Civ4 序盤戦略解説




目次に戻る
☆序盤に考慮すべき項目
 Civ4にはさまざまな要素があるので、一言で単純にこれをしろと言えるものではない。ただ、最序盤に限定すると、以下の2つに関してだけ考慮すればなんとかなる。

・都市での生産
 ユニットや施設に関して、何をどの順番で生産するか。

・技術開発
 複雑に絡み合った技術ツリーの、何をどの順番で開発するか。


☆序盤の各項目の戦略
1)スタート時
・都市生産
 最初に渡されたSettler(開拓者)を使って黙ってその場に都市を建てる。最初の地点にそれなりに優遇措置が取られているので、もっといい土地があるかもとか欲張ったことは考えない。

・技術開発
 宗教の聖都が欲しければ、仏教が貰えるMeditation(瞑想)か、ヒンズー教が貰えるPolytheism(多神教)を目指す。但しいずれもMysticism(神秘主義)を必要とするため、これを初手で持ってる文明以外は1段階ロスがあるのを覚悟すること。聖都は最初に発見した者の特権なので、先を越されると何の意味もない。
 宗教を無視もしくは先送りする場合、Scout(斥候)がないと世界探索が進まないのでHunting(狩猟)を。これを初手で持ってる文明の場合は首都周辺の資源を取得するための技術を。

・その他
 最初に渡されたWarrior(戦士)又はScout(斥候)は都市周辺の暗黒を払い、小部族を発見することを目的としてさまよい歩く。

2)首都完成後
・都市生産
 最初にまず探索用のユニットとしてWarrior(戦士)かScout(斥候)が欲しい。いきなり地形改善用のWorker(労働者)を作る手もあるが、これをやると都市の人口増が止まるというデメリットを抱える上に、そんなに早く作っても地形改善の技術を持ち合わせてないのでやることがないことが多い。

・技術開発
 スタート時と同様。聖都確保用の宗教技術、Hunting(狩猟)、それから地形改善用にWheel(車輪)が必要で、あとは資源の種類に合わせてAgriculture(農業)、Mining(採掘)等で初手に持ってないものを補完する。

・その他
 Warrior(戦士)又はScout(斥候)は引き続きさまよい歩く。そのうち他国と遭遇することもあろうから、その際は事を荒立てないようにpeaceを選択。

2)最初のユニット完成後
・都市生産
 2つ目のユニットとしては、首都防衛用にWarrior(戦士)が必要。さすがに首都をもぬけの空にしておくのはまずい。

・技術開発
 スタート時と同様。聖都確保用の宗教技術、Hunting(狩猟)、それから地形改善用にWheel(車輪)が必要で、あとは資源の種類に合わせてAgriculture(農業)、Mining(採掘)等で初手に持ってないものを補完する。

・その他
 Warrior(戦士)又はScout(斥候)は引き続きさまよい歩く。そのうち他国と遭遇することもあろうから、その際は事を荒立てないようにpeaceを選択。



目次に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット