ゲーマー日記 2012年6月分


最近の日記に戻る

2012年6月1日 金曜日

 Diablo3(Win)。あの30分以上かかるNightmareのDiabloを、Genkyou(仮名)はソロで倒してきたらしい。色々模索した結果、レジストを総合的に上げたんだとか。そういやOreday(仮名)にもレジスト大事とか言われた気がする。今度そういうアイテム出たら気にしてみるか。

 2人でHell世界を歩くが、あの強烈に強いゾンビたちを、Genkyou(仮名)はこともなげになぎ倒してゆく。同じLv51のはずなのに。ねたましい。犬爆破ビルドにいつまでもこだわってもしょうがないし、ちょっとビルド研究しようかしら。


2012年6月2日 土曜日

 Diablo3(Win)。犬爆破は、犬がそもそもHellの敵に対してまるで歯が立たないし、今までは壁として重宝していた巨人もHellだとすぐ倒されるようになり、ペット戦略は成り立たないことが判明。以前試してマナ効率の悪さに辟易したAcidCloud戦術を復活させることに。マナの補填は、VisionQuestというパッシブスキルを利用。4つ以上クールダウンしているスキルがあると、マナ回復率が300%なのである。常にスキルをクールダウン状態にしておいて、マナを使い放題にするという思想。

 しかしAcidCloudは主兵器としてはいまいち強くないので、色々模索した結果、ZombieChargerに炎犬オプションをつけることに。これもある意味犬爆破戦術ではある。そんなわけで戦法をがらりと変えて、Hellを探索。しかしMagicFinding装備では戦力的にあまりにもひどいので、こちらも装備を模索した結果、INT上昇装備が一番しっくりくる。ダメージが飛躍的に増えるし、副作用として各種レジストも上がった。これでHellのAct1をひたすら走破。一部シールド持ちの雑魚ボスなどには苦労するものの、多少死にまくってもボスから出る装備や宝石の報酬を考えると、十分見合う。


2012年6月3日 日曜日

 夜中までDiablo3(Win)。3回目のAct1だが、こうやって雑魚敵が強くなってくると、この章の長さが身にしみる。Lv54まで上がり、ZombieChargerのオプションを熊に変更。数頭のクマが走りぬけるので、爆破と違って直線状なら一撃で複数の敵にダメージがいく。まあ爆破も周辺にダメージがあったので、使い勝手の問題だが。

 昼間あいてる時間はとにかくプレイ。ジウ(仮名)とむろふう(仮名)もどうやらHell入りに成功したらしいので、一緒にHell難易度を楽しむ。都合3回もスケルトンキングを倒すことに。

 ぽちょむきんすたー(仮名)がPSPでモンスターハンターやろうと言い出すので、伊政(仮名)から譲り受けたコレクションに入っていたモンスターハンターポータブル3rd(PSP)を起動してみる。が、しょっぱなから温泉から抜け出すことができずしばしはまる。考えてみりゃこのゲームこそアナログスティック操作だよな。チュートリアルで草食モンスターと戦わされるが、3Dで斬撃をかますのはめんどくさい。回転して視界を変えるのが特にたまらん。全くやる気なし。やはりしまっておこう。


2012年6月4日 月曜日

 Diablo3(Win)。ジウ(仮名)、むろふう(仮名)、Genkyou(仮名)と4人でAct1をようやくクリア。最後のブッチャーがさすがに手ごわく、持久戦になるため最近つかってなかったHP装備を引っ張り出して、HPを2万5千にしてようやく勝利。INT装備のときはその半分ぐらい。やはりボス戦はHPが多くないと持たないらしい。MagicFinding装備を含め、3種類蓄えておくのは結構めんどくさい。Lv55。

 通勤中のゲームが尽きてきたので、補充しに中古ゲーム屋に寄る。本命はタクティクスオウガ運命の輪(PSP)だったのだが、以前見かけたはずが在庫がなくなっていてしょんぼり。代わりに何か買うか検討したが、うかつにクソゲーをつかむと切ないので勇気が出なくて撤退。


2012年6月5日 火曜日

 帰宅が遅かったのでDiablo3(Win)をプレイする暇なし。その代わりPSPで買うべきゲームを研究。ショップの在庫にあったもので、評判が比較的高いものという条件で、戦場のヴァルキュリア2(PSP)を選定。何より価格が1500円程度と安かったのがいい。

 そんな気になってしまうと、もはやもじぴったん大辞典(PSP)を続けるのは苦痛になってきたのだが、あいにくと今日は外出予定が入っていて、いつもの中古ゲーム屋に寄れない。しかしもう1日我慢するのもつらいので、外出先で探索して、大型書店の中に入ってるゲオを発見。幸いにして目当てのものも見つかって、無事購入。さっそく明日からやってみよう。


2012年6月6日 水曜日

 Diablo3(Win)。ジウ(仮名)と2人で、HellのAct2を進める。道中、人生2個目のLegendaryレアアイテムを発見するが、装備の種類はDemonHunter専用のクローク。仕方ないのでジウ(仮名)にプレゼントする。DemonHunterにとっては高性能らしく喜んでいた。高価なものなので、カラダで返していただこうか。

 人間ドックの道すがら、通勤ゲームを戦場のヴァルキュリア2(PSP)にチェンジ。ガチガチのシミュレーションかと思ったら、戦闘シーンは3DのFPSになるというアクション混じりの作品だった。自信がないので、モードはEASYで。士官学校という設定なので、随所に学園アニメーションが入るのだが、そもそも学園ものは苦手だし、キャラの造形もあまり褒められたものではないし、その分読み込みに時間がかかってテンポ悪いしで、この辺はいまいち。しかし肝心のシミュレーション部分は、索敵や射線など細かくてなかなかいい出来なので、しばらくこれは遊べそうである。

 人間ドックが終わってからも、ベンチに座ってしばらくプレイしてたせいで、帰宅途中にPSPの電池切れ。いいところだったのに。ガッデム。


2012年6月7日 木曜日

 Diablo3(Win)。HellのAct2のボス、ベリアルのところに到着。ジウ(仮名)、Genkyou(仮名)、しかすけ(仮名)と4名で挑戦するが、何度やっても敗退。なにせ雑魚戦、雑魚+ボス戦、ボス第2形態戦と3段階あって、しかも段々難易度が上がっていく。最後なんかマップ中毒池で埋まる勢いなので、どうやって勝つんだこれ。

 しばらくしてしかすけ(仮名)、Genkyou(仮名)と抜けていったため、ジウ(仮名)と2人で挑戦。人数が少ないとその分敵も弱くなるので、2人だとそれなりにいけそうな雰囲気。ただ2人では片方死ぬと蘇生している隙がないので、少なくとも雑魚がいる間はお互い死なないでいる必要がある。何度か片方死ぬ展開が続くが、そのうちようやく2人生存のまま最終形態に進む。ジウ(仮名)がしょっちゅう死ぬのを、毒池をかいくぐって蘇生させるという離れ業をこなしつつ、ようやくクリア。苦労した。

 朝なんだか気分が優れないので、出勤直前に休暇にしてしまう。午前中寝たらすっきりしたので、単なる寝不足だった可能性が高い。Diablo3(Win)休暇と名づけよう。

 ゴロゴロしながらDiablo3(Win)を進めたり、戦場のヴァルキュリア2(PSP)にはまったり。一歩も家を出ずに至福の一日を味わう。


2012年6月8日 金曜日

 Diablo3(Win)。Act2のボス、ベリアルを苦労して倒してAct3に移行したはずが、ちょっと他のマルチプレイに参加して戻ってきたら、Act3を選択できないように。ジウ(仮名)も同様の状況というので、なんかサーバのパッチによる悪影響か。しかすけ(仮名)と3名で再びベリアル討伐。今晩も苦労したが、なんとか倒すことに成功。

 通勤中の戦場のヴァルキュリア2(PSP)が予想以上に面白い。通勤が楽しくなるのはいいことである。会社着いたらすぐ帰りたくなるのが難点だが。


2012年6月9日 土曜日

 Diablo3(Win)。Act3をソロでぐいぐい進める。ぐいぐいと言っても、ソロじゃ雑魚相手でも死ぬまくるので大して進まないのだが。死んでも経験値は減らないので、Lvは着々と上がってきていて、もうすぐ上限に近いLv59まできた。


2012年6月10日 日曜日

 戦場のヴァルキュリア2(PSP)、ストーリーで護衛ミッションがあったので軽く考えていたが、今までのフリーミッションとは桁違いの敵が出てきて、歩兵たちが即死してゆく。どうやら強敵には近寄ってはいけないというゲームらしい。まあ本来シミュレーションってそういうもんだし、しょうがない。

 みほ(仮名)がはるばる名古屋から戻ってくるというタイミングに合わせてボードゲーム会。少し遅れて行くと、もうマンハッタンプロジェクト(ボード)の準備が進んでいた。しかしインスト係だけはしっかりとやらされる。

 核爆弾を開発するという、このご時勢日本では刺されそうな不謹慎なテーマ。イロモノかと思いきや、システムはしっかりとしたワーカープレースメント。メインボードには1ターン1回しか置けないが、自分のエリアに作った建物にはいくつでもおけるので、序盤は建築が中心の拡大再生産。きっと人を得るゲームに違いないと踏んで初手から大学を取りまくるが、ぽちょむきんすたー(仮名)が工場やらプルトニウム炉を快適に稼動させているのを見ると、戦略的にはあちらの方が一枚上っぽい。

 伊政(仮名)はスパイ戦略に目覚めたらしく、他人の工場を使って戦闘機を量産し制空権を握る。みほ(仮名)はウラン型に進み、イエローケーキの大量発掘に努める。そんな中、ぽちょむきんすたー(仮名)がいよいよあと1発爆弾を作ると勝利という終盤で、みほ(仮名)が貯蓄を一気に吐き出してウラン型爆弾を立て続けに製造。あとわずか数点というところで手数が足りず、勝利は次のターンに持ち越しとなる。伊政(仮名)がその空軍をすべて使ってぽちょむきんすたー(仮名)の領地を爆撃するお仕事をしたので、仕方なくこっちはみほ(仮名)の爆撃を墜として得点の妨害をするしかない。そして平たくなったところで、ぽちょむきんすたー(仮名)がプルトニウム型を作って終了。うちもあと一発ではあったが、いかんせん材料が揃わなくてあと1ターンあっても無理だった。これは次回もっとうまくやれそうな感じがする良作。
<結果>
1位ぽちょむきんすたー(仮名)50
2位みほ(仮名)47
3位皇帝41
ドベ伊政(仮名)忘れた

 昼食を挟み、次はうちから持っていった蒸気の時代(ボード)。ソロプレイやら次女と2人でとかはちょこちょこやっていたものの、4人で五大湖マップとなると全く勝手が違う。両方をにらんでマップ中央を陣取ったものの、あっという間に他プレイヤーに群がられて進路をふさがれ、環状にするつもりの路線が放射状になり、終始奮わない展開。西側で環状を構築したぽちょむきんすたー(仮名)と、東側でひとり悠々と路線展開したみほ(仮名)との一騎打ちという、さっきと同じ展開を、やはりさっきと同様にみほ(仮名)の邪魔をしてぽちょむきんすたー(仮名)のアシストを。3人からぼろくそに批評され、持ち主なんだからもう少しまじめにやれとまで。返す言葉もございません。
<結果>
1位ぽちょむきんすたー(仮名)86
2位みほ(仮名)83
3位伊政(仮名)62
ドベ皇帝43

 次にパーティゲームの心臓発作(ボード)。バカゲーではあるが、この歳になると成人病を扱ったこのテーマがなんとも身につまされる。仕事をすれば金は入るが鬱になり、薬を買えば血圧や血糖値は下げられるが金が減る。隣人からはホームパーティーに呼ばれて体に悪いものを食わされるし、毎ターンイベントが起きては何らかの体調不良を押し付けられる。どうやっても長くは生きられないこの世の中を、いかに最後まで生き延びるかというサバイバル。序盤からぽちょむきんすたー(仮名)、みほ(仮名)の両脇をタバコパーティーに招待しまくってどんどん追い詰め、二人を殺害して伊政(仮名)と対決。しかしここまでの消耗が厳しく、いきなり血圧をぐんぐん上げられて、最後は昇進イベントのプレッシャーで血圧が上がりすぎて死亡。バカゲーだが、テーマ選定が抜群。なかなか楽しかった。
<結果>
1位伊政(仮名)
2位皇帝死因:高血圧原因:昇進
3位みほ(仮名)死因:糖尿病原因:チョコケーキ
ドベぽちょむきんすたー(仮名)死因:高血圧原因:嫁姑戦争

 最後にこれも持参していったビール侯爵(ボード)。F.F.デザインというのでつい買ってしまったが、どうもいまいち感が漂うので、一度はプレイしておかねばと。内容はドミニオン(ボード)など最近流行のデッキ構築型。しかも発売当時、ワインをテーマにした作品がやたら多かった年だったため、持ち前の反骨心が頭をもたげたらしく、わざわざビールをテーマにしたデッキ構築をデザインしたという話らしい。まあどうでもいいのだが。

 反骨した割にはゲームはやはりいまいちで、商品の売り先が人数分あるためあまり競合も起きず、相場の変動もゆるやかなのであまり劇的な乱高下も起こらず。収入はあまり多くはないものの、先手を打って宮殿を早めに立てていったためコストを低く抑え、ダントツで早く勝利を得る。盛り上がらないので勝ってもいまいち嬉しくない。
<結果>
1位皇帝6
2位みほ(仮名)4金30
3位ぽちょむきんすたー(仮名)4金20
ドベ伊政(仮名)4金12

 マンハッタンプロジェクトが秀逸だった。今年の年間大賞にノミネート。蒸気の時代はもっと修行が必要。ビール侯爵は手放してもいいと言ったら、みほ(仮名)宅に置いておくから代わりにやらなそうなアフリカ(ボード)を持って帰れという話に。ありがたく交換させていただく。


2012年6月11日 月曜日

 Diablo3(Win)。ついに上限のLv60に達する。Lv60になると、青以上の雑魚ボスを倒すと30分持続するMagicFindingとGoldFindingの向上効果が得られる。しかも5段階までスタックする。最大各+75%というボーナスが得られるのはでかい。

 そのボーナスを得るために、MagicFinding装備でNightmare難易度のAct3終盤をさまよって金稼ぎでもするかとがんばっていたら、これからというときにGenkyou(仮名)からヘルプ要請を受けて台無し。

 通勤中の戦場のヴァルキュリア2(PSP)で、物資3個回収せよというミッションで2個まではあっさり見つけたが、3個目がどうしても見つからない。3エリアあって、各エリアで集めろという指令なので残り1エリアを徹底的に探していたのだが、何度見てもない。仕方ないのでWebを検索したところ、エリアマップに物資残マークがあるという情報が。あれ、もう回収したエリアにマークがある。なんなんだ、最初の各エリアという誤情報は。おかげで通勤片道丸々つぶしたやんけ。


2012年6月12日 火曜日

 Diablo3(Win)。ログインしたその瞬間にGenkyou(仮名)にさらわれる。途中しかすけ(仮名)も含め3名で適当にちょろちょろとHellのAct3を進む。


2012年6月13日 水曜日

 戦場のヴァルキュリア2(PSP)はストーリーのミッションが相変わらず飛びぬけて難易度が高い。敵の幹部の侵攻を追い払うというのだが、なにせこいつが実質無敵な上に、一撃で瀕死にしてくる攻撃力の持ち主。攻めてきたらその周辺は撤退するしかない。目的はエリア制圧なので、敵のいないところを押して、いるところは引くというアメーバ戦術しか方法がない。

 しかし引くにしてもユニットが病院送りにされては手詰まりになるので、傷が浅い内、もしくは傷を負う前に撤収しておくことになる。敵もあちこちを転戦してくるので、そんなことをしていたらちっとも押せないことになる。難しい。まあ程よい難しさではあるが。


2012年6月14日 木曜日

 戦場のヴァルキュリア2(PSP)、ストーリーミッションをやっとのことでクリア。やられても即病院送りになるわけではなく、ちゃんと味方で回収してやれば2ターン後にはまた出撃できるため、多少の傷はあえて受けるという思想で、とにかくスピードを求める方向性に。数回敵の攻撃を避けてくれるという僥倖もあって、なんとか占領に成功。

 しかし主人公の育成に失敗し、いつまでもクラスチェンジができないのが困る。必要な単位を得るフリーミッションに出しても、単位取ってこないし。まあ気長にやるか。


2012年6月15日 金曜日

 Diablo3(Win)。Genkyou(仮名)のHell Act2ベリアル討伐を手伝う。しかすけ(仮名)も加わって3,4回目あたりで成功。今まで何度やってもダメだったそうで、やたらと感激してた。まあ確かにここ相当難易度高いしね。


2012年6月16日 土曜日

 Diablo3(Win)。Genkyou(仮名)とHellのAct3終盤を進めるが、雑魚ボスだらけで死にそうな思いばかり。というか死んでる。20回ぐらい。ただ苦労の甲斐あって、出てくる装備がLvの高いものばかりで、特に黄色の鎧が全レジストつきの逸品。

 Yahooモバゲーにブラウザ戦国BASARA(Web)というのを見かける。戦国BASARAはアクションゲームということもあり、プラットフォーム的にも今まで縁がなかったのだが、こうして目に止まるのもまた縁。ちょっとやってみる。なんだか戦国IXA(Web)に似てる。いや似てるというか完全コピーっぽい。即削除。版権元が違うだけで中身が一緒とかありえん。まあこれがブラウザゲーム業界の現状か。こんな業界つぶれてしまえ。

 朝起きてみるとどうにも喉が痛い。体中だるいし、どうやら風邪を召した模様。とりあえず横になるが、四六時中寝ていられるわけでもないので、横になったまま戦場のヴァルキュリア2(PSP)。主人公の単位が足りなかったので、ひたすら同じミッションを繰り返して、ようやく上級偵察兵にすることに成功。


2012年6月17日 日曜日

 風邪がピーク。戦場のヴァルキュリア2(PSP)の戦闘シーンが寝ている間もひたすらリフレインしてうなされる。

 それでもちょこちょこ起きてはザポロージェの日常(Web)をやったりDiablo3(Win)でNightmare難易度に落として終盤で金稼ぎをしたり。むしろ風邪引いてる方が余計な仕事を押し付けられないからのんびりとゲームに専念できる。まあ専念できるほど体力もないのだが。


2012年6月18日 月曜日

 風邪はようやく発汗機能が回復して熱が下がり始め、長いこと眠れるように。

 まだ頭痛は続くし、足元もふらふらしているのだが、仕事的に休みづらい日なので多少の無理を押して出勤。でも電車に乗って戦場のヴァルキュリア2(PSP)をやり始めると、いつのまにか体がシャキっとしてくるこの不思議。


2012年6月19日 火曜日

 Diablo3(Win)。だいぶ風邪から回復してきたので、Genkyou(仮名)がHellを卒業したとの噂を聞いたのに刺激され、久しぶりにHell難易度を再開。だが、雑魚敵相手にぼろぼろ殺されるこの現状に、どうあがいてもソロじゃ先に進めない現実を思い知る。そういやわしアクションとても苦手だったのよね。Lv60に育てきった時点で、張り詰めていた気力が緩んでしまって、この先進めるだけのモチベーションがどうも保てない。マゾいゲームが嫌いではないとは言っても、それはいつか勝てるという確信があっての話であり、アクションゲームに限っては永遠に勝てない気がするのでやる気が減少しやすい。むしろここまでよく続いた方。

 逃避がてら戦場のヴァルキュリア2(PSP)。6月のストーリーミッションは、反乱軍の長女が相手。他エリアに榴弾砲を打ち込むような重戦車で手ごわいっちゃ手ごわいが、路地から歩兵で背後を取って対戦車砲を連発すると撃破できた。無敵だった長男に比べればどってことはない。幕間のアニメーションでは立場逆なんだけどな、この兄妹。

 昨日無理やり出勤して伏線を張ってきたので、それを生かすべく今日は休暇。ゆっくり体を休めつつ、ブラウザゲームに励む。戦場のヴァルキュリアDUEL(Web)なるものが本日テスト開始と聞いて、最近原作デビューした身としてはタイムリーなのでやってみる。中身はキャラカード集め自動戦闘、2陣営陣取り、資源生産、という極めてオーソドックスというかスカスカなブラウザゲーム。またひとつ版権が汚された感じか。


2012年6月20日 水曜日

 火曜夜はDiablo3(Win)はメンテなので、昨日の戦場のヴァルキュリアDUEL(Web)を起動してみたところ、緊急メンテとか。仕方ないのでザポロージェの日常(Web)をぼちぼちやりつつ早寝。


2012年6月21日 木曜日

 Diablo3(Win)はこのままだとジリ貧でプレイしなくなりそうなので、使うとゲームが簡単になりすぎると評判のオークションハウスを活用。武器と一番へぼい防具を1つずつ購入。ソロだとクマとかの出が遅い攻撃は命取りになるので、主兵器を出が早いカエルの雨に変更。そしてカエル強化の性能をもった武器を検索し、安めに購入することに成功。装備したらDPSが2倍に上がった。ありえん。試しに少しソロしてみたら、拍子抜けするぐらいHellが簡単に進めるように。なるほど、装備の問題か。


2012年6月22日 金曜日

 Diablo3(Win)。装備を改善したので、そのままHell Act3を走る。終盤まできていたので、クモ女とActボスを倒して、Act4入り。多少死にはするが、もう少しうまくやりゃなんとかなりそう、という光明の見える死亡なのでまだやる気が続く。どうにか投げ出す前に士気の維持に成功した模様。


2012年6月23日 土曜日

 Diablo3(Win)。ソロでどこまでいけるかと考えていたら、Genkyou(仮名)がやってきてくれたので、援護のもとラスボスのDiabloまで一気に。もう眠くてしょうがなかったのでワンバトルだけ、という話で進んだが、3回死んでも毎度Genkyou(仮名)が蘇生してくれて、なんと一回で撃破。これでHell難易度も卒業。ついに最高難易度で泣くほどつらいというInferno突入である。まあこれこそ続かない気はするが、最悪装備全部オークション購入すりゃなんとかなるんじゃなかろうか。


2012年6月24日 日曜日

 戦場のヴァルキュリア2(PSP)。8月のストーリーミッションは防衛戦。フリーミッションの防衛戦は、大抵逆侵攻してやって殲滅させてS評価をもらえるおいしいタイプなのだが、今回はなにせV2が大挙して押し寄せるので、本気で防衛に回らざるを得ない。戦車をフル回転させれば撃退自体はなんとかなるが、ボスのディルクがどうにもならない。戦車でも向かい合うと応射を受けただけで大破してしまった。言わんや歩兵では瞬殺。初期配置で主人公がボスエリアにいるのだが、こんなの秒で撤退。

 今回ボスはエリアを越えてこないので、ボスエリアだけを残して残りを制圧し続けて8ターンを待つ。たったこれだけのことでも10回ぐらいやり直しを迫られる。ちょっと調子に乗って本拠地を空けると、援軍が発生して2回行動して一気に占拠とかやられるので、防衛部隊を置かざるを得ない。なんとか8ターン生き延びたら、ストーリーがやっと進む。結局学校は壊滅するわ、首都壊滅して反乱軍が国を占領しましたとか、バッドエンドかと思うくらいの展開。ここからどう持っていくんだこのゲーム。

 一方、ブラウザゲームの戦場のヴァルキュリアD(Web)は、明日までテスト期間。村ゲー好きなので内政部分はちょっとプレイしてしまうが、戦闘は実にどうでもいい。数字だけ出してくれれば瞬間に終わるのだが、毎回アニメーションを読み込むために数秒のロードを強いられる。どうせすぐ結果表示ボタンを押すのに。それでいて戦闘は何十回、何百回という単位で続けないと意味のある戦果にならないので、続けるのが非常に苦痛。資源だけ味方に送り続ける補給部隊になりたい。

 ついでにバグがまだ残っていて、戦闘しようとすると原因不明エラーでログインし直しからやらされるのもあって、ますます戦闘がかったるい。明日までテストってことは、どうせすぐ正式版とか言い出すんだろう。げんなり。戦闘で勝っても資源とか課金ポイントがもらえるだけで、これでまた武将カードを買ってという底の浅いエンドレス。普通に考えてこんな品質のゲームに金を出す奴がいるとは思えないのだが、どこも似たり寄ったりなのでそこそこ売れるんだろうという、なんとも嘆かわしいゲーム業界の地盤沈下。


2012年6月25日 月曜日

 Diablo3(Win)、難易度Infernoでどこまでいけるか試してみる。雑魚からしてすさまじく攻撃力が高い。最初のゾンビにかすっただけで瀕死とかどういうこっちゃねん。これはきつい。まともに装備整えないと戦えない気がする。


2012年6月26日 火曜日

 戦場のヴァルキュリアD(Web)で刺激され、無性に拡大再生産な村ゲーをやりたくなってきた。何か最近のおすすめはないかとWebで探してみるが、どうも下火らしくていまひとついいのがない。今更Travian(Web)に戻るのもちょっとつらいし。どうせ大して長続きしないから、数日間拡大再生産気分を味わいたいだけなんだが。

 Diablo3(Win)はとりあえずオークションハウスで一番貧弱な指輪を探すが、どうも指輪は相場が高いらしく、1万G未満ではなかなか見つからない。仕方ないので手袋を探したら、実にあっさりと落札。しかも予備で2つ入札したら2つとも。まあ片方は誰かにプレゼントしよう。


2012年6月27日 水曜日

 帰りにボードゲーム屋2軒に寄る。中古屋の方はぽちょむきんすたー(仮名)に頼まれた作品を買いに。幸い置いてあったが、中身を見せてもらうまで何のテーマかも知らなかった。どうやら古い株式売買ゲームらしい。

 新品の方は、6月限定300円割引券があるのでこれを使う目的で、1000円程度の何か適当な作品を求めてうろうろと。現品限り大安売りコーナーがあったので、ここでマクロバー(ボード)というのを1000円で購入。割引で700円。しかし帰宅してWebで調べたら悪評だらけ。うわしくじった。一度プレイしたら中古屋に売りさばくか。


2012年6月28日 木曜日

 ブラウザゲームを求めてWebをぶらぶらと。どれもピンとこないので、昔βをやったキングダムサーガ(Web)に手を出してみる。当時は人が多すぎてサーバが重かったのだが、いまや過疎となっているようなのでその懸念もなかろうという動機。プレイしてみるが、序盤は建築時間が数分と短いくせに、建設キューが建物1種類と農地1種類しか入らないため、張り付いてないといけない。早くもめんどくせえなあという思いが。


2012年6月29日 金曜日

 キングダムサーガ(Web)を不満ながら続きをやろうとかと起動したら、データがなかったことになっていて新規プレイ扱いされる。メンテ明けの障害っぽいが、話にならないので縁がなかったということで打ち切り。他になんか面白いのないかのう。

 戦場のヴァルキュリア2(PSP)は10月ともなるとだいぶフリーミッションも難しくなってきた。敵のV2は供給車両を倒すと弱体化するのだが、その供給車両はまだ強いV2の前をくぐり抜けないと倒せないという矛盾。移動力のある主人公を使っても、銃では供給車両は倒せないので、対戦車兵でないと意味がない。結局、ミッションの目的に関係のない部分はなんとかやり過ごして先に進むという回避策でなんとかしたが、実は10月のストーリーミッションは、例の無敵将軍を倒せという強烈に難しそうな話なので、その前にできるだけ強化しておきたいところ。


2012年6月30日 土曜日

 村ゲーを求めてぶらぶら。そういやわし国産や韓国製より洋風が好みだったっけ。海外サイトをぶらついて、Settlers Online(Web)というのを発見。ああこれだよこれ。こういうのがやりたかったのよ。木こりが木を切って製材所で丸太を材木にして。ちまちまと加工しながらツリーが広がっていく。これだよこれ。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット