ゲーマー日記 2013年3月分


最近の日記に戻る

2013年3月1日 金曜日

 さすがに連日22時だときついので、チームメンバーと交代で早番と遅番を作る。先に早番を取って、翌日遅番だと実質1日分の休暇っぽいことになる。そんな貴重な擬似休暇は、Travian(Web)にでも費やそうかと思ったら、体力回復のための睡眠に大半を取られることになる。


2013年3月2日 土曜日

 プロジェクトの遅れを取り戻すために、土日も休日出勤。チームメンバーと交代で1日ずつ。日曜はひょっとして土曜の進捗次第では要らないかと取ってみたが、スケジュールを組んでみたらどう転んでも必須な模様。

 とりあえず休みの日ぐらいTravian(Web)。地道に農耕しながら、ふと同盟のイベントを見ていたら、トッププレイヤーが脱退しているのを発見。どうにもならない農耕同盟の、数少ない軍事力が抜けてどう戦うんだよ。IRCで同盟幹部を問い詰めたところ、近所の他同盟にカタパルトを打ち込んだところ、抗議が来たので盟主が自粛を求めたらキレてやめたらしい。

 そこだけ聞くと、まあカタパルト撃つ方に問題があると思えるのだが、その後の盟主は、その抗議が来た同盟との外交関係をどうするかというアンケートを始めた。え?トッププレイヤーを失ってまで得た友好関係を捨てる選択肢があるの?どうせ辞められてしまったなら、それを最大限生かそうとかそういう合理的思考はしないのか。なんだかこの同盟も先行き暗い。


2013年3月3日 日曜日

 休日出勤。休日はPCを覗き込まれる危険性が少ないので、ちょこちょことTravian(Web)。脱退したトッププレイヤーに、とりあえずご機嫌伺いメールを出してみたところ、前から不満が貯まっていたところに、事なかれ主義の自粛指令が来たところで鬱憤が爆発した模様。ずっと考えていたことなのでもう戻ることはないとのこと。まあ脱退って大体そう言う話だよね。説得されてほいほい戻るような奴はそもそも脱退という行動に出ない気が。


2013年3月4日 月曜日

 激務の合間にもTravian(Web)。脱退したトッププレイヤーは、よりによってサーバ最強同盟に転籍した模様。そして、転籍の挨拶がてら、こっちにこないかという勧誘メールが届く。んー心が揺れる。ここの農耕同盟もうだめっぽいしなあ。そして現在その最強同盟に狙われているともっぱらの噂。先に投降すっか。


2013年3月5日 火曜日

 激務のため日中隙を見てTravian(Web)をやる暇もほとんどない。折角ノートPCを持って席を離れても違和感がない状況になったというのに。


2013年3月6日 水曜日

 ゲームをやってる暇がほとんどない。帰宅して寝るしかないので、夕食もとらない生活に。


2013年3月7日 木曜日

 さすがにこんな生活を続けていたら倒れるので、休暇を取ろうかと思ったが、日程的に丸一日休む余裕もないので、午前中だけちょっと寝てから出勤。もちろんTravian(Web)もちょこっとやってから出勤。


2013年3月8日 金曜日

 出張前日なので久々に早めに帰宅。心残りのないようにじっくりとTravian(Web)をやっておく。6村目を作成。


2013年3月9日 土曜日

 本日から数日間出張。新幹線の中でノートPCを取り出してTravian(Web)。案外出張中の方がじっくりとできるんじゃなかろうか。

 在来線に乗ってる間はタクティクスオウガ運命の輪(PSP)。全員ウォリアーで育成中。Lv46まできた。Lv50が上限なので、そろそろ次の職を考えないと。しかしこれ延々とやってるとさすがに飽きてくるので、その前にまだ終わらせてないNルートいくか。


2013年3月10日 日曜日

 出張中はホテルでやることがないのでTravian(Web)が結構進む。もっとも日中は仕事中に隙があればと思ったらまったくなかった。9時22時勤務で昼休憩する暇もないとか、今までの人生で考えられないのだが。当然この時間だと夕食をとる暇もないし、また仕事場近隣に店もろくにないので、コンビニ弁当。


2013年3月11日 月曜日

 夜はホテルの狭い部屋でコンビニ弁当を食べながらTravian(Web)。そして朝から晩までみっちりと仕事。本当は今日で出張が終わって帰るはずだったのだが、新幹線の終電まで間に合わなかったので追加でもう一泊。そろそろ体のあちこちにガタがきてるし、心もまた同様。帰ったら何日休んでやろうかというシミュレートばかりしてる。

 仕事中にちょっとだけTravian(Web)にアクセスしたところ、サーバ最強同盟の盟主から勧誘メールがきてた。先日移籍した元同僚からの紹介なんだろうか。目をつけられるほど目立つ行動を取った覚えはないのだが。すぐ移籍するほどの状況ではないし、さりとて今の同盟が最後まで生き延びる可能性もあまり高くはないと思われるので、後日のために顔つなぎだけしておいて丁重にお断りしておく。


2013年3月12日 火曜日

 やっと出張終了。残務を片付けて午前中で帰るつもりが、結局夕方までかかって帰宅したのは21時。帰りの新幹線は疲れてゲームをやる体力があまりなく、1時間寝ては起きてTravian(Web)というペース。


2013年3月13日 水曜日

 さすがにこの連日のハードワークで体が参ってたので、意を決してさぼることにする。1日休む分には誰も文句を言わないだろう。問題はこの後何日休むかで、今後の人生シナリオが分岐してしまうところにある。すぐ戻れば社畜コースに、数日休めば嫌味を延々と言われて左遷コース、数ヶ月休めばクビか飼い殺しコース。

 まあどうするかは明日考えればいい話なので、今日はゆっくりと休むことに専念。Travian(Web)と出張中あまり触れなかったコールオブゴッド(Web)をみっちりと。まあ疲れがたまってほとんど昼寝ばかりしてたが。


2013年3月14日 木曜日

 結局普通に出社して社畜コースを選択。1日休んだぐらいでは業務にはほとんど穴も開いておらず、全く人生の岐路ではなかった模様。そして翌日休むためにまた遅くまで資料作りを強いられ、しかも大して精神ダメージも受けなくなってきて、段々慣れてきてしまってるらしい。人間の適応力とは真に偉大である。

 そんなさなか、Travian(Web)はちょこちょこと。日中も結構プレイしているのだが、いかんせん総プレイ時間が短すぎて順位は60位近くまで落ちてきた。まあこの状況で順位上がるわけもないが。


2013年3月15日 金曜日

 以前から宣言していたのでこの日は休暇。深夜に帰宅しても、休暇前ならゲームができる。と思いきや、風呂の中で爆睡して気づいたら3時になってた。

 日中やっとゆっくりTravian(Web)とコールオブゴッド(Web)をプレイする時間を確保できた。


2013年3月16日 土曜日

 TVチャンネル権の関係で、深夜から久々にアストロノーカ(PS)を再開。今回はセーブ技なし、バブー対策もガチンコ縛りなのできついったらありゃしない。夏ごろになると得意の桂馬ジャンプ+扇風機がそろそろ破られそうなので、資金に余裕もできてきたし落とし穴で当面お茶を濁すか、と作戦を変更。すると序盤で数回しか使ってないはずの落とし穴を、ひょいとジャンプされてしまい、あっさりと正面突破。しかも2匹。手塩にかけて育てた甘味が上限に近くなっていた透明キャベツを全部食われてショック。ガチンコ勝負たまらん。


2013年3月17日 日曜日

 朝から晩まで、時折昼寝も交えつつTravian(Web)とコールオブゴッド(Web)。やはりこれがゲーマーの休日というものである。


2013年3月18日 月曜日

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)。どちらも平和なゲーム展開で、特筆すべきことも特にない。


2013年3月19日 火曜日

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)。Travianは日中携帯でやるにはそろそろ村数も多いし、携帯からだと市場輸送がうまく操作できないのでかなり無理がある。さりとて一日放置するには倉庫サイズをあまり大きくしてないのであふれてしまう。略奪対策を最優先としてきたが、だいぶ兵数も増えたことだし、この辺で倉庫サイズを大きくする方向に舵を切るか。


2013年3月20日 水曜日

 Travian(Web)。7村目移民。防衛兵としてファランクスは十分作成したが、騎兵のドルイドライダーがまだ十分ではないし、将来的には高速移動が可能なこちらを量産したいので、消費資源の比率を計算してみる。木材を多く使うので、木5で鉄3の木村がいいのかと思いきや、鉄3がネックになるので、オール4の普通村の方がまだましな模様。ということで今回は普通村を取りに行く。


2013年3月21日 木曜日

 Travian(Web)で作ったばかりの7村目をじっくりと。その傍らでコールオブゴッド(Web)。プレイヤーLvが80に到達。キャンペーン中のLvUP報酬祭りに間に合ってよかった。次の90に行くには数ヶ月かかりそう。数ヵ月後まで続いてるか分からんけど。


2013年3月22日 金曜日

 今日も休暇で5連休だが、これと言ってやることがあるわけじゃないので、のんびりとTravian(Web)、疲れたら昼寝という至福なひととき。おかげで順位が少し持ち直してきた。そろそろカタパルトを作り出し、昔攻め込んできた近所の外人に反撃。付近に大農場を持ってるみたいなので、この際だからきっちり更地にしてやろう。まあこないだ村作ったばかりなので、次の村作りに間に合う程度の長いスパンで。


2013年3月23日 土曜日

 明日は久しぶりにボードゲームの予定。スルーザエイジ(ボード)をやるらしいが、夏以来やってなくてルール理解から怪しいので、復習を兼ねて4人対戦のシミュレーション。相変わらず仮想ぽちょむきんすたー(仮名)が強すぎて、ピラミッド・地図・クック船長という黄金パターンで手がつけられない。やむを得ず時代3に入って3人で軍事的にいたぶる計画を立てるが、自分のとこだけ共和制で軍事アクションが2しかなく、軍事包囲網に参加できない代わりに得点で追いつこうとアレックス・ランドルフ先生を招聘。しかしそこを仮想ぽちょむきんすたー(仮名)に襲撃されて詰み、途中でシミュレーションを投げ出すことに。なるほど、そういやこういうゲームだった。だいぶ思い出した。


2013年3月24日 日曜日

 シュウ(仮名)から熱望され、横浜のR&Rステーションでスルーザエイジ(ボード)会に参加。ご友人の政影(仮名)と日本における第一人者のぽちょむきんすたー(仮名)での4人戦。今まで二人でしかプレイしてこなかったらフルゲームは初めてとか言ってるので、ぽちょむきんすたー(仮名)が来るまでフルゲームの心得を色々と披露。

 初手番はぽちょむきんすたー(仮名)で、ノータイムでピラミッド取得。なんだか昨日のシミュレーション通りっぽい。うちは3番手で、カエサルを取得。次に手に入ったのがコロッサスで、どうやら今日は軍事路線に突き進めというお告げの模様。そういやいつも軍事は貧弱で、ジャンヌダルクとかで辛くも逃げるという路線が多いので、たまには強気に軍事国家もいいかもしれないと思い、万里の長城を取って完全にそういう方向性。

 しかし軍事国家は今までやってた人のを見ると、他の要素がおろそかになって負けることが多く、その反省を生かしてしっかりと色々な方面に目を配る。が、あれを取ろうと思ったものが次々と上家の政影(仮名)にカットされ、ことに科学技術面がおろそかになって、時代3に入っても哲学者3人とかしょっぱいことに。資源と技術はこのゲームの2大要因であり、その片輪がないようじゃ内政が回るはずもなし。技術力がないので軍事国家のはずが歩兵が最後までウォリアーのままとかしょっぱいことに。

 それでも万里の長城と、外交条約で2箇所と+4、+5の軍事力を底上げできたおかげで、ウォリアー4人で最後までなんとか戦えたのが不思議。なおこの外交条約を2つ持つのはルール違反だと後で判明。自分が申請する条約は同時にひとつしか持てないらしい。あとオーシャンライナーを完成させたおかげで食糧事情も勘案する必要がなく、これまた原始農業3人でなんとか最後まで引っ張った。

 コロッサスと地図作りのおかげで植民地競争だけは優位に立ち、最終的に4枚も取得。しかも時代2のリーダーはクック船長を招聘し、密かにクック勝ちを意識していたのだが、これが時代3に入ったばかりの段階で出た偶像崇拝イベントにより、時代2のリーダー全員死亡。ぽちょむきんすたー(仮名)のナポレオン、政影(仮名)のニュートンという有力リーダーが一気にいなくなる恐ろしい展開に。これを投入したのは漁夫の利を得たシュウ(仮名)ではなく、遥か昔クック船長を取得すらしてない頃の自分だったという。何やってんだわし。

 こんなみっそかす文明でも、最後はトップを取る色気を出して、科学力を一気に最高段階に持っていってからアレックス・ランドルフという昨日のシミュレーションで学んだ手法を再現してみる。が、同時に軍事力を上げるだけの科学力が出せないため、シミュレーション通りぽちょむきんすたー(仮名)に襲われ、挙句の果てには政影(仮名)からも得点を奪われる有様。最後のイベントめくり大会ではことごとく低得点で、最終的にはいつも通りドベに落ち着く。
<結果>
1位シュウ(仮名)149
2位ぽちょむきんすたー(仮名)135
3位政影(仮名)125
ドベ皇帝117

 これをやっただけでもう18時近く。なんと7時間の長丁場だったらしい。シュウ(仮名)、育児のためここで撤退。子育てゲーマー仲間として微笑ましく見守り、残った3人でぽちょむきんすたー(仮名)持参のベーゼンシュピール(ボード)なる株ゲームをプレイしてみることに。全員初プレイなので、例によってルールのインストをやらされる。大昔のゲームなので、説明書が薄いったらありゃしない。やることは単純で、株価操作カードを引いて手札から操作カードをプレイするか、株の売買をするかどっちか。ただカードの中にはイベントカードが含まれていて、これを引いたら即オープン。

 問題はここのルール。ルールブックにはイベントの後は売買してよいと書いてある割に、カードを引いたなら売買は禁止とわざわざ注意書きがついてる。どっちやねん。3人協議の上、イベントのときは売買可能とする。やってみると、単純な割になかなか悩ましい。操作をすれば自分の持ち株は確かに意図的に上げられるが、売買は次のターンまで待つ必要がある。当然周囲がそんなことをよしとしないだろうから、次のターンまでにはだだ下がりしてる可能性が高い。

 序盤でぽちょむきんすたー(仮名)がひと儲けした後は、もう他人の株に相乗り作戦にきて、単独儲けを出させないクリンチ作戦をとってくる。一方で暴落による強制売却までさせられたわが社は完全にノーマークとされたので、必死に誰も買ってないBP社の株を買い込む。二人が相乗り合戦をやってるさなか、これが無事スルーされ、あとはがっつり高騰させて大もうけ。イベントカードばっかり引いてて全然思うように操作できず、最後もまたイベントカードでもうひと儲けし損ねたものの、なんとかまくって逆転勝利。
<結果>
1位皇帝9080
2位ぽちょむきんすたー(仮名)8900
ドベ政影(仮名)6000

 最近忙しくて人の心を失いそうだったが、やはりボードゲームができるくらいのゆとりというか潤いが人生には必要なもの。負けても勝っても、結果など割とどうでもいいので。まあスルーザエイジのドベ率はちょっとそろそろどうにかせんとまずいけど。


2013年3月25日 月曜日

 久々の出勤。5連休の後なのでちょっと社会復帰が辛かった。休みで仕事を貯めた分と、まだ激務プロジェクトの後始末があるので、当面は言うほど楽にはならない模様。

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)、あとディヴァイン・グリモワール(Web)3つ並行は、仕事があるとさすがにきつい。


2013年3月26日 火曜日

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)、ディヴァイン・グリモワール(Web)をこなす。仕事中にTravianにアクセスする機会を逃すと、今の倉庫容量は朝から晩まで放置できるようには設計できていないのでかなりあふれることになってしまう。そろそろ設計変更する時期か。

 通勤中のタクティクスオウガ運命の輪(PSP)はウォリアー修行がLv50になって修了したので、いい加減Cルートのエンディングを見ることに。今回は姉を救えない展開だったので、自身が王になる展開。最後の主要キャラクターの別バージョンのストーリーを見たかったのだが、それが出てこないバッドエンディングでがっかり。しょうがない、残ってるNルートに回って今度は姉を救っておくか。


2013年3月27日 水曜日

 Travian(Web)に転機が訪れる。現同盟の盟主が引退表明。24時間の新盟主募集期間が設けられる。まあ盟主という呼び名が実は正しくなく、本人も「創設者」と呼ばせていた通り、盟主らしいことは大してしてない人だった。同盟の構想自体が、単一のリーダーが引っ張る形ではなく、複数のメンバーによる協同運営というものだったが、最大の問題はその理念自体が同盟員に周知されていないことにあった。

 北西方面の最大手、というかほぼ唯一の組織だったため人数だけは多いが、その実中身はただの同盟バリア目当てのゴミばかりで、同盟運営に関わる意志があったのが数名、そして行動が伴っていたのは一人か二人という有様。こんな組織を引き継いでもしょうがないので、立候補には応じない。以前作っておいた転職先のツテが役に立つ日が来た模様。


2013年3月28日 木曜日

 Travian(Web)。案の定、新盟主は現れず、同盟は自主解散の道をたどることに。早速各方面と連絡を取り、目ぼしい人材にだけスカウトをかけて移籍する方向性を決める。役に立ちそうな3名に声を掛け、内1名保留で1名OK、残り1名はIRCで引退する盟主に聞いたところによると後追いクリアするとのこと。この人物が現同盟をひとりで支えていたようなものだったのだが、やはりがんばりすぎて燃え尽きたのか。このゲームを最後まで完走することのなんと難しいことよ。ましてや4月はリアル環境が変わりやすい時期だし。


2013年3月29日 金曜日

 Travian(Web)。同盟に残っていてももはや意味は為さないし、むしろどこかに餌場と目をつけられる可能性すらあるので、早々に脱退して渡りをつけておいた南西最強同盟に参加。と言っても直接ではなく、北西用に作られたウイングへの参加だが。今までは同盟の上位で目立つ位置にいたのだが、さすが最強同盟ともなると平均よりやや上程度。やはりこれぐらいで上を目指すのが一番やりやすい。


2013年3月30日 土曜日

 妻子が出かけた隙になにかやるかと思いつつ、仕事が入る可能性を考えて何も手配していなかったため、全く何の予定もなく、一日PCの前にいるだけで日が過ぎていった。ニートってこういう感じなんだろうな。老後もこんな感じなんだろうか。割と素質がある気がしてきた。何もうれしくないけど。

 メールを読んでいたら、Wizardry Online(Win)のカムバックキャンペーンとかあって、昔チュートリアルの段階で3D酔いしたはずなのだが、上位職のロードとかニンジャとか読むとなんかついやりたくなってダウンロード。チュートリアルぐらいはなんとかいけたので、Ham(仮名)も誘って最初のダンジョンに挑戦する。が、奥の方にいくとやっぱりきつい。謎解きが進んでこれから、という段階であまりの3D酔いのひどさに即ログアウトして布団に入る。やっぱりこういうのは体質的にダメっぽい。

 しかし改めてやると、やはりこの作品のどこがWizardryなのかという問いがぬぐいきれない。別の作品として評価するならそんなに悪くはないのだが、やはり有名シリーズの看板を掲げる以上は点を辛くせざるを得ない。どこが似てないかというよりは、似てるところが数箇所しかない。キャラメイクと、キャラがロストするところだけ。ジャンルがアクションRPGになった時点でそもそも違うだろう。版権とったならせめて魔法名ぐらいでも使えばよかろうに。こちとらMAHALITO唱えに来てるんだよ。ファイヤーボールじゃねえんだよ。

 Travian(Web)はのんびりと農耕。しかし最強同盟なだけに兵を作れ作れとうるさい。どうやら近日秘宝なるアイテムが出現するらしく、その争奪戦が激しいのだとか。まあ既に人口の3倍ぐらいの戦力を抱えていて、食糧事情がいまひとつよろしくないので、このくらいを維持する程度にとどめる。

 近所の外人村は度重なるカタパルト攻撃により、麦ロックをかけることに成功。さすがに心が折れたらしく、全然人口が増えている様子がない。数ヶ月前に一度攻撃した報いじゃ。実は被害ゼロだったんだけど。ついでにこいつのもってる大農場は次回移民時に接収させていただこう。


2013年3月31日 日曜日

 コールオブゴッド(Web)は、参加している結社のマスターが不在となり、代行は全く何もしないので、毎日もらえる報酬が激減してかなわん。戻ってくる気配もなさそうだし、もう見捨てて大規模結社に移るべく結社を抜けることに。抜けると名誉ポイントがゼロになるらしいので、ひたすら貯めていたポイントをがんがん使いきっておく。が、抜けてから24時間経過しないと次の結社には入れないらしい。しょうがない、明日か。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット