ゲーマー日記 2008年4月分


最近の日記に戻る

2008年4月1日 火曜日

 信長の野望Online(Win)。トライアルダンジョンが自動結成される気配がないので、メンバーに手伝ってもらって中級クエストを進めることに。メンバーの別キャラクタたちも丁度その辺からなので、まずはお付き合いで昇仙峡から。ついでに目付試験も一緒に済ませてしまい、無事目付昇進。

 その後比叡山、裏堺とクリアして、特化目録1を貰えることに。中立の街ということで最寄の信濃の山賊町へ行くが、召喚の目録は、本体とは別に、式符生産用の目録が2冊。しかしもらえるのはどれか1冊と言われ、しょうがないので本体だけもらっておく。残りは正攻法で断片を集めて交換するしかなさそう。断片集めもやらなきゃいかんのか。とほほ。

 勢いで、中級クエスト続き。特化2は佐渡金山から。船の使い方を忘れていたが、何とか教わって到着。高Lvキャラの援護が得られるから楽勝。


2008年4月2日 水曜日

 信長の野望Online(Win)。トライアルダンジョン1回やった後、いつものメンバーに手伝ってもらって中級クエストの特化2を取りに東尋坊と浜名湖へ。これで特化2の目録がもらえて、次は特化3のクエストが始まる。これも3部作っぽくて、少し難しくなって目的地がはっきりと出なくなる。が、高い名山の近くにある洞穴にいる富士の怨霊を倒すと書いてある。全然隠れてないよ。さくっと倒してクリア。あと2箇所。


2008年4月3日 木曜日

 信長の野望Online(Win)。パッチが当たり、中級クエストで召喚の生産目録がもらえなかった件が修正され、慌ててタダで貰ってくる。そして喜び勇んで生産開始。あっというまに1冊皆伝。2冊目も時間の問題。


2008年4月4日 金曜日

 信長の野望Online(Win)。召喚生産の2冊目も皆伝させたので、トライアルダンジョンへ。


2008年4月5日 土曜日

 信長の野望Online(Win)。トライアルダンジョン。珍しく高Lvパーティに入り、とても楽ちん。


2008年4月6日 日曜日

 信長の野望Online(Win)。トライアルダンジョン。

 昼間もトライアルダンジョンをしたかったのだが、自動結成されないので暇潰しに戦場へ行ってみる。上杉が武田に侵攻してきたのだが、その割に戦場となる信濃には上杉プレイヤーは1人もいないという状態。やりたい放題なのだが、なんせソロなのでやれることは限定されてる。とりあえずは新たに実装されていた兵站クエストをやる。味方陣地内の大砲作りならほとんどリスクもない。敵陣への抜け道出口の逆茂木作りは、さすがに敵陣内に潜入するためかなり危険。何度か死亡したが、通りがかりの味方に蘇生してもらって事なきを得る。とりあえず大砲作りの勲功トップを取って満足したので終わる。ひたすら往復するだけなので、単調すぎて飽きる。


2008年4月7日 月曜日

 信長の野望Online(Win)。休日の夜こそばっちりプレイするぞと思ったが、土日の子供達の相手で日曜夜は例によってぐったりしてしまい、20時半に就寝。慌てて0時に目覚めたが、トライアルダンジョンには誰もいなかった。

 通勤ゲームはしばらくユグドラユニオン(GBA)を再開していたのだが、終盤まできたものの、またきっつい面に入ってちょっと逃避したくなり、先日みほ(仮名)から借りた三国志大戦(NDS)をやってみる。アーケードでは大流行して現在3まで出ている繁盛っぷりだが、実際にやってみると単なる簡易RTSでしかない。んーおかしいな。なんか大流行するような面白さがきっとあるに違いない。とりあえずキャンペーンからやってみよう。


2008年4月8日 火曜日

 信長の野望Online(Win)。中級クエストをばんばん進めてもらい、2箇所クリアして特化3の目録を受け取る。特化3は戦闘目録がなくて、生産目録が2つあるだけの変な構成で、ひょっとしてバグじゃないのとかさんざん脅されたが、結局調べたところこれで合ってる模様。あとは勢いでそのまま中級クエスト続行。叢雲堂で仏像を3体撃破。Lvが2つ上がって49。


2008年4月9日 水曜日

 信長の野望Online(Win)。召喚に特化したからには、やはり式符を使って式鬼を出したいものである。そのためには式符作りの生産目録を進めねばならない。大好きな生産を堂々とやる理由ができた。しかし材料があまりないので、ちまちまと自分用の束帯を作りながら、いい作品には入魂を試す。最大3回できるはずなのだが、いいところ2回。満足いく作品はまるでできず、ひたすら売却してる内に材料切れ。

 それでもとりあえずは最初の攻タイプ式符は生産できるようになったので、材料集め。染料は店で買い、朱砂はこの日のために採集してある。あとは紙。楮紙というのは新要素の知行で得られる楮を、これまた知行で加工する。楮は畑で取れるのだが、あいにくうちには畑がない。おます(仮名)がそんなもの余ってるというのでありがたく頂戴して、せっせと加工。これで材料が揃ったので、早速式符生産開始。20枚ほど作ってみるが、ひとつも名品ができなかった。話によると、式符は価値が命らしく、名品となって価値が1つ上がらないと何の意味もないとか。

 まあ攻タイプはあまり使わないので、次の妖タイプに期待か。手持ち資金が心許なくなってきたので、資金稼ぎに何が売れ筋なのか聞いたところ、絹とか印金織が結構売れるとか。絹なんか材料を店で買ったって大丈夫とか伊政(仮名)が言うので原価計算したところ、さすがにそんな相場にはなってないことが判明。でも材料の生糸束は楽市で結構出回っており、これで作るなら黒字にはなりそう。売れればだけど。束帯作りに自分でも使うから、別に売れ残っても困らないつもりで半信半疑で売りに出したところ、即売れる。そうなると明日の日中に売れることを期待して多めに作りたくなるのが人情。ついつい3時まで生産してしまう。


2008年4月10日 木曜日

 信長の野望Online(Win)。昨日3時まで生産した甲斐があり、並べた品は完売していて結構な売り上げに。なるほど、当面これで運転資金を作るか。しかしメンテの際に売り子は没収されてしまっていた。隔週でしか手に入らないシステムらしい。あほなシステムだなあ。


2008年4月11日 金曜日

 信長の野望Online(Win)。生産の際にくみ紐を今までPiromi(仮名)に頼んでいたが、どうもこの人生産が好きではないらしく、あまり協力的ではないので、そのほかにも陰陽と僧は密接な生産関係にあるし、この際だから自分で僧を作ってしまうことに。トマト皇帝のために生きる僧なので、命名トマト茶坊主。生産しかしないので、魅力と器用に全てを注ぐ。初心者の里にいると、既存キャラと交流がもてないので、生産を教わったあたりでさっさと抜け出して武田家に仕官。


2008年4月12日 土曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回やって、僧の生産を鍛えるが、さすがに共有倉庫がないとどうにもならないっぽいので、仕方なく315円の拡張サービスを申し込む。が、逡巡してる間にどこかミスクリックしたっぽくて、キャラクタ拡張サービスとか間違ったものを申し込んでしまい、不要なサービスに対する対価すら払う羽目に。ガッデム。それにしても、既に支払い契約があるんだから、わざわざクレジットカード番号をネットで何度も入れさせないでいただきたい。

 日中は暇潰しにTD1回。


2008年4月13日 日曜日

 信長の野望Online(Win)。メンバーの上級クエストお手伝い。


2008年4月14日 月曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。


2008年4月15日 火曜日

 信長の野望Online(Win)。Lv50を越えたので、九州デビューしてみる。一般のゾーンとは違い、パーティ専用インスタンスになる高Lv用コンテンツ。九州三国志を反映し、特定の勢力に助勢するシナリオになっており、ひとまず島津家に加勢。アンデッド騎士っぽい島津義弘先導のもと、対大友家との耳川合戦場で敵武将と戦う。高Lv用なので、相手は強いが、その分経験はすさまじく入る。でも楽しいかと問われるとちょっと微妙。まあ武将相手でも召喚すればそれなりに役には立った模様。


2008年4月16日 水曜日

 信長の野望Online(Win)。適当に炭掘り。


2008年4月17日 木曜日

 信長の野望Online(Win)。メンテ明けで、今週こそ売り子が確保できたかと思いきや、急に入札相場が上がって、以前1文でも入れたものが、最低1貫になっていて、100文ではアウトだったとのこと。ガッデム。これで2週間連続売り子なし。これからどうやって生計たてようか。


2008年4月18日 金曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。


2008年4月19日 土曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。


2008年4月20日 日曜日

 信長の野望Online(Win)。金策がいよいよ厳しくなり、手元にある換金性のあるアイテムを次々と放出せざるを得ない状態に。手始めに漆は買取があったので、1つ160文でまとめて数千個売る。これを元手に、今度は知行生産物でひと稼ぎ。Excelで原価計算をして、店で材料を買って知行で加工してそのまま店に売っても黒字になるものを発見。今日は壺がもうかるらしいので、壺作りでひと山あてて、所持金1000貫復活。


2008年4月21日 月曜日

 以前からやりそこねていた北斗の拳Online(Win)が、オープンβになっていたのでプレイしてみる。まあタイトルと画面写真から言って、どう考えてもまともなゲームになっているとは思えなかったのだが、過去クローズドβを2回逃した身としては、妙に期待だけ高まってしまったので、ひとまず無料なうちにプレイ。

 料理人という職業があるらしいので、生産好きとしてはそれを目指したかったのだが、生まれつきなれるものではないらしく、当面ごろつきから始めてある程度育ってからクラスチェンジする模様。グラフィックはすさまじくひどい。ポリゴンのテクスチャ数の少なさたるや、15年前のヴァーチャファイター1(SS)に匹敵する。まあそれでもごろつきの顔が表現できているだけ大したものというべきか。むしろ低ポリゴンでごろつきの顔っぽく見えることを発見して、本作の企画が持ち上がったんじゃないかと邪推するくらい。

 もちろんグラフィックだけでなく、各種システムも同様に低レベル。マップシステムは拡大してもNPCの案内には全く役に立たず、開始時に訪ねるべき村長の居場所を求める呼び声でチャット画面が埋まるくらい。戦闘はアクション制で、パンチ・キック・ガードキーとマウスの軌跡を組み合わせて技を出す。が、MMOでアクションを要求する対人ゲームはどうかと思う。通信ラグが発生するのが当たり前なのにどうするつもりなのだろうか。

 とりあえず料理人になるべく少しは戦闘してみるかと雑魚を探しにいくが、例によって雑魚の居場所も全く見当がつかず、ちょっと村を出ると無法地帯になるので他のプレイヤーが襲ってきたりする。まあ無法世界のゲームだからこれはこれでありだが、ゲームとしてはせめて雑魚を近くに配置して強くさせてもらえませんかね。しばらく探し回り、やっと1匹雑魚を見つけたが、なぜか戦闘状態に入れない。ひたすらくっついてくるのだが、戦闘はできない。他プレイヤーも雑魚を求めて戦いに来るが、戦闘時の「俺の名を言ってみろ!」という初期設定セリフが延々と辺りにこだまするばかり。どうも雑魚は狩りつくされてしまっているらしく、残っているのはバグってるこの1匹だけ。このゲーム性で何をどうしろと。ネタとしては満喫したので、二度とやらない決意のもと終了。


2008年4月22日 火曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。

 通勤時ゲームでやってる三国志大戦(NDS)だが、キャンペーンをひと通り終わらせて、COMとの鍛錬モードで難をクリアして終わったと思ったら、更に難しいモードがでてきた。10戦連続勝利が条件で、9戦までは勝ったが、10戦目は敵が明らかに質量ともにおかしい超一流編成でやってきて、到底防ぎきれなくて敗北。こういうあからさまな差を覆すことにはあまり熱意がもてないので、この辺でこのゲームは終了。

 ちなみに普通に勝利を目指す分にはいいのだが、キャンペーン中の勝利条件で特定の敵武将を撃破する場合に、伏兵持ちだとマップ上に現れないため、時間制限内に間に合わないケースがいくつかあった。明らかに優勢にも関わらず、隠れてる敵を発見できないだけで敗北扱いになるのは相当納得いかない。しかも敵の動きは必ず決まってるわけでもないので、10回ぐらいチャレンジしたマップもあったし。この点もあって、あまり評価の高いゲームではなかった。アーケードで大流行したらしいが、簡易RTSにカードコレクションの要素をつけただけという感じが。まあ後者が多分コレクター魂をくすぐったのだろうが。


2008年4月23日 水曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。

 通勤ゲームを、先日ぽちょむきんすたー(仮名)から借り受けた世界樹の迷宮(NDS)に変更。世間でかなり話題になったゲームだが、一言で言うならWizardry(PC98)らしい。原作からもう20年以上も経過しているわけで、まあ一巡してこれが流行の最先端ということか。始めてみると、確かにWizardry。キャラいっぱい作って、パーティ組んで迷宮の中で探索するだけ。クエストを受けたり、ほんのりと最近のゲームっぽくなってはいるが、基本はキャラの強化とダンジョン奥深く進めることが最大の報酬という点は原作から不変。地下2階に行くだけで死にそうになって帰ってくる辺りがWizardry初期と同様、一番楽しいのかも。


2008年4月24日 木曜日

 信長の野望Online(Win)。TD1回。資金ができたので、今頃やっと生産用の器用装備を整え始める。安物付与石をかき集めて、メンバーからのもらいものも含めてやっと最低ラインの器用300に到達。


2008年4月25日 金曜日

 信長の野望Online(Win)。かるく絹生産。器用300を越えてると収率が確実に100%を越えるので助かる。もっと早くから揃えときゃよかった。


2008年4月26日 土曜日

 信長の野望Online(Win)。九州で武将を倒す。

 くみ紐作り専用僧も、知行ぐらいはもっていた方がなにかと便利なので、そのために与力を志す。まずは中級クエストを順に進めていけば大丈夫かと思いきや、Lvは順調に上がるものの、出世とは関係なさそう。しょうがないので生産による納品で出世しまくり、あっというまに与力試験。だが、さすがにソロではまったくたちゆかない敵なので、ジウ(仮名)と伊政(仮名)の力を借りることに。借りるというかLv60キャラが3人も合流してくれると瞬殺すぎる。あまりにあっけなくクリアして、無事与力に、そして知行を受け取る。式符作りのために重要な畑を育てることに。Lv5の畑にするのが当面の目標だが、1ヶ月たってもLv4にしかならなかったので、どれだけかかることやら。


2008年4月27日 日曜日

 信長の野望Online(Win)。資金繰りに絹を作りまくったおかげで、3000貫ぐらいの貯金ができる。


2008年4月28日 月曜日

 信長の野望Online(Win)。まもなく生産修得2倍キャンペーンが終了するので、今のうちにやり残したことをやっておかねば。生産と言えば召喚士としてはやはり式符である。まだ特化目録を最後までもらってないので、これをもらって、キャンペーン中に皆伝してしまう計画を立てる。特化目録の最後は、九州で友好度が2000になるともらえるらしい。現在1700だから、あとちょっと。ひと晩がんばれば目録はもらえるし、もらってしまえば我が生産意欲をもってすれば、難易度12の2冊皆伝なんて小一時間あればいい。

 と計画を立てたはいいが、体調が優れず子供達と一緒に寝てしまい、起きたら0時を過ぎていて何もできなかった。ガッデム。


2008年4月29日 火曜日

 信長の野望Online(Win)。昨日立てた計画を実行に移す。メンバーと一緒に九州へ渡り、島津家で友好度を上げるべく最初の武将をひたすら倒しまくる。1回で60上がるので、5回やって達成。無事、目的の特化目録をもらう。いきがけの駄賃で5人目の武将もやってしまい、充実した九州ライフを満喫。そして堺に戻って生産タイム。準備しておいただけあって、順調に生産しまくって、こちらも予定通り小一時間で2冊クリア。これでキャンペーン前にやりのこしたことはない。

 あとは材料である三椏紙を集めて、価値5の究極式符を作るのが夢なのだが、これがまたとびきり高い。紙になっているのは1つ30貫近くかかるし、材料かってきて自分で加工しようにも、知行の工房がLv5必要なので先は遠い。材料も十分高いので、工房が手に入ったとしても1枚20貫ぐらいだと思われる。そんなところに、伊政(仮名)が1枚10貫で売ってくれるというので、100枚1000貫で買い上げる。うきうきして早速式符作りに励むが、50枚作っても価値5は残念ながらできず。成功率1%ぐらいなのだろうか。まあ通常品の価値4でも十分使い道はあるので、全くの無駄というわけでもないし。


2008年4月30日 水曜日

 信長の野望Online(Win)。九州いって耳川の合戦へ。しかし道中迷って敵に殺されの無限ループにはまり、4-5回死んでさすがにメンバーがあきれて迎えをよこしてくれたのでなんとか先に進む。が、ラスボスの角隅で苦戦。先日は軽く倒せたのに、今回は結局勝てず、残ってた式符の耐久度が3と1だったので、これを全部失って戦闘力皆無になったところで撤収。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット