきたのは、テラコッタを壊せとかいうミッション。とりあえず目的の場所に入ってみると、Lv76+++とかいう強烈な敵がごろごろしてる。どうもこいつらを倒せということらしい。いやいやいやいや、全然生産ミッションとちゃうやん。どういうことだ。ガッデム。


2010年12月9日 木曜日

 Everquest2(Win)はなにかアップデートが当たったみたいだが、起動しようとしてもクライアントが不正終了を吐いて全くログイン不可。PC再起動しても同じ。キャラ選択画面までは行くので、キャラを変えてみたが同じ。ランチャーのアップデートの項を見ると全サーバダウンとなっているが、公式ページのサーバ状況を見に行くとSebilisサーバだけは緑になってる。ダウン予告は12/8の朝6時から2時間というニュースがあったが、これはもう半日前に終わってる。延長にしても長いだろう。よく分からん。

 仕方ないので、付録のカードゲームであるLegend of Norrath(Win)をプレイしてみる。そういえば課金したお祝いにこいつのブースターがいくつか手に入ってたし。とりあえずチュートリアルを一通り受けてみる。付録にしちゃやけに本格的。Magic:The Gathering(カード)のパクリではあるが、なかなかよくできてる。まだカードの強さがよく分からないので、好きなパックと交換できるチケット9枚は使用を保留。レアカードや戦勝報酬としてEverquest2内で使えるアイテムが入手できたりするらしい。うまいこと連動してて面白い試みである。

 ついでにMixiアプリを探してみたら、キャッスルらんど(Web)というのを発見。まあよくある王国発展型箱庭ゲームだが、ほのぼのとしていて子供達の気に入りそうな感じだったので、軽くやってみる。


2010年12月10日 金曜日

 Everquest2(Win)はようやくログインできるようになった。が、昨晩の話をしても、伊政(仮名)などは別に問題なかったとのこと。どうやら自分でUIフォルダを作っている場合、自動更新はされないので、本来のUIフォルダから更新されたファイルを自力でコピーする必要があるらしい。危うくこのまま永遠に入れなくなるところだった。

 アップデートにより、呪文のリサーチ機能がNPCではなく、各自の呪文一覧からアクセスできるようになった。しかも従来はできなかったJourneymanへのリサーチとかも可能に。いやこれJourneymanレベルの呪文を作るSageに対する営業妨害だろう。伊政(仮名)によると、どうせ高レベル呪文のリサーチは1段階で1ヶ月とかかかるので、大した影響はないということらしいが。

 ついでに水曜アップデートにより生産ミッションが変わったはずなので行ってみたら、今度は採集に変わっていた。それも資源オブジェクトではなく、クエスト専用オブジェクト。ちょろかったので、どのくらい生産経験値をもらえるのかと思ったら、たったの3%。おいおい、普通に呪文1枚作るだけでもそのくらい入るがな。報酬金額もしょっぱいし。まあ生産ファクションが上がったのでよしとするか。あまり期待しない方がいいらしい、この生産ミッション。

 丸一日やらなかった分、スタミナがたまって経験値2倍ボーナスなので生産に励んでいたら、木材がなくなったため、砂漠で採集してたら突然落とされ、ログインサーバと通信できないとか言われる。なんだか5年前のメンテ祭りの記憶がよみがえる。ガッデム。

 通勤電車内でやっていたレイトン教授と不思議な町(NDS)をストーリークリア。まだ少し問題を取りこぼしているのと、クリア後の難問があるので、もう少しかかりそうだが。続編も借り受けているので、しばらくはレイトン漬けの予定。


2010年12月11日 土曜日

 Everquest2(Win)。昨晩採集してきた材料で生産Lv57に上げる。冒険Lv66に追いついたら、停止している経験収入を解除しようかな。

 Ducent(仮名)がいたので、2人で先日のTenebrousTangleのSanctumOfTheScalebornダンジョンでクエストの続き。一度緑+++が乱入してきて全滅しかけたが、Ducent(仮名)の蘇生で事なきを得る。以後は安定した戦いぶりで無事クエストを2つクリア。しかし1つはもっときつそうな続編があり、また別のところから新たなクエストを拾って総数は変わらず。

 ダンジョン脱出後、ちょこっとTenebrousTangleのクラスアーマークエストを続行して、2つめのパーツとして手袋をゲット。でも性能的にはイマイチ。セットを3つそろえると性能アップするようなので、もうひとつ貰ったら装備するか。


2010年12月12日 日曜日

 Everquest2(Win)。手をつけているPillarsOfFlameのクエストを終わらせようと気張る。どんどんクリアしていき、報告がMaj'Dul行きのはほっといて、まだ残ってるクエストに移っていくうちに、Amuletシリーズのひとつだけが残る。なかなか大変で、LivingTombsなるダンジョンに行かされる。誰もいない廃墟ダンジョンなのに、中が4エリアもあって広くてたまらん。

 目的のオブジェクトは5分程度で見つかったのだが、道中ゾーン内クエストで鎌が手に入るものがあったので、性能はともかく外見用に欲しくなったのでやってみることに。これが苦労の始まりで、条件つき限定出現のボスを3匹倒すのにえらい時間がかかった。相手がLv50台で灰色だったので、戦闘は楽だけど得るものはなし。まあ鎌のグラフィックが予想通りかっこよかったので許す。

 その後もオークの巣窟CleftsOfRujarkダンジョンに行かされたり、海中のセイレーン討伐をやらされてサメに噛み付かれたりと、えらい目に遭いながらクエストシリーズ終了。そして得たAmuletは性能がいまいちだった。今日だけでも5時間ぐらいかかったのに。ガッデム。

 日中、子供達が何か新しいボードゲームはないかというので、ケイラス(ボード)を教え込んでみた。特に計算や言語依存の難しい部分はないという優れた特質を持つゲームなので、小4と小2でもルールは把握できた模様。戦略はいきなりは覚えられないだろうから、初回はパパの全面的アドバイスつきで。建物を建てて1点ずつVPをもらえるのが好きな次女、そして金にとことんがめつい長女と性格が出る。一応ハンデとして、恩恵の建物ラインを使わないでやってみたところ、二人が建物ラインに進み、石造りが全く建てられなくて困ったが、終盤で石造りを建てて、同一ターンで無理やり別荘地建ててすぐ潰して青建物という強引な技で次女を間一髪出し抜いて、25点青建物を建設。パパの面目を保つ。しかしもうこの作品が遊べるようになったか。過去の投資がそろそろ回収フェーズに入ったようである。


2010年12月13日 月曜日

 Everquest2(Win)。Tailor専業の2ndキャラ用の採集がメイン。Sageは生産できるアイテムの種類がやけに多いので、初めて作ったボーナスが毎回適用できてすぐLvUPできるのだが、Tailorはそうはいかない。よって経験稼ぎと言えばせいぜい至急オーダークエストを繰り返すしかないが、それにしても素材の使用量は半端ではない。まだ生産Lvが37なので、30台の素材を取りにいまさらEnchantedLandsに通わねばならないこの悲しさよ。なんかいっそバッグなんか自分で作るより買った方が簡単な気がしてきた。まあここまできたら引き返すのもしゃくだが。

 大量に使うのは根っこと皮。そのうち、皮はブローカーをみたら1s未満とかなりの安値で売られていることが分かったので、わざわざ採集しなくてもよさげ。根っこや、他に少々使う金属類はどれもg単位で高いので採集。5年前は採集アイテムなんぞタダ同然で大量に売りに出ていたので、採集に自分で行くのなんかあほらしくてやってられなかったのだが。早いとこギルドホールを作って、他人の採集アイテムを自由に使えるようになりたいものである。まあギルドメンバーが決定的に足りないという話もあるが。


2010年12月14日 火曜日

 Everquest2(Win)。PillarsOfFlameのクエストが片付いたし、TenebrousTangleのクエストも一部ダンジョンを除いて終わっていて、次なるエリアとしてBarrenSkyへ移動。同じ空同士で、こちらもまた数多の島が浮くエリア。最初に着いたエリアでちょろちょろしてたら、鳥人に鳥語を教わるクエストが始まる。ホウホウ ウォォ?とか訳の分からない選択ばかりの三択とか、なかなか愉快なクエスト。なぜか一発合格。他のクエストも、算数クイズで三択だったり、生産クエストのIslandOfMaraもこんな感じだったし、多分こういう思想の拡張セットだったんだろうなと思わせる作り。

 最初の島で受けた、泥の中から鍵を探してきてというクエストをやりに、霧の島を探索したが、探せども探せどもヒットしない。徒労感一杯でWebを検索したら、やはりしつこくやるしかないらしく、dozensとか言ってる。ダース単位かよ。報酬も金だけだしやる気しねー。ガッデム。

 レイトン教授と不思議な町(NDS)、クリア後のナゾも含めて135問、全部クリア。最後の最後の脱出パズルに数百手かかってすさまじく悩んだもの、なんとかコンプリート。さあ次のレイトンいってみよう。


2010年12月15日 水曜日

 Everquest2(Win)。ここ数日さぼってたTailorの方のバイタリティを消費すべくちょっとがんばって、生産Lv40に突入。次のTierに入って材料変更。本家のSageの方は59でもうちょい。

 BarrenSkyでDucent(仮名)とアーマークエストを進める。4つ目のパーツまで貰ったというので、そこまでなんとか追いついて、5つ目を取りにいく。これがダンジョン編で、PalaceOfTheAwakenedに入って、ランダムに点在している本のページを集めろというもの。コレクション扱いになっているため、ページかぶりが存在するし、2人分集めないといけないのでかなりめんどくさいことに。全部で14ページあるコレクションなのに、4-5枚しか集まらないところでDucent(仮名)就寝。中の敵が結構きついので、ソロではやや無理があるクエスト。

 休暇を取ったので、Mixiアプリを探してみる。ふとまきば生活ひつじ村(Web)というのが目についたのでやってみると、以前やっていたみんなで暮らそう!ひつじ村(Web)と同じオープニング。どう差別化するつもりなんだ、と旧作の方を見たら、1月でサービス終了とのこと。なるほど、1ヶ月並行期間の後移行するわけね。

 じゃあ新作は何が変わったのか、とちょっとやってみると、物々交換というゲームの柱が崩れて、市場で売ってお金と経験値を稼ぐありきたりな内容に成り下がった。行動力パラメータが撤廃されて、持ち上げ設置の類の行動が全部自由にできるのは評価できるが、それ以前に柱を崩したのはいただけない。他にも狩りの要素の追加など、意欲は見られるものの、一番楽しい部分を失った以上はやる気なし。割と気に入ってた作品だけに、残念な展開である。


2010年12月16日 木曜日

 Everquest2(Win)。Ducent(仮名)と昨日の続きでBarrenSkyへ。アーマークエスト用のコレクション集めだが、2人ともNo.6だけが足りない状況だったので、いちいち敵を掃討して回るのも疲れたし、ブローカーで揃えることに。これだけレアで高いのかなとびびっていたが、30g程度で済んで助かった。


2010年12月17日 金曜日

 Everquest2(Win)。生産Lvを60に上げて次のTierへ進む。あと心残りだった信仰システムに挑戦。Webで軽く比べた結果、能力としてINTが上がり、かつ他の能力も実用的な疫病神Bertoxxulousにすることに。Timorous Deepへ行ってNPCを探すが、これがなんとも分かりづらいところに。立体的な構造をしているこの街はなんだか腹が立つ。

 街中をうろついて、色々なNPCに解体新書のありかと、新鮮な死体の供給元を尋ねて回るというのが信仰クエスト第1弾。しまいに街の実力者から、港の奥の方に死体を手配したと言われて行ってみれば、待ち合わせた係員は暗殺者で襲い掛かってきたけど、返り討ちにして予定通り新鮮な死体をゲットだぜというベタなオチ。第2弾はこの死体で研究を完成させた新疫病薬の効き目をオークで人体実験してこいというもの。なんかオラワクワクしてきたぞ。

 そんなところにDucent(仮名)が現れたので昨日の続きでBarrenSkyへ。ブローカーで揃えたコレクションをコレクターに本と交換してもらうのだが、Ducent(仮名)はコレクターの存在を知らないという。5年前もやってるだろうし、今回もプレイして1ヶ月は経過したはずなのだが、Lvだけ上がってもゲームシステムはあまり把握してないらしい。促成栽培はこれだからもう。

 本を渡すと、次のクエスト。同じ空シリーズのBonemireゾーンへと案内される。まだBarrenSky全然クエスト終えてないのにペース早すぎ。まあとりあえずBonemire内でアーマークエストと周辺クエストを同時進行。アーマークエストのNPCが谷の崖っぷちにいて、話しかけに飛び降りたら実は遭難していて助けて欲しいと。いやそういうことは飛び降りる前に叫んでくれるか。ここで弓にロープをつけて撃つアトラクションがあるのだが、なんせ普段弓なんぞ使い慣れないもんだから、あたふたしてしょうがない。やっと撃てるようになったと思ったらターゲットがなくて撃てない。どうやっても引っ掛けるための骨がターゲット取れないので、一度削除してクエストを受けなおしたら、受けた時点でターゲットされてた。下手にいじって外しちゃだめなのね。

 その後Stefuny(仮名)のLvUP教室が始まるというので、BarrenSkyのVaultsOfEl'Aradなるダンジョンに連れていかれて、例によってStefuny(仮名)が敵を蹴散らすのを後ろからついていく。戦利品を丹念に拾った結果、持ち物が一杯になるくらいに。最後にボスを倒して宝箱からNecromancer専用の帽子が出てきてほくほく。Lv上げは停止してるけど、AAが98まで上がる。


2010年12月18日 土曜日

 Everquest2(Win)。昨日のBonemireゾーンでのアーマークエストを少し進め、6箇所目ゲット。残りひとつ。ちなみに報告にいくのは例の険しい崖で待ってるNPCで、仕方なくまた降りたが、戻る方法が分からず試行錯誤してるうちに谷底に落ちて死亡。空の上だと思ったが、下は宇宙空間だった。なんだここ。

 残りの周辺Bonemireクエストを終わらせて、新しいのを受けずにBarrenSkyへ戻ってクエスト掃除。終わると次のシリーズが始まったりで、なかなかクエスト数が減ってくれなくて困る。Lvがあとひとつ上がると装備できるアイテムがたまったので、久々に経験値取得バーを戻してLv67に。

 日中は例によってみほ(仮名)邸でボードゲーム会。メンバーも例によってぽちょむきんすたー(仮名)と伊政(仮名)との4名。まずはぽちょむきんすたー(仮名)が最近大はまりしてるというトリックマイスター(カード)。いわゆるトリックテイキングだが、1人1枚出す特殊ルールカードの存在により、毎回テイストが変わる。特殊ルールは、特定の色や数字が切り札になったり、2番目に強いカードが勝者になったり、果ては取った得点は全部左隣のプレイヤーに移ったり。それが人数分出るから、もうなにがなんだか分からなくなるカオスな展開がウリらしい。でもどんなにカオスになっても、所詮トリックテイキング。色々なトリックテイキングという以上の楽しさは特段なかった。もうやることは多分ないだろう。
<結果>
トップ伊政(仮名)+14
2位みほ(仮名)+13
3位ぽちょむきんすたー(仮名)+12
ドベ皇帝+8

 昼食をはさんで、次は新作の鼠と密告者(ボード)。典型的なバッティングゲーム。見事なまでに終始バッティングしまくり、最終ラウンド手前まで初期配布から一歩も進んでないという哀れな状況。まったくいいとこなし。
<結果>
トップぽちょむきんすたー(仮名)8
2位伊政(仮名)6
3位みほ(仮名)5
ドベ皇帝3

 さて肩慣らしも終わって、いよいよ本番ということで、前回好評だったロンドン(ボード)。あまり手を広げず、回数をこなすことを重点的目標としてみたが、みほ(仮名)の裏返らない建物を並べて起動回数をこなす戦法にコンセプトを奪われ惜敗。
<結果>
トップみほ(仮名)63
2位ぽちょむきんすたー(仮名)61
3位皇帝60
ドベ伊政(仮名)47

 みんな再プレイ要求が強かったので、ロンドン2回目。段々みんな練度が上がってきて、捨てたカードがひたすら流れてゲームの進行が異常に早まっていることを見抜けず、ひとりのんびり準備してる間にゲームが終わって16点という史上最低得点。3回目のプレイだが、トップは大体60点ぐらい取るゲームらしい。
<結果>
トップみほ(仮名)57
2位伊政(仮名)42
3位ぽちょむきんすたー22
ドベ皇帝16

 納得いかないので3回目のロンドン。どうやらこういう場が早いときは、特定のカードの特殊能力が強そうだという結論に達する。たまたまその強力カードを2枚揃えることができて、ゲーム終了時も手札がぴったりなくなるなど、完璧な進行で今回はダントツで勝利。やはり60点付近だった。
<結果>
トップ皇帝61
2位ぽちょむきんすたー(仮名)36
3位伊政(仮名)35
3位みほ(仮名)35

 練度が上がってゲームスピードも上がったため、3回やってもなお時間が余ったので、次は同じワレスデザインのブラス(ボード)。しばらくやってなかったので、序盤をどう過ごすか全然思い出せないままスタートしてしまったが、造船所戦略を採用したのが1人だけだったのでなんとか戦えた。最終的にドベになったものの、全員が5点差以内という大接戦。後半直前に、借金しまくりで鉄道敷設に備えた伊政(仮名)のオーソドックスな戦法が結局今回も勝利。これで戦略が固まってしまうとどうもゲームが硬直化してしまうのだが、みほ(仮名)の低借金紡績輸出作戦も通用したところを見ると、まだまだ可能性のあるゲームだと感じる。名作である。
<結果>
トップ伊政(仮名)129
2位ぽちょむきんすたー(仮名)127
3位みほ(仮名)125
ドベ皇帝124

 最後にちょっとだけ時間があったので、例によってバトルライン(カード)タッグ戦。なぜかまたぽちょむきんすたー(仮名)とタッグを組むが、3カードとストレートフラッシュの思惑違いで可能性をチーム内で潰し合い、最後までもつれたが4-5と惜敗。

 ロンドンを1日3回はすごかった。最後に有終の美を飾ったので、お腹一杯になったしいい思い出ができたし、しばらくやらなくてもいいや。ブラスで負けたのが悔しかったけど。


2010年12月19日 日曜日

 Everquest2(Win)。サブキャラのTailor用の材料を集めるのがめんどくさい。皮は単価50s程度なので、100枚買っても50gで済むが、根っこは10gぐらいするので自力で集めるしかない。数百単位で必要なので、1日30分ぐらいはこの採集に費やす必要がある。

 採集して、バイタリティが残ってる分だけ生産して、日々の装飾クエストやってからやっと冒険に出られる。最近はLavastormにいってLv40台の素材を採集しつつポータルに向かって、そこから空へというパターンが定着してきた。やっとひと通りBarrenSkyのクエストを終わらせて、以前敗北したスクロールを奪いにくる鳥人間と対決しに行ったものの、事前に準備しようと思った途端に不意を突かれて、準備が整わないまま例によって敗北。若干心残りではあるが、後日リベンジするとしてBarrenSky編終了。

 先日始めた信仰クエストの続きもやっておく。オークの人体実験は相手が灰色なので楽勝で終了。3つ目は少し毛色が変わって、失敗実験体を野放しにした不始末の尻拭いで化け物討伐。3つ目終わった時点で、信仰Petの召喚呪文を貰う。INTが上昇するだけのマスコット。かわいくないのは当然だとしても、かっこよくも不気味でもない半端なのがいまいち。

 Ducent(仮名)とBonemireでアーマークエスト続き。雲に乗ってCacotoxicStain島へ向かうが、目的のNPCが遥か上空、しかも空中に浮いていて、どうやって行ったものか悩む。するとDucent(仮名)も空中をするすると歩いていくではないか。聞くと、普通にまっすぐ地面を歩いてるだけと言う。いやこっちは雲の乗降台の先は少し段差で下に落ちるんだけど。検証のため、同じ地点から一緒に歩くと、こっちだけ段差で落ちて、向こうからは見えなくなるらしい。一応DarkElfの特殊能力であるパーティメンバへの合流も使ってみるが、合流した途端ぽとっと落とされる。どうやらうちだけ地面がないことになってるっぽい。アプリ再起動しても変わらず。Windows再起動でようやく復旧。一旦段差を落ちると、歩いて戻れないので、都度飛び降り自殺する羽目に。なんだこのバグ。ガッデム。


2010年12月20日 月曜日

 Everquest2(Win)。Sage用の生産材料が不足してきたが、同時に採集クエストも受けてしまっていて、そっちが優先されるため採集資源のストックが増えなくて困る。さっさと気合入れて終わらせないと、と思いつついるゾーンが適正LvのBoneMireなので、ちょっと動くとすぐ敵にからまれて困る。

 Ducent(仮名)が既にログインしてたので、BoneMireで合流してアーマークエストの続き。また遭難している崖っぷちのNPCを探すのだが、今回は相当座標が下らしく、見下ろしても見えないくらいなので、意を決して飛び込んでなんとか発見。実は普通に歩いて降りれるところであることが後で判明。報告してアーマークエスト終了。7つ目のパーツをもらったが、性能がいまいちなので、装備したのは5箇所にとどまる。

 その後、Stefuny(仮名)による強化合宿のお誘い。LopingPlains内のダンジョン、CryptOfValdoonへ。フィールドの敵が既に強烈で、移動中に死にそうになるくらい。入ってすぐ、Stefuny(仮名)がギルドの用事でいなくなってしまったので、代わりに伊政(仮名)に引率してもらう。さすがにWizardであるStefuny(仮名)ほどの火力はなく、やっと我々も戦力として必要になり、ある意味こっちの方がゲームとしては面白い。一度全滅したし。

 中ボスからいいベルトが出て、ダイス勝負でDucent(仮名)に競り勝って入手。大ボスからはInquizitor専用のアーマーが出て、お互いなかなかハッピーな日であった。


2010年12月21日 火曜日

 Everquest2(Win)。材料収集にひたすら励む。近所に同種の採集オブジェクトが集まってるTenebrousTangleがなんといっても採集向き。ついでに残ってるクエストも始末していく間に、FearTaintedIsleのトカゲがトカゲ語習得クエストのアイテムを落とすことを発見。これはありがたい。しばらくここで採集&虐殺するか。


2010年12月22日 水曜日

 Everquest2(Win)。材料収集にひたすら励む。


2010年12月23日 木曜日

 Everquest2(Win)。材料収集にひたすら励む。

 信仰クエストを3段階目まで終えたのだが、信仰スキルを取得するために消費した信仰パワーを取り戻すのに、生産したアイテムを捧げることができると知り、Tailorの方で作った服類を処分せずに捧げる。どうせ店に売っても大した値段にならないし、ブローカーに回してもLv40台の装備じゃ買い手がいないし。

 パワーが貯まったところで、信仰スキルの3段階目を取得したところ、以前取得した1段階目のスキルが消滅。排他的なのかこれ。先に言えよ。一度も使ってないのに消えたじゃないか。ガッデム。

 昨日購入したモノポリー(ボード)横浜版が子供達に見つかり、難しいんじゃないかと思いつつインストしてみたら、予想外の食いつき。1割の利子ルールはちょっと計算も説明めんどくさいので省き、また進行を早くするために初期から各自4枚の権利書を配布する短縮ルールを採用。プレイ順と逆順に用意した4枚セットを選択すると説明書にちゃんと書いてある。なるほどこれは楽だし、初期の運の差がさほどつかなくていいルールだ。標準ルールにすべき。

 初回は次女の強運に翻弄されっぱなしで、ボードウォークならぬランドマークタワーでとどめを刺されて敗北。2戦目からはさすがに経験者としてパパの面目を保ち、借金してでも家を作るゲームなんだと体で教える。長女はあきらめが早いので、ちょっと高額の土地を踏んでしまうと、もう泣きべそをかいて破産でいいと言い出すのだが、まあ精神力を鍛えるには丁度いいゲームである。しかしこいつら、すごい勢いで本格的なボードゲームを覚えていくな。末恐ろしい。


2010年12月24日 金曜日

 Everquest2(Win)。材料収集にひたすら励む。Lv60の生産クエストで、採集した材料をNPCに渡す部分があるのだが、4種類のうち木材しか受け付けてくれない。どうなってるのかと/petitionしようかと思ったが、ブラウザからフォームに必要事項を入力する必要があり、かったるいのでとりあえず一度クエストを一旦削除して受けなおすことで直ることを期待。


2010年12月25日 土曜日

 Everquest2(Win)。材料収集にひたすら励む。おかげでやっとTier7分採集クエストが完了。昨日の生産クエストは、再度薦めたところ、不具合ではなくこの採集クエストに絡んでいたことが原因と判明する。

 採集クエストの場合、該当アイテムを発見した場合はクエスト用に徴収され、手元には残らないのだが、生産クエストの採集パートの方は手元に残り、報告時に提出する形式。カウンタは同時に上がるので、5個集めたと言っても、その5個は採集クエストの方に吸収されているため、手元になくて報告できない、というオチ。採集クエスト終了後、余分にちゃんと採集したところ、無事報告できて終了。

 ついでにトカゲ語の方も毎日こつこつ集めていた甲斐あり、クエストアイテム10個を集めてやっと習得完了。これで砂漠の方のクエストも進む。


2010年12月26日 日曜日

 子供達がモノポリー(ボード)横浜版をすっかり気に入ったようで、夕食後寝る前の1時間にも満たない時間で遊びたいとか言い出す。まあ時刻を決めて判定という勝負方法もあるので、しょうがないので勝負に応じる。が、この方式だと周回ボーナスで現金をひたすら稼ぐ次女が強い。借金して家の購入費に回し、敵からの収益に全てを賭けるオーソドックスな戦法は、圧倒的な3倍以上の差がついて敗北。

 Everquest2(Win)。最近採集ばっかだったので、久々にクエストを。まずトカゲ語を習ったことで進められるようになった、砂漠のPeacockクエスト。調べてみたら、ゲーム中でもかなり長編の部類に入るクエストだったらしい。砂漠で情報を持ってるトカゲに話しかけて、20日ぶりにクエストが進む。また砂漠で小さなオブジェクトを探して回るめんどくさいパートがあったが、何とか乗り越えて先に進むと、今度はSilentCity内で特定のルーンをはめてNPCを呼び出すパートが。なるほど、いままで砂漠で敵から出てきたルーンはここで使うわけね。

 しかし、一回呼び出して満足していたら、次に進んだらまた別のNPCを呼び出す必要があり、今度は違うルーンを要求され、しかも途中までセットしたのに3つ目がなくて、2つ目までのルーンは吸われたらしい。ひどい仕組みである。ルーンを再度そろえるまで、またしばらく放置するしかない。

 放置といえば、同じ砂漠のクエストで、Rahotepなる敵の軍団を壊滅せよというのがあったので、折角だからこれにも挑戦。Lv50台だし、数がいるだけならなんとかなるかとたかをくくっていたが、ほんとに10匹ぐらい出てくるのに閉口し、しかもその第一波を片付けたところにLv55+++率いる第二派が出てきて、ご本尊と戦う前にPetがやられて敗退。ガッデム。

 日中、さらにモノポリー。次女の紺色自力揃えに危機感を抱き、3人の交換交渉がまとまり、長女の黄色、パパの赤色、次女は水色を揃える。パパはここで借金をして家を建て始めて、子供達にもそう諭すのだが、根がケチな上に思考がネガティブな長女は手持ちが少なくなることをよしとせず、また貯め込むタイプの次女もなかなか金を使わず、一番安い紺色をようやくホテルにしたものの、その頃にはパパの赤が3軒とか4軒とかで立ちはだかり、結局2人とも赤に止まって破産。貫禄勝ち。

 長女がこれですねてしまったので、まだ何か遊びたがる次女と2人でバトルライン(カード)。初戦は最終局面までもつれ込み、次の手で5列取られる、というところでギリギリ3列連結勝ちが取れて逃げ切り。2戦目は敵が優勢の3箇所のうち、どれか破綻させれば勝つ算段が、3箇所とも豪腕で引かれて3-6で圧倒される。3戦目は今まで封印していた戦術カードをインスト。つい戦術を引きたくなる気持ちにつけこみ、2枚引かせてこっちは全く引かず、手数で5-1勝利。戦略眼はまだまだだが、その強運はそれを補ってなお余りある強敵。


2010年12月27日 月曜日

 Everquest2(Win)。Ducent(仮名)をつかまえて、昨日のRahotepクエストのリベンジに協力してもらう。さすがヒーラーがいるとだいぶ違う。昨日やられた第2波も撃退し、続く第3波もなんとかなりそう。さすがに長期戦なだけにパワー切れが問題ではあるが、そこはNecromancerの特技で、敵から奪ったりPetから奪ったり、HPから変換したりと色々な方法で捻出してなんとか持たす。さあいよいよご本尊、というところでPetが瞬殺され、当然ながら本体も同様。Ducent(仮名)は10秒ぐらい粘ったが、結局死ぬ。つええなこいつ。ガッデム。その後Lv69に上げておく。


2010年12月28日 火曜日

 Everquest2(Win)。一ヶ月ぶりぐらいでGenkyou(仮名)がやってくる。すかさず今まで渡し損ねていた呪文書をたっぷりと押し付けて、あとBushidollギルドに加入させる。むこうはまだLv56で、Lv差があるのでどこに行くか迷ってたら、RunnyEyeで目玉を倒すのに付き合えと誘われる。まあLv40弱のダンジョンなので、全く苦もなく倒す。その後クエストはSteamfontMountain中心に続くが、本人もどこいくのか分かってないようで、あちこちさ迷う。オンラインで情報収集をしながら、最後はBugbearの洞窟。本人の情報収集によると、王を倒す際に雑魚が戦闘に参加するので、事前に雑魚を全部倒した方がいいと言うのだが、雑魚がLv40++ぐらいで結構めんどくさいのに、10匹ほど倒してもまだ20匹以上いる模様。もうさくっと王だけ倒そうということに。HPが半分ぐらいになったところで、確かに王が吼えて洞窟中の雑魚がうわーっと群がる。20匹どころではなかったような気がするが、王はあっさり倒せたので、死んだフリでしのいだらまた散っていったので数えてない。もっとも残った数匹を倒そうと立ち上がったら、結局すぐ死んだけど。


2010年12月29日 水曜日

 Everquest2(Win)。生産していたら、Sageにしては珍しく、レシピを全部作ってもLvが上がらない。仕方ないので、至急オーダークエストを受ける。時間制限が8分30秒と厳しい上、Sageだと種類が多くて検索に手間取るため、少々焦る。そのせいで、途中でひとつの呪文を通常版ではなく、レア素材版で作ってしまい、無駄手間となったばかりか、1つしか掘れてない貴重なレア宝石を失う。ガッデム。

 まあ不幸中の幸いで、作った呪文はNecromancer用だったので、仕方なく読んで身につけはしたが、Lv66のPet強化用と見込んでいた材料を失ったショックがでかい。ブローカーで他人が売っているのを買ってもいいのだが、レアなだけに結構高い。検索したら5ppもする。もう少し値下がりしないかなー。一応所持金額は70ppぐらいあるから、買っても困るほどではないんだが。


2010年12月30日 木曜日

 Everquest2(Win)。軽く採集して寝る。例のレア宝石は、検索したら6ppに値上がりしてた。ガッデム。


2010年12月31日 金曜日

 Everquest2(Win)。例のレア宝石が、4.5ppに下がっていたので、意を決して購入。そしてFighter型Pet強化を無事果たして冒険に出る。Bonemireでクエストをこつこつと進めるが、敵のLvが70台でちょっと相手が厳しいので、そろそろLv69で止めていた経験値を解禁。クエスト経験値もあって、Lv71まで順調に上がる。特殊能力の方も4つ上がって、まともにプレイするとこんなに上がるゲームなんだっけと改めて驚く。

 あと購入した後で自力でレア宝石を掘り当てるのはお約束。ガッデム。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット