ゲーマー日記 2016年2月分


最近の日記に戻る

2016年2月1日 月曜日

 昼寝したせいで眠れなくなり、子供の日記とか色々書き物を。ゲーム系の方は滞ってる。整理してると新婚旅行日記とか出てきてついつい読んじゃうアレが始まり、気付くと3時過ぎてるとかそういう奴。


2016年2月2日 火曜日

 風呂で軽く1時間程度しか寝ていないのだが、やはり夜寝られなくなってリズムが狂う。眠気を誘導するつもりでワールドエンドエクリプス(Win)でも軽くやってたら、貯めていた課金ポイントでガチャを回してしまう。なんかいまいち気分が盛り上がらないんで、そのうちやめちゃいそうな気がするし。


2016年2月3日 水曜日

 平日は軽くワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。


2016年2月4日 木曜日

 平日は軽くワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。


2016年2月5日 金曜日

 なんとなくCraft The World(Win)。ひたすら背景を掘る。はて地上はどの辺まで掘ればいいんだろう。

 休暇。昼寝。起きたらプールにでも行くかと思ったが、目覚めたのが夕食前では話にならない。我ながらよく眠れるものである。


2016年2月6日 土曜日

 なぜか無性にCapitalism2(Win)がやりたくなる。今のPCには入ってないのでインストールから。前回やったのは日記によるとどうやら10年前らしい。日記を読むと、色々と不満が書いてあって興味深い。中でも靴下の材料がおかしくなっているバグはどうにかならんのかとネットでパッチを探すと、どうやら続編というか拡張版が出ているらしい。安いなら買うかと思ったが、なぜか販売は他のゲームと抱き合わせ3点セット$20という微妙な価格。Steamにも登録してないっぽいし。バグの方は、2chを見たらHSPなるツールを使って直せるソースが載ってた。HOT SOUP PROCESSORという開発ツールの略らしい。よく分からないながらも適用してみる。壊れたらまたインストールし直せばいいだけだし。

 まずはチュートリアルから。チュートリアルと言いつつも、説明の後は金額目標が設定されて野放し。目標達成しないと次のチュートリアルが開放されないので、案外ハードルが高い。しかも説明していない要素は使えないように設定されているので、他の手段で逃げることも許されない。第1章は小売り編なので工場が作れないとか。第6章農業編がなかなか辛く、目標に農業製品全種類シェアトップを取ることというのがある。牛肉豚肉鶏肉羊肉卵の全てでトップをとらねばならないのだが、なんせCOMの品質が100に設定されていて、対するこちらは初期値30からじわじわと訓練して上げていくしかない。となると価格勝負しかなく、他の産業で体力をつけて、肉はダンピング。しかしCOMもすぐ追いついてくるので、並行して大量生産大量販売でシェアを圧倒する戦法も駆使。なんとか辛くも逃げ切ってクリア。


2016年2月7日 日曜日

 Capitalism2(Win)チュートリアル続き。第8章でようやく完結。一番好きな金属採掘と研究開発はこの最終面でやっと解禁される。10年前からの必殺技である、木材伐採からベッド製造販売という安直な手で資金を得てから、面の目的である飲料業界に参入して無事クリア。なんか久しぶりにやりたくなった気持ちはこれで解消されてしまった。きっとこの先やっても同じパターンだろうし。

 さて何かやるものないかなと、久しぶりにHearthstone(Win)を起動してみる。日本語化されていても、カードセットが揃ってないことに変わりはない。なんか酒場の喧嘩とかいうモードが追加されているのでやってみたら、ヒーローの特殊能力が置き換えられていて、2マナで装備を作る能力になってる。いやウォーロックのドロー能力剥奪されて装備能力なんかになったらゴミだろう。装備を活用できるカードがあるヒーローはいいだろうけど。案の定2試合ボコられて敗北。その後、日替わりクエストで要求されてるローグとかドルイドとかで通常のマッチングをやるが、基本動作が分かってないヒーローでは勝ち目なし。発売から1年以上放置しちゃったから、初期状態に近いカード資産の上にプレイ経験が少ないんじゃ全く試合にならない。いいゲームなんだけど、もうカードゲームをガチでやる情熱はなくなってしまった。


2016年2月8日 月曜日

 平日は軽くワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。


2016年2月9日 火曜日

 平日は軽くワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。


2016年2月10日 水曜日

 平日は軽くワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。


2016年2月11日 木曜日

 祝日でもやってることは似たようなもの。ワールドエンドエクリプス(Win)と魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。グリココラボイベントをやっているが、ボスのグリコ神と戦っていて、やけに弱いなと思ったら倒した後、「一粒で二度おいしい!」とか出てきて復活しやがった。思わずやかましいわ!とツッコんでしまいたくなる、いい演出である。


2016年2月12日 金曜日

 ワールドエンドエクリプス(Win)はメンテ明けで軽くアップデートが入ったが、バレンタインイベントとやらでどうでもいいもの。10連ガチャで4星確定というキャンペーンもあったので引いたがいまいち。どうもやる気が起きないのでそろそろやめることに。


2016年2月13日 土曜日

 軽く魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。バレンタインガチャが始まったので、引きたがる次女に任せたところ、10連で2枚限定レアが出た。すごいなこの子。


2016年2月14日 日曜日

 Craft The World(Win)。地下を全部掘る目標を立てた以上、地下にある家が邪魔なので、そろそろ地上に立て替えてみる。すると今までと同様の造りにも関わらず、家の評価点が10点ぐらい上がる。なるほど地下というだけでマイナスポイントがあったのか。


2016年2月15日 月曜日

 Craft The World(Win)

2016年2月16日 火曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。難易度の高いBladerイベントシリーズが復刻。もう報酬は一度もらったし、さほど強いキャラでもないので2体目を作るほどでもないのだが、まあ貰えるものは貰っておくかと、初回クリア報酬目当て。ついでにサブクエスト報酬も、と言いたいところだが、アスモデウスのハード面はノーデス条件だけクリアできず、その後何度挑戦してもどうしても死人が出てしまう。もう1日あるから粘るか。


2016年2月17日 水曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。昨日詰まったアスモデウスのハード面を繰り返すが、最後の火力がどうしても足りない。状態異常無効が必須なので、手持ちがない中から育成未完了のイベントキャラを持ってきている時点でイケてない。こうなれば状態異常無効と組み合わせてスキル反射を組み合わせれば、と思ったがそうすると道中の火力がガタ落ちしてボスまでもたどり着けない。それなら遅延でしのぐか、とやってみたらようやく全てのピースがはまってなんとかノーデスクリア。なんか久しぶりにゲームを攻略したという充実感。普段日記にはあまりゲーム固有の用語は使わないようにしているのだが、うれしかったので遠慮なく書いてみた。

 すっきりしたのでCraft The World(Win)やってたらまた2時回ってた。


。地下の全掘りついに完了。ちゃんとSteam(Win)上の実績もついたので満足。一番下の溶岩地帯に攻め込む際に、隅っこに放置していたドラゴンの群れがきつかった。溶岩地帯のそばで戦うと、ブレスで吹き飛ばされて溶岩に落ちてドワーフがぽいぽい死んでいく。一応魂の守り手という設備を作って昇天しないようにしてから蘇生薬で蘇るのだが、アダマンタイト装備が全部なくなってて初期装備に戻るので戦力がひどいことに。溶岩の近くに行かないように、狭いトンネルを開放しておき、こっちの領域に来るまで待機&各個撃破でなんとかなった。もうこれ以上この面にいてもやることないし、戦力ダウンに伴い次のウェーブに勝てるかも危うくなったので、3面に進むことに。

 3面は砂漠面。現状これが最終面。最初からやるのは久しぶりで非常に新鮮。夜になると攻め込んでくるミイラに棍棒で応戦し、ボロボロになる。さっさと家を作らないと休めないので早急に地下に穴を掘るが、最低限ハッチは作らないと家と認められないし、ベッドを作るには木と葉っぱが要るのに、砂漠ではどちらもなかなか手に入らないときた。少し遠出してヤシの木地帯を発見したはいいが、ミイラがうろついてるので撃退する戦力もない。Lvを上げてドワーフを増やし、元気なドワーフを盾にみんなで応戦するという総力戦。やっぱり最初が楽しいなこれ。


2016年2月18日 木曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。Bladerイベントシリーズが切り替わる。青デッキは割と強いので、ハード面のサブクエスト制覇もいけるかと何度か挑戦するが、ノーデスはやはり敷居が高い。別に報酬的には無理をする必要もないのだが、他にやることもないのでしばらく試す。どうもノーデスだけは諦めた方がいい気がする。もうひとつ、黄色デッキの方はまだ手付かずだが、黄色が今一番弱いので勝てる気がしない。


2016年2月19日 金曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)、ガチャの顔ぶれが変わって新キャラが出てきたのでとりあえずは引いてみようと、たまには自分で10連ガチャってみる。が、ハズレ。やはり次女に頼まないとだめか。さして引きたいのがいるわけでもないので、1回で撤退。次は3周年記念狙いか。Bladerイベントシリーズは、青デッキはノーデス諦め、黄色デッキは試したものの案の定火力が足りずまるで勝てそうにないのでこちらも撤退。

 休暇を取って、日中からゲームに没頭できる幸せを噛み締める。Craft The World(Win)3面は序盤から敵のウェーブがきっつい。基本的に家にこもってやり過ごすことが多いのだが、やっと鋼鉄剣が作れるようになり、そろそろなんとか戦えるのではと調子に乗って立ち向かったところ、ボロボロになって10人中2人死亡。まあ序盤の死亡はさほどダメージはないが、これだけノウハウが貯まったらノーデスでもいけるのでは、と思ったのは幻想だった。なお増援2名は2人とも魔術師スキル持ちで、間に合ってるので2人とも死なせてチェンジ。

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)魔道杯開催。またグリココラボ魔道杯。グリコようやるなあ。この日に照準を合わせてきっちり有給を取ってある私に死角はない。が、ポイントが高いイベントトーナメントは、今回は苦手な黄色デッキ。さらにその上にチャレンジトーナメントなる級も新設され、こちらは赤デッキなのでなんとかなるかと思ったら、チャレンジの名がつくだけあって全然話にならず、今回は一番得意な青デッキで13段をおとなしく周回するしかなさげ。


2016年2月20日 土曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)は魔道杯でさくっと上位確保。課金ポイントを1回使って10万点弱でも4000位台だったので、今回はボーダーが低いのかもしれない。総合報酬取れるチャンスか。

 久しぶりにボードゲーム会の招集がぽちょむきんすたー(仮名)からかかり、伊政(仮名)のオフィスで集合。ぽちょむきんすたー(仮名)が連れてきた新面子2名、校長(仮名)、との(仮名)夫妻を加えて5名。フードチェインマグネイト(ボード)なる大型ゲームを、全員初プレイでマニュアル首っ引きでインスト開始。1時間かかってもなおルールが読み終わらないので、一旦昼食を挟む。インスト途中で食事というのはあまりなかったパターン。従業員カードをプロットして、客に食事を提供し所持金を競うというテーマらしいというのは前日Webで調べていたが、ホテルサモア(ボード)みたいなもんか、と軽く考えてたら大間違い。それぞれのアクションが結構複雑で、従業員は進化するわ、初めてアクションした人がもらえるマイルストーンカードの特殊能力はあるわ、広告は4種類方法がそれぞれ効果範囲が違うわで、全体像が見通せないので軽く練習ゲームを入れることに。

 従業員カードがそのままアクションカードなので、これは従業員を増やすのが早道だろう、と雇用アクションを増やしてさらにアクション枠を増やす管理職を増やし、利益なんかそっちのけで管理職だらけの会社を作ったところ、当たり前だが利益がなくて給与が払いきれなくなってどん詰まり。5-6人の管理職をウェイトレスのチップで養うという、孝行娘に頼りきりなごふごふおとっつぁん作戦。後半になればこの基盤がモノを言って持ち直したが、前半があまりにヘボいので再考の余地あり。

 さて練習が終わって勘所が分かったところでやっと本番に入る。マイルストーンの特殊能力で重視したのは冷蔵庫。本来は毎ターン余剰生産品は廃棄なのだが、これを保管できる。初手番の伊政(仮名)は永続広告枠を取り、2番手の校長(仮名)がこれに追随。同ターンならマイルストーンは一緒にもらえるので、置いていかれないように追随するのがセオリー。しかし裏を返せば、この2人を置いていくチャンスでもあるので、構想通り冷蔵庫に進む。との(仮名)もこれについてきて、2:2に分かれて、5番手のぽちょむきんすたー(仮名)の動向に注目が集まるが、何を思ったか、どちらにも追随せずウェイトレスの時給を上げる方向に進む。

 次に伊政(仮名)が狙ったのは初トレーニングによる給料$15削減。これはこれで欲しいが、冷蔵庫を取った以上飲料単価$5上昇が捨てがたく、これを取りにいくことに。だがその条件を飲料初売却と勘違いしており、よくよく見ると飲料初宣伝でもらえた。まあどのみち宣伝→需要ができる→売却だから道筋を間違えたわけじゃないが、給料削減の方がよかった気がする。そんなこんなで、伊政(仮名)がピザ特化、校長(仮名)がバーガー特化、との(仮名)とうちが飲料色々冷蔵庫保管、ぽちょむきんすたー(仮名)はウェイトレスに特化せずバーガー特化一手遅れという方向に進む。

 永続広告枠を持つ二人は家の近所にそれぞれピザとバーガーの広告を出して安穏としているので、これの横取りを企む。需要はセットで満たさないといけないので、飲料広告を追加してやれば、セット販売できない奴は近所にも関わらず商機を逸することになる。コーラを調達できそうにない校長(仮名)のご近所にコーラ広告を追加し、うちでセット販売してまんまと客を奪うことに成功。当てにしていた収入がなくなった校長(仮名)は2ターンほど軌道修正のためしゃがむことになり脱落。もっとも、この広告は看板設置の射程ルールに反していることが後で判明し、追い風参考記録となってしまう。

 伊政(仮名)は永続広告枠をもっと効果的に使いたくて、進化させて飛行船宣伝に着手。マップ上を帯で配布する強力な手段だが、ここで何を思ったかマップ中央のうちのテリトリーを中心に広告。伊政(仮名)自身の店はマップ端の方なのに。後で聞いたら「家が密集してて面白そうだったから」という適当な理由らしいが、これによりうちの店の周辺にピザの需要が大量に発生。すかさずピザ量産に走りこの特需に応じる。しかも値下げ特殊能力も確保して、需要を根こそぎもっていく。これで一気にトップに立ち、以後ピザ広告は永続するためゲームの最後までのうのうとピザで食っていくことに成功。ダントツ勝利。参考試合だけど。
<結果>(追い風参考記録)
1位皇帝398
2位との(仮名)221
3位ぽちょむきんすたー(仮名)201
4位伊政(仮名)140
ドベ校長(仮名)138

 大型ゲームでさらに練習ゲームもあったので、この時点ですでに18時。しかしこれだけで終りというのもちょっと寂しいので、軽いもので締めようと、との(仮名)持参の大怪獣コトバモドス(ボード)。ワードゲーム。ランダムに引いたワードタイルから、3文字単語を3つ作って隣のプレイヤーに伏せて渡す。受け取ったらそこから出題者の単語を再現するというもの。意外と別の単語が作れてしまうため、出題者の心を読む必要もある。ほぼみんな外す中、ちょいちょい単語ひとつだけ当てていた貯金が効いて、1点差で逃げ切る。これはボードゲーム初心者には丁度いいかもしれない。
<結果>
1位皇帝7
2位ぽちょむきんすたー(仮名)6
2位伊政(仮名)6
4位との(仮名)4
ドベ校長(仮名)3

 フードチェインマグネイトは、文章量から一目瞭然だが、色々語ることのあるいいゲームだった。感想戦も大盛り上がり。インストが大変なので、経験者でまたやろうという結論に。勝ったけどアシストもらっただけだし。ちなみにこの作品はグレートジンバブエ(ボード)と同じデザイナーらしい。なるほど、需要と供給の基本線とか、特殊能力てんこ盛りとか、ルールが煩雑とか、プレイ時間が長いとか、随所に相似点がある。


2016年2月21日 日曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)は魔道杯だが休日もみっちりやるのは本当に疲れるので、土日は流すだけ。

 Craft The World(Win)3面を進める。Lv12になって研究ツリーもだいぶ進め、鋼鉄を卒業してそろそろ銀に着手。砲台が作れるようになり、壁の向こうからビシビシ撃つことでウェーブも撃退できるようになってきたが、今度はモンスターポータルが2個に増えてまた突破されてしまうように。ちなみに砲台は手前の壁の形状次第では設置したのに撃たないことがあったりすることを発見。撃てるような開放形状にすると、敵が雪崩れ込んでくるのが早いんだけど、撃ってくれないと意味がないので止むを得ない。


2016年2月22日 月曜日

 日付変更線が変わった途端に魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)魔道杯。順位を確認すると、流したにも関わらず27000位程度と、総合報酬がもらえる25000位に届かないでもない。これはここから走るしか、と貯めておいた経験値をプレゼントボックスから取り出してLvUPし、魔力を回復して3時ぐらいまで頑張る。

 出勤前も1回LvUPして、23000位ぐらいまでいったので、あとは自然落下で25000位に収まればいいのだが、そうは問屋が卸さず。会社で昼食時に順位を見たら、もう26000位付近に落ちてた。みんな平日だってのによう頑張るな。締め切りは16時と言えど、仕事中にやるわけにもいかず、今回は断念。月曜1日で追いつくのはさすがに無理があるか。今回の総合報酬は状態異常無効で便利そうだったから欲しかったのだが、まあイベントトーナメントの方を攻略できてない時点で諦めるべきだったという話も。


2016年2月23日 火曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)は魔道杯が終わってひと息ついたと思ったら、今度は上級者用イベントのAbyssCodeシリーズが開催され、全く休む暇がない。しかも1日に3つ同時開催ってなによ。幸いにして2つは既に完成させていたので、残り一つに注力できたが。


2016年2月24日 水曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)はAbyssCodeシリーズだけでも手一杯なのに、さらに協同レイドの新型を用意してきやがった。段々イベントの重複度合いが尋常じゃなくなってきたな。疲れてやめる日もそう遠くない気がしてきた。


2016年2月25日 木曜日

 帰宅して夕食後も魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)に励まねばならない今日この頃。AbyssCodeシリーズが入れ替えられ、今度は2つ同時開催だが、2つとも未完成なので、割り切って片方だけ。しかも32枚とかどうやっても無理なので、半分の16枚でお茶を濁し、残りは次回に託す。


2016年2月26日 金曜日

 有給消化。残り3回。祝日のある週だけ除けば予定通りに全消化できそうだが、一方で3月は海外出張の可能性が。土日になったりすると振替休日が生じるので計算が狂う。まあ狂っても必ず取るけど。

 軽くプールで泳いで昼寝して、夕方から魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。AbyssCodeシリーズがやっと終わったと思ったら、次はもうひとつあった上級者向けコンテンツのOrlhaReportシリーズを始めやがった。これ前回開催が1年ぐらい前で、当時は全く歯が立たず全然集められてないから、3種類全部回収しないと。金土日で32枚ずつか。死にそう。


2016年2月27日 土曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。協同バトルの報酬を16枚集めてようやく完成したのだが、こいつは今詰まってるトーナメントの14段で大活躍すると聞き、2体目が欲しくなり、昼食後から急遽また集め始める。まともにやると20ターン近くかかる面倒な敵なのだが、5人とも火力満載にして速攻を心がけると6ターンで終わるという情報が出回っており、そういう募集を捜し求めて回収速度を加速。しかしこの戦法は、2人目のプレイヤーと4人目のプレイヤーは1T遅延をかけろとか、5Pは状態異常無効をかけろとか、そういう面倒な約束事をきっちり守らないとなかなかうまく回らない。さりとて入る順番によっては希望通りの位置が取れるとも限らず、じゃあ4Pと5P両にらみの編成にすればいいかというと、火力が下がって本末転倒になったりする。もうめんどくさくなり、どうせ約束事を守れないなら全員火力でいいじゃんと開き直り、あちこちでNOと言われつつもハシゴして、締め切りの16時直前になってギリギリ規定枚数回収完了。つらかった。全然休んだ気がせん。


2016年2月28日 日曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。夕食後は今度はOrlhaReportシリーズを集めねばならず、こっちは32枚。難しい方をクリアすれば100%ドロップなのが救いだが、それでも1回5分近くかかるため、160分。しかも完成させてもあまり戦力にはならなさげという、ただの図鑑埋め。昼に続いてこの苦行はなんなんだ。

 苦行も終盤に差し掛かったところでWebを巡ってたら、土日限定でマンガが無料読み放題というニュースがあり、ついつい見に行ってしまう。少年画報社って立ち読みしづらいアワーズのとこか。素晴らしい。最新刊とか出てるのかと思って開いてみるが、どうも読んだことのある内容。仕方ないので旧作で読みたかったものを探す。惑星のさみだれとか、そういや立ち読みでかじってるだけだとストーリーよく分からなかったなと、1作目から読む。おおこういう話だったのか、やっと繋がった。ネットで名作と称えられるだけのことはある。世の中立ち読みに向く作品とそうでないものがある。

 ネットでマンガを読みつつも、苦行はそれはそれできっちり終わらせるのがゲーマー。


2016年2月29日 月曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)。苦行の第3弾に手をつける。途中寝落ちしそうになりつつも、なんとかまた32枚完了。今回手に入れた黄色カードが、トーナメント14段でひょっとして使えるかもという噂なので、組み込んで試してみる。確かにちょっといけそうな感じにはなったが、若干火力が不足していてボス戦で息切れする。自爆攻撃とかやってるので、息切れするとそのまま全滅する。リタイア扱いはマイナスポイントがでかく、あっというまに13段に戻される。13段を1回やって1位通過して14段に戻す。ちょっと編成を変えて再チャレンジ。でも息切れ。戻すのがめんどくさいし、魔力消費もバカにならない。

 ずっと同じゲームだと飽きるので、寝る前にCraft The World(Win)。3面もやっと究極兵器のテスラタワーを作れるようになり、安定してウェーブを撃退できるように。ここまで苦労したが、こうなったらこっちのものである。また全面土掘りでもやったろうか。

 仕事で昼食時に同僚相手にこの休みいかに苦行をがんばったかを力説しつつ、14段の話になって死ぬなら回復でも入れたら、と揶揄される。なるほど。自傷キャラの回復と、ボス戦での封印系や毒スキルを防ぐことができればひょっとして、とやってみたらなんとか11ターンで通過することに成功。順位が低いのでもらえる昇進ポイントはわずかだが、前進しているならいつかは卒業できる道理である。なんか光明が見えてきた。さっさと14段通過して、まだ見込みがありそうな15段を目指す。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット