天下統一(体験版)プレイレポート 目次



戻る
・そもそも天下統一とは?

 まさか知らない人がいるとは思えないが、10歳未満だったりすると知らない可能性があるので一応解説しておくと、1989年にシステムソフトから発売された、PC-9801用の戦国SLGのことである。黒田幸弘氏の名前が知れ渡るようになった代表作であり、単純なルールと手ごわいコンピュータアルゴリズム、更にはほぼ確実に東西の天下分け目の決戦になる展開が名作の根拠となっている。

 今回当時の作品がそのままWindowsに移植されたのを受けて、体験版がシステムソフトから公開されている。URLはこちら。5年間しかプレイできないのと、選択できる大名が12家のみとなっているところが製品版と異なる。ちなみに製品版も最初は12家のみで、一度クリアすると全大名が選択できるようになっている。

 よほどの弱小大名でもない限りは、最初の5年のプレイでもう基盤固めが終わるので、この際各大名家で、5年間でどこまで伸びることができるか、一応記録しておこうと思い立ったのである。ちなみに武将能力は、16点満点であることを忘れずに。上杉謙信が軍事16と言われて、大したことないじゃんと思われると心外なので一応。


北条家 氏康…274万石
武田家 信玄…416万石
上杉家 謙信…289万石
今川家 義元…285万石
織田家 信長…挑戦中
島津家 貴久…217万石
龍造寺家 隆信…126万石


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット