ゲーマー日記 2012年11月分


最近の日記に戻る

2012年11月1日 木曜日

 あまりにやるものがないので、アメリカのサイトとかを巡って、ケーキマニア(Web)のようなタイプのタイムマネジメントと呼ばれるジャンルを適当にピックアップするが、所詮30分ももたないような駄作ばかり。客の注文する複雑なハンバーガーを作るPapa's Burger(Web)がちょっと楽しかったかも。


2012年11月2日 金曜日

 あまりにやるものがないので、スクウェアエニックスのブレイブリーデフォルト(Web)なるブラウザゲームのオープンβに入ってみる。どんなゲームかも知らずに入ったが、ターン制RPGだった。どうやら3DSでも最近出したばかりの作品で、そんな短期間にブラウザゲームにも展開するとは珍しい。が、中身は何も珍しくない普通のRPGっぽい。まあ暇つぶし程度にはなるので、もう少しやってみるか。

 タクティクスオウガ運命の輪(PSP)、鍛錬の結果、主力はLv17に上昇。新兵どもはまだ頼りないのだが、Lv17なら無法者の港町もどうにかなるのでは、と試してみる。結果、怪我人多数で戦利品もろくに取れなかったものの、なんとか死者なしでボスを倒すことには成功。まあこれでよしとしよう。これでやっとストーリーを先に進められる。

 帰り際、とある中古ボードゲームショップに寄る。次女と2人で遊ぶケースが増えてきたので、2人プレイに向くゲームという観点で店長にアドバイスを求める。こういうシチュエーションに応じて相談に乗ってくれるところが助かる。しかも現物の内容を見ながら。ドミニオン(カード)タイプでアセンション(カード)とか、いくつか推薦してもらったが、女の子ゆえに戦うものはあまり好きではないので、パレロワイヤル(ボード)という貴族集めゲームに落ち着く。2人から4人までのワーカープレースメントタイプのゲーム。普通に4人プレイでも楽しめるし、2人でも十分楽しめるというので3000円で購入。


2012年11月3日 土曜日

 ブレイブリーデフォルト(Web)。行動力制を取ってるので、うかつに経験稼ぎなぞしてるとその日はそれでおしまい、となるのが悲しい。そしてキャラも別途行動力があって、回復にはアイテムかLvUPが必要なので、LvUPの機会はなるべくとっといた方がいいっぽい。しかしLvUPを控えてると敵にやられて結局無駄な行動力を使う羽目に、といういつものエリクサー症候群の症状。キャラの職業は転職アイテムを装備すれば変更できるのだが、なんぼクジを引いても8割方ナイトしか出てこないのが困る。もうちょっと多様性を楽しみたいのだが。

 日中、早速購入したばかりのパレロワイヤル(ボード)をプレイすることに。長女が最近あまりボードゲームをやりたがらないということで2人プレイを想定して買ったにも関わらず、長女も初見ならやってみると興味を示してきたので3人プレイ。ワーカーを配置する9箇所のエリアは、ランダムでタイルを並べて作るので毎回展開が変わるらしい。今回は紫の紋章と特殊カードのエリアが遠かった。紫は貴族を確保するための必須アイテムなので、必然的に特殊カードが無視されることに。

 スタートプレイヤーの次女は同点時の勝利を重視して枢機卿に2名も置いたり、初手の貴族を移動力と勘違いして雇用プラスを取ってしまったりで脱落気味。移動力を重視した長女が序盤からじわじわと優位を取り、パパがそれを追いかける。外周争いよりも貴族の得点を重視したつもりだったが、それ以上に得点の高い貴族を集めていた長女が、終わってみたら僅差でトップだった。正直侮っていた。実は結構悔しい。これはなかなかいいゲームである。買ってよかった。


2012年11月4日 日曜日

 Settlers Online(Web)でHam(仮名)と2人でStealingfromtheRichマップをさくっとクリア。2人だと回転が速くていい。ハロウィーンイベントで入手した人口増加建物の2つ目を建設し、これで日産120名に。冒険後の回復が早くなるのは助かる。できればもうひとつ欲しいので、市場で安いカボチャを買い漁り、ギルドメンバーにも余ったのを1個5ゴールドで買取る旨を通達。

 ブレイブリーデフォルト(Web)はほとんどファイナルファンタジー(PS)みたいなもの。エリアを進んでターン制戦闘を繰り返すだけ。敵の強さが急激に上がるので、そろそろ勝てなくなってきた。この辺から課金が必要になるバランスなんだろうか。とりあえずまだプレイしてるが、対人コンテンツの戦場とやらはまったく面白くないので、もう数日したらやめそうな感じ。

 暇つぶしに始めたタイムマネジメントゲームのPapa's Freezeria(Web)が案外面白くて、ついつい続けてしまう。客の注文する複雑なパフェをその通りちゃんと作り上げるゲーム。当然客は複数やってくるので、忙しさにてんてこ舞いになるが、それをさばいたときの快感を手軽に味わうには丁度いい難易度。どっちかというと子供向けだが。

 2年ほど使っていたHPのプリンタが、しばらく放置してたのを久しぶりにコピー機代わりに使おうとしたら、画質の劣化が激しく、仕方ないのでヘッドクリーニングしたらインクが全色足りないと警告が出る。紙送りもダメになってるし、もはや潮時ということで買い換えることにする。

 さりとてどのメーカーにするかというとこれが悩ましい。昔から色々試しているが、その経験から言えばCanonは紙送りが下手で何枚も巻き込むクセがあり、Epsonに至ってはそれこそヘッドクリーニング地獄で新品のインクを半減させるほど使う。HPは機能的にはまあまあだったが、買い換えたら全般的に劣化して両者の欠点をほどほどに併せ持つ中間点に収まり、かつインクが高価なのは変わらず。結局一番マシなのはCanonということか。


2012年11月5日 月曜日

 Settlers Online(Web)は回復モード。ブレイブリーデフォルト(Web)はオープンβだけに行動力回復アイテムがどっさりもらえるのだが、それを使ってまで繰り返し戦闘するほど面白くもないので、行動力がなくなったら素直に休んでる。朝晩やる程度。

 プリンタは年賀状印刷とコピー機代わりになりさえすればいいので、安価なCanonのMG3230に決定。8500円程度。プリンタもずいぶん安くなったのう。


2012年11月6日 火曜日

 Settlers Online(Web)の合間にブレイブリーデフォルト(Web)。

2012年11月7日 水曜日

 ディヴァイン・グリモワール(Web)は実はログインをやめてはいない。デイリークエストを全部やってると結構時間を食うので、収入だけ得たら終わりにしてる。が、今回のイベントでもらえるカードがそれなりに強そうなので、カード1枚が取れる程度には細々とがんばろうかという気に。

 しかしこれを再開すると、Settlers Online(Web)、ブレイブリーデフォルト(Web)、ロードオブナイツ(Web)と並行させるのは時間的に厳しい。


2012年11月8日 木曜日

 ロードオブナイツ(Web)は、先にプレイしていたジウ(仮名)にやっと人口で追いつき、ランキングでデッドヒートを繰り広げていたのが楽しみだったのだが、今日見たら近辺にいないからどうしたのかと思ったら、検索しても出てこない。逃げたか。ちなみに盟主業はなにもやってない。新規加盟だけ無条件にOKしてるが。そして誰からも何も言われない。だめだなこのギルド。

 Settlers Online(Web)の人口が回復。カボチャイベントで人口増加施設を3つ作ったので、通常1日96人のところが132人にまで強化された。これで冒険を頻繁に回せる。今回はHorsebackという初めてのマップ。難易度は☆2つと低いはずなのだが、敵の配置がいやらしい。何も考えずに突っ込んでりゃ良かった今までのマップと違って、ちょこちょこ進路妨害に遭うため、兵舎の設置場所を調整する必要がある。


2012年11月9日 金曜日

 Settlers Online(Web)、Horsebackマップで苦戦。攻略法によるとパスできるはずの敵拠点にどうしてもつかまる。このゲーム、進路が直線ではなく適当にカーブさせられるため、考えても分からないから試行錯誤の必要がある。で、どうルート取りをしても引っかかるので、囮作戦を行ってみることに。敵拠点に突っ込んでる間は妨害されないのを利用する。が、敗北が決定すると妨害が復活するので、数秒しか持たないことが判明。そんなシビアなタイミングで通過できるはずもなく、作戦失敗。結局余計な戦力を使って叩き潰すことに。


2012年11月10日 土曜日

 1泊旅行に出かけるため、Settlers Online(Web)のHorsebackマップを終わらせておく。丸一日以上ブラウザゲームにログインしないと色々な問題があるのだが、まあ仕方あるまい。

 旅行先では夜眠れないときにタクティクスオウガ運命の輪(PSP)が重宝する。やっと敵暗黒騎士団員の引き抜きイベントに成功し、ストーリーを先に進められる。が、いいところでPSPの電池切れ。3時間程度しか持たないのは携帯ゲーム機としていかがなものか。


2012年11月11日 日曜日

 旅行から帰宅。夕方になってしまったため、Settlers Online(Web)の連続ログイン報酬が危ぶまれたが、問題なくクリア。しかし一方で帰宅時には終わっているはずの探索部隊が戻ってこないので、なにか数時間ほどサーバトラブルでもあったのかもしれない。


2012年11月12日 月曜日

 現在プレイしているのは、主力のSettlers Online(Web)のほかには、ロードオブナイツ(Web)、ディヴァイン・グリモワール(Web)、ブレイブリーデフォルト(Web)の計4本。しかし主力以外はほとんどやる気がなく、すぐにでもやめることが可能。ブレイブリーデフォルト(Web)はRPGなのだがストーリーがないに等しく、しかも対人コンテンツがメインなのでまったくどうでもいい。


2012年11月13日 火曜日

 Settlers Online(Web)は回復が早いので、そろそろ冒険のしどきだが、Ham(仮名)がタイミングが合わずまだ回復中だと言うし、土日休めなかったせいで眠いので、家を増やして人口上限を上げて先延ばし。


2012年11月14日 水曜日

 Settlers Online(Web)。冒険に出発。と言っても二人用の軽いマップ、DarkPriestsだが。こんなんじゃダメージが少なくて、週末を待たずにまた回復してしまう。

 休暇を取るが、日中じっくり遊ぶものも特になく、ぼちぼちSettlers Online(Web)。なんかこうがっつりやるものないかのう。


2012年11月15日 木曜日

 Settlers Online(Web)。


2012年11月16日 金曜日

 Settlers Online(Web)。ダメージが回復したのでまた冒険に出発。初めてHam(仮名)がマップを提供してくれる。またDarkPriestsだけど。2人がかりだとあっさりと終わってしまう。しかしこのマップは被害が少なく、収支が黒字で済む貴重なマップでもある。


2012年11月17日 土曜日

 日中は久々のボードゲーム会。今回はいつもの4名に加えて、明日のゲームマーケット目当てで上京した鴉(仮名)も入って5人。着くといきなりエアロプレーン(ボード)のインストをさせられる。マニュアルの印刷を頼まれていたので、会社でこっそり印刷しておいたのを渡すつもりが、今すぐ読めとか、事前に読んでおけとかさんざんな言われよう。

 ワレス作品なので借金ゲームかと思いきや、意外とそうでもなかった。アクション選択による陣取りが基本だが、VPに絡むのはそれ以外に乗客運搬実績もあり、主にヨーロッパ作戦とアジア・アフリカ方面作戦に分かれる感じ。

 みほ(仮名)がしょっぱなから特殊タイルのうちエースパイロットを抱える作戦に出て、おのずと航路開拓によるアジア・アフリカ方面作戦狙いと判明。ぽちょむきんすたー(仮名)・伊政(仮名)による激しいヨーロッパ陣取りと乗客争奪についていけず、仕方なく鴉(仮名)とアジア・アフリカに進出していく。

 航路開拓はダイスゲームなので、ここで運の差がもろに出る。パイロットを抱えて補正がたっぷりと利くはずなのに、それすら使わずさくさく進むみほ(仮名)と、補正するパイロットも金もないのに無謀にも突撃してドクロダイス3個で墜落事故する鴉(仮名)。そして出目の悪さを金でカバーする我が社と、三者三様。一方でヨーロッパは伊政(仮名)が突っ走り、時代2までは伊政(仮名)がトップ。

 これではいかんと最後の時代3でみほ(仮名)がいつものようにお仕事開始。ヨーロッパの伊政(仮名)社空港を次々とつぶしていき、一気に逆転を狙う。鴉(仮名)や我が社は全然勝負に絡んでないとターゲットにならない。が、実は飛行機や乗客によるシークレットVPをこつこつ貯めている我が社にとっては望ましい展開。乗客争奪は興味がないのだが、それ以上に興味がないみほ(仮名)と鴉(仮名)がいるので、マイナス点ながら3位に食い込んで得点を稼ぎ、集計してみるとシークレット分でトップ同点に追いつく。そして同点の場合は金の差ということで、僅差ながら3対1で勝利。久々の死んだフリ作戦大成功。あまりスマートな勝ち方ではないが、これはこれで快感。
<結果>
1位皇帝36(金3)
2位伊政(仮名)36(金1)
3位ぽちょむきんすたー(仮名)30
4位みほ(仮名)24
ドベ鴉(仮名)14

 次はまた同じワレスデザインの白蓮(ボード)。最大6名まで、というかなるべく人数が多い方がお勧めというマルチゲーム。中国大陸の陣取りで、影響カードを使って戦う辺りがタージマハール(ボード)を彷彿とさせるが、特徴的なのは予選の存在。複数プレイヤーによる争奪の場合、まず攻撃対象のプレイヤーと影響カードを同時にプロットする。これにより一番被ダメージが多いプレイヤーが脱落。人数が減ったところで、再度またプロット。同じ手法で最後の1人になってやっと勝利する。

 そしてもうひとつ特徴なのが皇帝職の存在。ハンドル名とかぶっていて非常にやりにくいのだが、要するに親番。同点の場合は親が勝者を指名する。また戦場の解決順も親が指定する。また親にはデフォルトでVP1が毎ターン入るなど、数々の特典を持つ。その代わり、毎ターン反乱の可能性があり、反乱に敗北すると領土を奪われるリスクを抱える。

 反乱は、領土の中に村を多く持つものがリーダーとして立ち上がるのだが、その筆頭候補は鴉(仮名)。しかしこいつがいまひとつ話が分かっておらず、立ち上がるべきときには立ち上がらないので、仕方なく次点というか領土1つのうちが蜂起して敗北、領土をすべて失う。そして次のターンでは鴉(仮名)は宮殿を取ることで次期皇帝を伺えるのに、皇帝にはなりたくないとか意味の分からないことをぬかして参戦したがらない。蜂起もしないなら一体何がしたいねん。

 そんな駄々をこねつつも、勝負は親番を奪い合う伊政(仮名)と鴉(仮名)のどちらかに絞られる。領土数の少ない我々としては、なるべく両者を削る方向に行きたいのだが、ぽちょむきんすたー(仮名)との競争で、予選は相手になるべく仕事をさせたり、それでいて決勝は全力勝負で消耗がない分だけ僅差で勝ったりと、下々のくだらない争いをしている間に伊政(仮名)が圧勝。面白いと言えば面白いが、根がケチなので節約したことに喜びを求めてしまい、全く勝てる気がしないタイプのゲーム。あと役職名がハンドル名とかぶるんでめんどくさい。
<結果>
1位伊政(仮名)21
2位鴉(仮名)12
3位ぽちょむきんすたー(仮名)11
4位みほ(仮名)10
ドベ皇帝9

 重いのを2つやって夜になったので、あとは軽いものをやって流す。みほ(仮名)宅コレクションを漁って、PIT(カード)をプレイ。アクションゲームで、リアルタイムで他人とトレードをして、一番早く手札9枚が同じものに揃えてベルを鳴らした人の勝ち。1-2回やれば十分なタイプのゲームなのだが、勝利点の累積が目標に届くまでやるのでなかなかかったるい。本来500点を250点に切り下げたのだが、それでもかったるい。みほ(仮名)がダントツ勝利。
<結果>
1位みほ(仮名)310
2位皇帝40
3位伊政(仮名)5
4位ぽちょむきんすたー(仮名)▲20
ドベ鴉(仮名)▲40

 最後にゲシェンクト(カード)。あまりに久しぶりなんですっかりルールを忘れていたが、うまいこと立ち回ってマイナスカードの取得を5枚ほどつなげて1枚分に集約することに成功。
<結果>
1位皇帝▲7
2位伊政(仮名)▲22
3位みほ(仮名)▲30
3位ぽちょむきんすたー(仮名)▲30
ドベ鴉(仮名)▲70

 今日もがっつり充実した一日であった。エアロプレーンが一番の収穫ではあったが、それでもワレス作品同士で比べるとブラス(ボード)の方が好み。あまり好きではないオートモービル(ボード)の方に近い感じ。白蓮はガチンコのマルチとして悪くはないのだが、テーマ性が薄すぎてちょっと。進んでやりたい作品ではないかな。

 なお帰りは台風かと見紛うほどのひどい風雨。5人で駅の方まで夕食をとりに出たはずが、宿泊組を含めた3名はコンビニで回れ右。伊政(仮名)とずぶ濡れになりながら、駅ビルで夕食。オンラインゲームの未来を憂いながらディヴァイン・グリモワール(Web)の話題など。仲間内では一番のヘビーゲーマーであるはずの伊政(仮名)ですら、最近あまりゲームをやらなくなっていると言う。もはや友人とゲームをやるのはあきらめ、ゲームをやる友人を新たに作るアプローチが必要なのか。まあ長女と次女という、とても若い友人がいるにはいますが。


2012年11月18日 日曜日

 伊政(仮名)に薦められた大戦略WEB(Web)を、気が進まないながらやってはみるが、やはり予感は正しく、まったく肌に合わないのでチュートリアルの途中で投げ出す。

 昨日鴉(仮名)から借り受けたゲームを目ざとく子供たちが見つけ、早速プレイすることに。まずはもっとホイップを(カード)から。ケーキ型のカードが実にうまくできていて、11枚で丁度円を描くのは見事。まあそれだけなんだが。食べればホイップ数分の得点に、取っておけば最後の最多数争いで勝てば得点になるというカードゲーム。長女とパパが同点勝利。次女は最多数争いに勝てる分だけ残して食べておけば、1点差で勝てたのを見落としてドベ。惜しい。

 次に本命のアグリコラ(ボード)。以前1回プレイしたことがあるはずなのだが、それにしてもルールが難解。公式のルールブックがついてなくて、代わりにA4のサマリーがついていたが、初回なので簡単なファミリールールでやろうとするがどれをどう使えばいいのか、理解に非常にてこずる。後にネットで探してみたが、分かりやすいルール説明が全然ない。むしろルールに関する質問があふれている。これだけ有名な作品で日本語版も出ているのに、肝心のルール理解が進んでないとは何たる体たらくか。これだからボードゲームは一般人に受け入れられないのだ。

 愚痴はさておき、色々試行錯誤していってなんとかルールを把握。ファミリールールなので、小さい進歩カードも職業カードも使わず。後で見返すといくつかルールミスはあったが、まあ次回修正すればよろし。最初は次女が牧場を作って羊の繁殖に成功し、スタートダッシュに成功したかに見えたが、家族を増やすのを怠り、中盤から後手に回る。長女はとにかくケチなので、木材を溜め込むだけ溜め込んで、場からの補充分すらなくすほど。さんざん溜め込んだ後で、パパの増築や家族増員を見てから真似をしだしたが、当然ながら手が遅い。

 最初は点数に関する説明は一切せず、終盤になって使い切らない農地は-1点という重要なルールを告げたら、当然ながら子供たちに怒られる。そんなわけで初回参考得点にすぎないが、パパ32点に対し、長女15点で次女19点。長女が相当気に入ったらしく、来週の三連休でリベンジを宣言される。まあ借りてる間に一杯遊んでやるか。正直箱庭やるならSettlers Online(Web)で十分なんだが。


2012年11月19日 月曜日

 Settlers Online(Web)。そろそろ人口が一杯になってきたのでTraitorsマップに出かけることに。攻略法を見ながら行ってるのだが、毎度不思議なことにソルジャー52体を騎兵52体と見間違えて余計な損失を出すミスが直らない。再発防止策として、ペイントで攻略マップに赤丸をつけておく。

 早めに19時半ごろ帰宅すると、子供たちが平日夜にも関わらずアグリコラ(ボード)がやりたいと騒ぐ。いやいやおまえら21時に寝ないといかんだろう。90分ってギリギリだし、第一パパの夕食はどうすんだよ。無茶にも程があると説得してる最中に、次女が自分の仕事の新聞取りを忘れていることが発覚し、罰ゲームとして規定してある就寝時刻前倒しの刑が適用され、いよいよアグリコラ絶望的。あおりを食らった長女涙目。そんなに気に入ったのか。


2012年11月20日 火曜日

 Settlers Online(Web)。Traitorsマップももう4,5回やってるのでだいぶ油断が多い。今日も攻略マップの見る行を間違えて、騎兵180体を無駄に消耗する。これはちょっと痛い。見る行間違えはしょっちゅうやっていて、大抵30分のマップ移動指令の直後に気づいて時間をロスする程度なのだが、これだけの大規模ミスは初めて。要反省。


2012年11月21日 水曜日

 Settlers Online(Web)。Traitorsマップを終わらせる。1000人以上の被害が出るマップなので、回復に1週間ほどかかる。回復中はあまりオペレーションがないので、しばらく暇になるということでもある。


2012年11月22日 木曜日

 Settlers Online(Web)はメンテが長引いているのかログインできないし、ディヴァイン・グリモワール(Web)はもう収入受け取るだけだし、ロードオブナイツ(Web)は内政指示を出したら10時間ぐらいやることないし、ブレイブリーデフォルト(Web)はもうどうでもいいし、困ったことにやるものがない。

 また新たなゲームを求め、Jagged Alliance Online(Web)というのがちょうどオープンβを開始したのを見つける。元は洋物RTSなのを日本語ブラウザ版にしたらしいが、現代の銃撃戦なのでちょっと苦手なタイプ。まあしかし食わず嫌いはいかんと思って、少し手を出してみることに。タイプを選べとか言われても、銃撃戦のタイプはよく分からん。とりあえず魔法使いっぽいスナイパーを選択。

 スナイパーが単身敵地に乗り込むのもいかがなものかと思うが、単身乗り込むシナリオなんだから他にやりようがない。チュートリアルは無事済んだが、果たしてこの先やっていけるのだろうか。ターン制なので、反射神経に自信のない人でも立派にやっていけるのが救い。面白いかと問われると微妙。行動力に類するパラメータがどれか分からないので、その気になれば何面でも進められるんじゃなかろうか。いい意味でブラウザゲームらしからぬ作品。


2012年11月23日 金曜日

 子供たちにせがまれるがまま、アグリコラ(ボード)。次女が宿題で忙しい中、長女が先に2人でやりたがるので、ファミリールールでもう一度。畑を耕すのがかったるいので、今回は酪農で肉焼き作戦。人数が多い方がどう見ても有利なゲームなので、とにかく人を増やすことを最優先。長女はどうやら空き地のマイナスが一番気になるようで、最後にどうやって柵と畑で辻褄を合わせるかだけを考えてる模様。しかし最終ラウンド、がんばって2箇所埋めても2点増えるだけであって、そんなことよりもっと3点とか4点とか増やす方法いくらでもあることを指摘。やっと視界が開けたようだが、時遅し。28対17で圧勝。

 その後次女も加わって3人で再プレイ。さすがにそろそろファミリールールも卒業していい頃だと思うので、職業カードと小さい進歩カードを導入。本来は7枚ずつ配るのだが、14枚も配ってもそれだけでオーバーフローすると思われるため、3枚ずつに抑えておく。なお初期で推奨されているEデッキの一部、という表記が意味不明だったため、調べてみたところ、Eマークがついてるカードには、梱包時点で分かれていたらしいが、当然同じ種類のカードは混ぜるわけで。そして公式エラッタのところに、初期推奨カードの番号一覧が置いてあった。これを見て分けろと?ルール解説がボードの裏面にあることといい、ホビージャパンの人々は狂ってるとしか思えん。

 なんだかんだ言いながら分類し、初期Eデッキの中から3枚ずつ配布。かつ解説してやるために手札オープン。うちに来たので使えそうなのはレンガ受け取り時+2個な人ぐらいか。次女はメイドによりレンガの家にして食料を毎ラウンド受け取るのが気に入ったらしい。長女の手はひどく、使えそうなものが実にない。釣竿が一番ましで、漁をするときに食料収入がプラスされるので、これを早く出せと指南するが、コストの木材1がもったいないと出したがらない。どんだけケチなんだ。

 長女はどうやら家族の重要性が分かってきたようで、14ラウンドの時点で先行して4人家族。うちが3人、次女は分かってないので2人のまま。そして済む部屋がなくても家族を増やせるアクションが登場したので、いよいよ取り合いかというところで次女が習い事のためゲーム中断。人数が多い長女はしかし食料事情が大変なので、点数的には追いつけるんじゃないかと目論む。

 夕食中に、今晩は時間がないので明日までそのままにしといていい、と言ったにも関わらず、長女がその話を聞き逃した上で気を利かせて突然片付け始めてしまい、ノーゲームに。普段気の回らない鈍くさい子のくせに。意味がわからん。


2012年11月24日 土曜日

 子供たちは部屋で子供同士で遊んでるので、平和にPCで遊ぶ。が、Settlers Online(Web)も回復期なので暇だし、先日始めたJagged Alliance Online(Web)は、傭兵がリアル1日で解雇されてしまうのでまた雇うのが億劫でやる気しない。興味のないものに対して、複数の選択肢から選べというのが、歳を取ったせいか非常に億劫に感じる。

 そんなわけでなにかないものかとIRCでHam(仮名)に尋ねると、ローグライクな作品を2つ紹介される。そのうちのひとつ、片道勇者(Win)なる作品をプレイしてみる。画面の左端に行くとゲームオーバーになる、フィールド探索型のRPG。アイディアとしては面白いが、フィールド探索なくせにじっくり探索できないシステムにいらだつ。いまいち。

 そういえば以前、コンビニ店舗でドラゴンネスト(Win)の広告があって、ネットゲームが市民生活の場に出てくるとは時代も変わったものだと思ったものだが、この際どんなゲームかよく知らないのでやってみようとアクセス。ハンゲームにログインして始めるのだが、ダウンロード途中でエラー。どうやら容量の少ないCドライブに自動的にダウンロードされてしまったらしい。しかしドライブ変更する手段がどうにも見つからない。仕方ないので手動でいくつかファイルをダウンロードしてみるが、起動時にいくつか不足ファイルがあると言われ、どうにもならないので削除。縁がなかったらしい。

 結局ものになるようなものは一日かけても見つからず。腹いせにプールに出かける。


2012年11月25日 日曜日

 引き続き遊ぶゲーム探し。なんかこうちょっと俗なものがやりたい。地味なソロゲーはその気になればCD漁れば昔の作品が出てくるんで、にぎやかなMMORPGとかをターゲットに探してみる。ネタ元は4gamerのレビュー高得点とかその辺。Angelic Crest(Win)とか聞いたことのないのが高得点だったのでやってみたが、いかにも韓国製なデフォルメキャラに加えて、メカに乗って戦い始めたので2分で即終了。後で見たら平均点が高いんじゃなくて、たまたま高得点なレビューが1人いたというだけだった。失敗。

 大体どんなゲームか分からずにやるというの何なので、一回Wikiで概要を調べてからの方が傷が小さいことを学ぶ。そうやって2,3のタイトルをWikiチェックでふるい落とし、どうも過去の作品で面白そうなのはチェックしているようで、見落としにはろくなものがないような傾向が見られる。すると最近始まったので見逃してるのがないかという視点で探すしかないか。時空覇王伝(Web)とか明らかにどうでもよさそうな村ゲーをかじってみるが、案の定戦国IXA(Web)のシステム丸コピーだったので、すぐ吐き出す。

 一番評価が高かったC9(Win)は、中身がアクションゲームだから避けてたのだが、評価が高いのならととりあえずやってみることに。クライアントタイプなのでダウンロードが長いが、まあブラウザにこだわるわけでもないのでのんびりと。そして起動してみると、ぐりぐりの3Dアクション。予想通り3D酔いする。魔法使いは自動的に女性キャラにされるのもあって、やる気しない。インタフェース周りは確かに割とまともそうではあるのだが。

 こうやってみると、世にオンラインゲームはあふれているが、好みのゲームってのはほんとに少ないものなのだなあ。夢中になれるようなゲームがある幸せというのを、人はもっと高く評価すべきなんだと思う。

 夕方子供たちにせがまれてアグリコラ(ボード)。今度は職業カードも小さい進歩カードもちゃんと7枚ずつ配るが、解説してやる必要があるのでオープンで。みんな人を増やす重要性が分かってきたようで、少しはゲームになるように。特に長女はいちいちこっちのやりたいアクションを直前に選ぶようになってきた。しかしカードを万全に生かすパパと違い、動物を取っては即焼きする長女、小麦を取っては即パン焼きする次女と生きるのに精一杯で、まだ得点を意識するには及ばない様子。

 ほら吹きという、進歩カードの数でボーナスが入る職業カードもあって、パパは39点と過去最高点。長女24点、次女19点とまだ勝負にはならず。まだカードが生かせないので7枚配るのはちょっと早いか。しかしえらく気に入ってるので、持ち主の鴉(仮名)に貸し出し期間を1ヶ月から半年に延長せざるを得なくなる。その頃にはさすがに飽きてるだろう。それまでに何回プレイしないといかんのだろうか。


2012年11月26日 月曜日

 子供たちが夕食後も何か軽くやりたいというので、街コロ(ボード)につきあう。いつも通り、パン屋とコンビニで自ターンの50%をカバーする作戦。しかしこの50%が序盤全然当たらず、むしろ子供たちの森林作戦の方がましに見える有様。ただ誰もサイコロ2個に移行しないまま、やがてパパの50%が火を噴き出し、振り直しを取っても使う間もなくあっという間に4枚揃えて圧勝。引き続き2位決定戦は長女が制する。勝っても何もうれしくないのでダイスゲームは好きではないのだが。


2012年11月27日 火曜日

 Settlers Online(Web)も休養中で大してやることがないので早寝。


2012年11月28日 水曜日

 Settlers Online(Web)の休養が終わり、そろそろ冒険のタイミングに。今までやったことのないTheIslandOfThePiratesというマップが手に入ったので、今回はこれをやってみることに。丁度クエストでも、このマップを雑兵500人以下の損害でクリアすることというのがあったし。

 しかし調べてみると、標準で雑兵610名の損害が出るマップらしく、これを500以下ってのはかなり厳しい。ひょっとして高い剣兵を代わりに犠牲にしろってことか。鋼剣は生産を怠っているため、剣兵は自力では作れない。しょうがないのでマーケットで安いのを調達してきて増やしてみる。


2012年11月29日 木曜日

 なんだか体調が優れないので早寝。


2012年11月30日 金曜日

 Settlers Online(Web)のTheIslandOfThePiratesマップを終わらせる。損害を雑兵500人以下に抑えるのはやっぱりダメだった。囮戦術とか駆使しないと無理かも。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット