ゲーマー日記 2016年6月分


最近の日記に戻る

2016年6月1日 水曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)新イベント。5月31日開催と謳っておきながら、なかなか始まらないのでやきもきしていたが、もう今日は無理だなと思ってたら23時56分にギリギリやりおった。侘び石を避けるためなのだろう。こんな時間まで残業させられる側もなかなか大変である。

 ガチャるなら今までのジンクスで言うと開催直後に限るのだが、この時間じゃ次女に引いてもらえないので翌朝引かせたところ、10連やってハズレ。ジンクス大事。仕方ないのでもうひとつのジンクスに頼って昼食時に会社の先輩に押してもらい、なんとか1枚限定を引く。


2016年6月2日 木曜日

 Farm Rush(Web)。転生をするとボーナスがつくタイプなので、放置して金がたまったら先に進んでやり直すというのを繰り返していく。放置できる状況になるまで30分ぐらいは張り付いてる必要があるので、そこそこ暇が潰れる。


2016年6月3日 金曜日

 平日はFarm Rush(Web)をぼちぼちやりつつWebを巡回するぐらいしかできない。


2016年6月4日 土曜日

 休前日なので、眠いところを気力を振り絞ってDon't Starve(Win)。マッチョ順調。夏になると食料がどんどん腐るが、冷蔵庫を作っておいたので比較的まし。ブタを5人ぐらい引き連れては沼の触手を倒しまくる。ブタが倒れても肉やブタ皮が回収できるので、これはこれでおいしい。沼の中には貴重な葦が密集している地帯があるが、それを守るように触手もびっしり配置されているので、少しずつこれを切り崩し、ゆくゆくは葦をまとめて手に入れられるようにしたいところ。ただ触手は相当強力な上に数もいるので、1年や2年でどうにかなるプロジェクトではなかったりする。まあ目標がある内が華。


2016年6月5日 日曜日

 Don't Starve(Win)。ブタを引き連れて沼の触手退治プロジェクトは、思った以上に順調で、1年で葦密集地帯周辺のは退治し終える。これで葦取り放題。もっともそんなに葦の使い道もないことに今更気付く。

 あと今までブタはそのまま死なせて肉を回収していたが、狼男化させてから死なせると肉が2個とブタ皮1個を確定で落とすことが判明し、3倍おいしい。満月の晩を待つのはさすがにめんどくさいので、モンスター肉を4個食わせる方法にする。落ち着いて対応すればそんなに戦闘力も高くない。


2016年6月6日 月曜日

 Don't Starve(Win)。触手退治プロジェクトを終えてしまい、明確な目標がなくなってしまった。暇つぶしに罠地帯の周辺に壁を作ってみる。間違ってペンギンとかブタが罠にかかるケースが多いので、ぐるっと壁で囲んで入り口と出口だけ空けてハウンド専用に。しかし夏のハウンドは炎ハウンドで死ぬと炎を撒き散らすことを計算に入れてなかった。一瞬にして枯れ草で作った壁が灰と化す。なんだよこれ。壁何に使うんだよ。おとなしく罠地帯を奥地に移設することに。


2016年6月7日 火曜日

 Farm Rush(Web)。長時間の放置と30分程度のプレイという組み合わせは、平日にやるにはちょうどいいサイズ。転生を繰り返すと少しずつ成長が実感できていい。9種類の作物を一周してもう終わりかと思ったら、最初の作物に星が1つついて二周目が始まる。なるほど長いなこりゃ。


2016年6月8日 水曜日

 近頃目立った動きの少ない魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)に二人協力プレイが実装される。普通のクエストに助っ人を呼び込める救済措置かと思ったら、敵のHPが高い別コンテンツとしてだった。クリア報酬もミッションも別枠なので、ソロの方をクリアしたばかりだというのに、これはこれでやらざるを得ない。しかし野良マッチングシステムがないので、番号を伝えるしか方法がないのはいかがなものか。仕方なく有名掲示板の番号で入ろうとするが、競争率が高いのでなかなか入れず、意を決して自分でホストして書き込むと、アプリに戻ってきたときにはセッションが強制切断されているという不具合。なんだこのクソ仕様。目の前にいるリア友とだけやれってか。


2016年6月9日 木曜日

 平日は軽くFarm Rush(Web)。


2016年6月10日 金曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)、バーニングタワー6階から10階が実装される。いきなりボス戦で、しかもいきなりスキルが充填されてたりするボーナスがついてて普段とは違ったカードが活躍する、なかなか面白いシステム。初見ではまず勝てないけど、攻略法を見なくとも数回の試行錯誤でどうにかなるという程よい難易度も好み。ただ5面程度だと1日2日で終わってしまうのが残念。


2016年6月11日 土曜日

 休前日ぐらい気合を入れてゲームしたいところだが、一週間の疲れが出て眠くてしょうがない。

 Farm Rush(Web)やったりプール行ったりしてる内に休日がいつの間にか終わってる。


2016年6月12日 日曜日

 休日ぐらい気合を入れてゲームしたいところだが、ベッドで横になって魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)の魔力を消費してたらもう寝落ちしちゃうくらいなので、あきらめて20時ぐらいに寝る。そういうことすると3時ぐらいにはもう目が覚めてしまう。ああこれ月曜苦労するやつだ。

 日中はFarm Rush(Web)やったりDon't Starve(Win)やったり。冬になって防寒具に着替えたところ防御力がガタ落ちになっていることを忘れ、象ハンティングしようと白兵戦やったら死んでしまう。身代わり人形はスペアも材料もあるから大丈夫だったけど。


2016年6月13日 月曜日

 夜テレビが空いたタイミングで、長女と次女とボンバーマン(Wii)。3人とも同じくらいへぼくて、COMともいい勝負なのでいい感じに盛り上がる。3本勝負3回で長女以外みんな勝ったところで終了。次は長女がスーパーマリオブラザーズ(Wii)で3人協力プレイをしたいというので付き合うが、マリオをやりこんだ長女にまるでついていけず、特にパパのドン臭さが異常に目立つ形で屈辱のリタイア。

 お開きにするつもりが、なんかみんなで遊ぶモードに火がついた次女がボードゲームをやりたいという。長女は風呂タイムのため脱落し、二人でカルカソンヌ(ボード)。早期から草原に目をつける次女に対し、でかい人で奪って逆転し、かつ次女のでかい人はうまいこと封じ込めてひと安心してたのに、それでもめげない次女が草原乗っ取り波状攻撃を仕掛けてくる。終盤になってこれ全部計画通り合流されると再逆転されることに気付き、慌ててこっちも乗っ取り要員を出すが、合流に必要なストレート道路タイルを引けずに終わり、一方次女の手は全て成功して33点分の草原を奪われてしまう。色々手は打ったのだが、さすがに33点はでかくて手が足りず、最終的に9点差で完敗。中学生だというのに立派なゲーマーに育ったものである。


2016年6月14日 火曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)、先日やった人気投票で上位になったキャラがガチャで登場。次女に10連させるがハズレ。昼食時に会社で先輩に引いてもらったがハズレ。強運の二人がダメとなると今回は絞ってるのか。一応自分でも試して、10連で1枚だけ限定が出る。大当たりの2枚ではなかったが、まあまあ使いどころのありそうなカードなのでよしとする。


2016年6月15日 水曜日

 平日の軽いゲームを求めてFlash系のブラウザゲームを探してたら、Infiroad(Web)というのを見つける。レトロっぽい画面の、冒険者を雇ってモンスターを倒していく横スクロールアクション。雇ったらあとは勝手に進むので、プレイヤーがやることは雇うだけ。あとは詰まったら転生してやり直すタイミングを計るぐらいか。お手軽でよろしい。


2016年6月16日 木曜日

 平日はFarm Rush(Web)とInfiroad(Web)。


2016年6月17日 金曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)、また魔道杯の季節がやってくる。なんか少しずつ開催間隔が短くなってるような。今回はバーニング形式ということで、ボス戦1戦のみという新たな試み。Lvが上がる寸前で、魔力が余ってる内にテストしてみようと軽く試したところ、一発で1位が取れてしまい、ろくに研究できないうちにLvが上がってしまう。


2016年6月18日 土曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)、魔道杯は簡単に1位が取れる状況なので、皆さんやはり張り切っているらしく、初日で上位報酬を狙うのがいつものパターンだったのだが、ボーダーが上がって全然取れそうにない。

 初日は逃がしたが、累計報酬を全て取り切る60万点は土日でみっちりやるつもりなので、土曜日に一気に上位報酬を取りに行く。それでも1回当たりの所要時間が短くなったので、日中昼寝したりプールに行く余裕もあって、魔道杯はこのぐらいがいいのかもしれない。


2016年6月19日 日曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)魔道杯。すぐ終わるので、いつものようにマイムマイムをエンドレスでかけて心を殺す作業感がなくてよろしい。2日目は夜に30分程度サーバトラブルがあったものの、無事上位報酬を確保。土曜に頑張った分、日曜は軽く流す。


2016年6月20日 月曜日

 魔法使いと黒猫のウィズ(iOS)魔道杯はもうノルマが終わってるので、何かやろうかと久しぶりにBoardGameArena(Web)を起動。なんかトップニュースにプエルトリコ(ボード)の貴族拡張を実装とか書いてある。なにそれ、そんな拡張いつの間に出たのかとWebで調べると、市民とは別に貴族コマができて、新建物はそれを使うと普通の市民のときとは違う効果が発動するというものらしい。2009年とかあるから相当昔に出てたのか。正直最初の拡張建物もあまり気に入ってないのだが、これも聞いた感じ面白くなりそうな気がしない。7年経っても聞いたことなかったということは多分ハズレだったのだろう。とは言えまずはやってみるか、と立っている卓を見てもどれも貴族拡張がオンになっていない。知名度がないのか人気がないのか。仕方なくスタンダードな4人プレイに参加。

 工場と大学のコスト調整すらオフなので、こんなのもう工場ギルドホール戦術しかないでしょ。タバコの売却も成功するぬるい面子だったので、ギルドホールに更に公邸まで買い占めて楽勝。41-24-24-20で大差。

 その後3人卓で貴族入りがあったのですかさずイン。1番手で序盤冴えない展開で、拡張建物だらけでよく分からない中、闇市を活用して造船所を買って、灯台で出荷しつつがんがん点数かせいでなんとか勝利。64-61-52。終わってみれば拡張建物で勝ったようなもの。ギルドホールと砦を買ったところで最後どうやって人乗せるか考えてたら、外人がさくっと市長やってくれたので助かった。終了後2位の日本人プレイヤーがあれおかしいでしょ、と文句垂れていた。確かに疑問手ではあるが、でも仮にもう1ターン終了が延びたとしても、君1ターンで3点逆転できる手あったっけ。まさか生産して、外人が協力的に出荷してくれたらとかいうシナリオか。負け惜しみだのう。


2016年6月21日 火曜日

 平日はのんびりとブラウザゲーム。BoardGameArena(Web)もちょいと覗いて、キャントストップ(ボード)を数回やったら今日が初勝利らしい。どんだけ今まで負けてきたんだわし。


2016年6月22日 水曜日

 平日はのんびりとブラウザゲーム。BoardGameArena(Web)でプエルトリコ(ボード)3人卓があったのだが、タッチの差で入りそびれたので見学してみる。序盤でタバコを売るのに成功した2番手がそのまま勝つのかと思いきや、次から次へと疑問手を連発。工場建ててるのに10金貯まってもギルドホール買わないとか、どうやって勝つんだこいつ。するとその恩恵を受ける3番手が勝つのかと思いきや、それはそれでコーヒー工場も作らずに商館+大小市場とか不明な手を打つ。するとコーヒーも売れてるし1番手が勝つのかと思いきや、これはこれでギルドホールを取ったはいいがその後終わらせずにぬるい手が多く、2番手を沈めきれずにいる。なんだこの絶妙なバランス。勝ったのは最後に市役所と砦と税関を買い占めた2番手だった。3番手がそれにわざわざ人をのせる最高のアシストをしてやったのが最大の勝因。なるほど、世界のレベルは案外低いのね。これはこれで面白かった。

 見てるだけだと物足りないので、ケイラス(ボード)3人卓が立ってたので入ってみる。1人は初プレイとか言ってるんで、初心者をカモる会だなとたかをくくってたら、残る1人が強い強い。これやられると困るなという手を全部ズバズバ打ってくる。しかも建物ラインを進めてきて、フェーズ1の変わり目にきちっと石建物を用意している王道プレイ。こちらも同じ王道なのだが、フェーズ1の最終ターンに順番を変えられていることに気づかず、石建物を建てられて初めて悔しがる残念な子。ここから全てが一手遅れとなり、挙句みそっかすの1人が監督移動時に微妙にライバル側に味方するものだから差が広がるばかり。せめてもの意地で、最高点の25点建物は奪うが、すぐに逆転されて完敗。124-105-53で2位。プレイミスをなくすべく精進あるのみか。


2016年6月23日 木曜日

 BoardGameArena(Web)でプエルトリコ(ボード)4人卓につく、ホストがなんかマイナス評価が多いプレイヤーだが、他に人が入ってるわけだしどうにかなるだろうと思ってたら、開始直後にこのブラジル人がやたらプレイイングが遅いために評価が悪いのだと判明。以後毎ターンこいつのとこで数分止まるのでイラつくったらありゃしない。二度と囲まん。

 で肝心の中身は、初手番で前半全く冴えない展開。ってこれいつも言ってる気がする。上家がきっちり仕事するしタバコ2回も売ってるしでウハウハ言ってるので、こいつをライバル認定。上家と競合を避けてコーヒーに進むが、皆タバコとコーヒーの両構え。なかなか売れずに金が無いのでそこから先の買い物ができない。仕方なく商館買って少ないチャンスもモノにする意思を見せたら、皆観念したのか途端に売れるように。金回りがよくなったら畑が満杯だったのですかさず公邸を買い、ギルドホールが残ってるのでさくっとカット。あとは大インディゴと大砂糖工場でゲームを速やかに終わらせ、45-43-39-37でなんとか逃げ切る。しかしライバル認定した上家は最後に精彩を欠いてドベに落ち、逆にゲーム中ぬるい手ばかり打ってた対面が2位だったとは。まだまだ眼力が足りない。


2016年6月24日 金曜日

 久々に休暇取得。上期は抑え気味にしておいて、下期たっぷりと休むのである。午前中はプールに行き午後は横になってスマホをいじりつつ、眠くなったら昼寝をするという最高に優雅な生活を送る。


2016年6月25日 土曜日

 BoardGameArena(Web)で鴉(仮名)がいたので指導碁ならぬ指導スルーザエイジ(ボード)を打ってもらう。オンラインでやるのは初めてだったもので、ミスクリックが2回あったものの、それ以前に軍事でも科学でも負けてる時点で話にならない。軍事で負けてるのに襲撃が1回しか来なかったので、だいぶ手を抜かれてると思われるが、それでも159-133で負ける。リーダーを引いておいて出さないといった基本的なミスもあるが、なにか基本思想に足りないものがある気がしてならない。しかし指導碁なのにこれと言って気の利いたコメントをもらえず。場数を踏むしかない、というありきたりなアドバイスに終わる。外人と武者修行してくるしかないか。

 口直しにプエルトリコ(ボード)で外人と3人戦。また1番手で序盤辛い思いをする。しかも下家がコーヒーをかぶせてこっちに売却させないように巧妙に立ち回り、上家までそれに加担するものだから本当に辛い。外野の鴉(仮名)までがこれは無理だと言う。が、ここからがプロの腕の見せ所。農場公邸と工場ギルドホールで、出荷点を稼がれないようにさくっと建物エンドに導き、43-41-40の僅差で勝利。どうにもならなそうなところから、よくまくれたものだ。我ながらなかなかしびれる展開だった。


2016年6月26日 日曜日

 BoardGameArena(Web)でスルーザエイジ(ボード)の高ランクプレイヤーの手を見学してみる。そもそも初手から資源や食料に3人目を置かない人がいたりして、それでいて勝ってるのでおったまげる。今までここまでセットアップだと思っていたところから疑わないといかんのか。


2016年6月27日 月曜日

 BoardGameArena(Web)でケイラス(ボード)4人卓に誘われるがまま入る。いつも建物ラインばかりなので、今回は得点ラインに行ってみようと志す。序盤から監督移動に莫大な金を払ってる2人がいてあほだなあと思って見てたが、うち1人が建物ラインに入って3資源建物を2つ建ててぶいぶい言わす。1人はイヤな手を打ってくる上級者と見込んでいたら、城は次行けばいいやと思ってたら3人結託して建て切りやがってゲーム終了。最終的にあほ2人で勝敗を争い、62-61-59-52でドベどころか眼力も完全に的外れ。おかしいな。

 次に3人プエルトリコ(ボード)。2ターン目でもう下家の挙動がおかしく、下手なプレイヤーであることが判明。ということは上家が恩恵を被るわけか。上家はブラジル人で地球の裏側だから通信が遅いけどまともなので、もうこいつだけがライバル。港を買った後、工場はてっきりコスト調整がされているものだと思ったら価格7のままであることに気付き、慌てて購入。こうなるとギルドホールに行くしかないのだが、ひたすら市長を取りたがる下家のせいで、建物エンドより先に人エンドが間近に来ていることに気付く。ギルドホールだとまだ6点で、もうひとつ買って8点と目論んでいたのだが、それなら公邸で7点の方がよかった。そしてこの1点が響き、48-47-36で2位に終わる。下手と遅い奴に囲まれてストレスのたまる卓であった。しかも最初にコスト調整されている卓に入ったはずなのだが、どうやら隣の卓をクリックした模様。ガッデム。

 気を取り直して新たな3人卓に。今度はコスト調整されていることを確認。しかも面子はなかなか分かっている方々。1ラウンド目が予定調和で終わり、うんうんやっぱりこうでないと、と思わずうなづく。しかし下家がややぬるく、出荷の仕事を任せたつもりが自分も一緒になって売りやがって、上家のタバコがあっさり売れてしまう。そして金を持った上家が出荷点もがんがん伸ばすんじゃたまらん。工場ギルドホールに走るが、金策が間に合わずギルドホールを取られてしまい、仕方なく公邸で我慢する。最終ラウンド、金があるのに安い建物を選んでしまうミスがあったが、それを勘案しても56-51-51では勝てなかった。参った。

 そして今度はグッドプレイヤーの冠を持ってる人たちに混じって3人卓。2番手の下家が初手生産という珍妙な手を打ってきてざわっと来たが、2手目以降はちゃんとグッドプレイヤーだった。珍しく序盤からさくさくうまく進んで、いち早くタバコ生産体制を整えると、当然のようにマークされる。2人にぎっちりマークされて、生産しても海に流されてうまく売却できず。もたつきながらもなんとか工場ギルドホールの形に持っていくが、船を嫌な形にコントロールされて出荷点を全然稼げないのが難点。ライバルは上家だとずっとマークしていたが、終わってみたら珍妙な手を打った下家に39-37-35の僅差で負ける。マークする相手を間違えた、って最近こればっかやな。


2016年6月28日 火曜日

 昨日がんばりすぎて猛烈に眠い。寝る。


2016年6月29日 水曜日

 BoardGameArena(Web)でスルーザエイジ(ボード)の修行をするかと入ってみたら、もう1人来てそれが鴉(仮名)だった。おんどれ上級者のくせに初級者卓くんな。初手に外人から差し出された国境開放条約を深く考えずに受ける。一種の不可侵みたいなものかと思ったら、攻撃時に戦略が+3されるという嫌なカード。むしろ宣戦布告に近い。しかも自動破棄がないので、殴り合いになるしかない。でもこっちからの攻撃は防がれ、敵の攻撃には防御カードで間に合わないという一方的なサンドバッグモードで、早々に戦線離脱。ひとり戦闘から無縁の鴉(仮名)が順調に進化して153-131-81というスコア。んーこのゲームどうやって勝つのか、ビジョンがまるで見えない。

 その後初心者と2人対戦。アドバンスドとか言われてなんのことか分からなかったが、中級者ゲームのことらしい。時代2で終わるので、早め早めの展開を心がける。最初に敵の襲撃を受け、防ごうかと思ったらなぜか敵が全戦力を捧げて攻撃力を上げてくる奇手に出る。仕方なく食料資源合わせて3個を差し出すが、どう見ても捧げた戦力の再生分にすらならない。しかもどうしてもやりたい手があったのかと思ったら、自力で間に合う程度。あほやなこいつ、と飲んでかかったらもうこっちのもの。戦力的に常に上回り、技術も進めて得点も稼ぎとやりたい放題。なんかオラワクワクしてきたぞ。72-54で圧勝。こうやって初心者狩りをしつつ何かを掴んでいくか。

 寝る前に口直しと、得意のプエルトリコ(ボード)に入り、鴉(仮名)含め4人ゲーム。2人の外人が序盤ぬるい手が続いたため、これはいけるかと、早々にタバコに進出。対面の鴉(仮名)のアシストで最初のタバコをうまいこと売ることができたが、上家はコーヒーを作ってこれまた売ることに成功。もう1人の外人と生産売却を繰り返すコンビプレイで、それに見とれて1回タバコ売り損ねたミスも手伝って後半まるで冴えず、47-40-39-33のドベ。鴉(仮名)にいいところを見せるどころか、アシストしてもらった挙句に負けるとか、恥さらし。


2016年6月30日 木曜日

 BoardGameArena(Web)でプエルトリコ(ボード)3人卓。最初の開拓で石を取らない上家はさっさと見切り、下家をライバルと定めるが、こいつも大きな市場でコーヒーを売ったくせにその金で買い物もしない程度の腕前。少ししてから港と造船所を買いだすが、こっちはもうギルドホールでゲームを終わらせる準備してるので時既に遅し。51-44-34で快勝。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット