ゲーマー日記 2009年1月分


最近の日記に戻る

2009年1月1日 木曜日

 年越しゲームはTravian(Web)。まあアトランティカ(Win)もログインはしてたけど。Tuft(仮名)からシッターを頼まれて、不在時に村の面倒をみてやることに。特に第2村を作ったばかりなので、こまめに指示を出してやる必要があって忙しい。まあ2倍楽しめて結構なことなんだけど。


2009年1月2日 日曜日

 アトランティカ(Win)。ギルドメンバーを手伝いつつ、退魔師雇用クエスト2周目クリア。その後、ソロで姫雇用クエスト2周目もクリア。でもまだLvが次のクエストに足りない。


2009年1月3日 土曜日

 アトランティカ(Win)。経験値を稼ぐために伊政(仮名)に手伝ってもらって、予言者雇用クエストをやり直して、ひと晩でがーっと一気にクリア。さすがLv100近い人に手伝ってもらうと、全く危なげない。おかげでLv73になって、やっとメインクエストの次の段階に着手できるように。

 Travian(Web)は伊政(仮名)の村のシッターも引き受けて、3倍楽しめるように。


2009年1月4日 日曜日

 Travian(Web)。生産力を大幅に向上させるオアシスを取りにいく。守る屈強な動物たちを排除する必要があるのだが、ろくに軍備してない状況で独力では到底無理なので、同盟員で手伝ってくれそうな人たちに声をかけ、なんとかシミュレーションで勝てそうなくらいの兵数を集める。

 各人からの距離から出発時刻を逆算し、準備は万端。主力となる人の分はシッター権限をもらって、自分で発射することに。少し早めにログインし、さあいつでも大丈夫なようにと目的地をセットした途端、表示される到着時刻に青ざめる。なんとすでに48分もの遅刻。よくよく見ると、その人の2つある村のもう片方と座標を取り違えていたらしい。主力ゆえに抜くわけにもいかず、取り急ぎ発射はさせておいて、後は関係者へ実施時刻48分遅れの通達を慌てて出す。既に出発ずみだった人は繰上げで先鋒になってしまう旨を平謝り。まあ順番が入れ替わっても、少し余裕のある兵力だったのでシミュレーション上問題なし。あとはこの遅刻で他人にとられることだけが怖い。

 ただそれを言ったら、年末年始暫定休戦期間が明けた本日朝の時点で突撃しなければならないのに、21時なんて余裕ぶっこいたスケジュール立ててる時点で横取りリスクは相当なもの。たかがWebゲーム、数時間に一回ポチポチやるだけのゲームだと侮っていたが、オアシス確保に丸一日かけるほど労力の要るゲームらしい。


2009年1月5日 月曜日

 Travian(Web)。21時48分、無事オアシス確保。もしこの本命オアシスを取られたら、代わりにこれにしようかなーなどと考えていた代替候補が先に奪われており、やはり休戦明けに色々動きがあった模様。第2村の付近のオアシスもごっそりとられてるし、いずれはどれか取ろうと思っていたが、そんなに甘くはないらしい。

 確保したらしたで、出兵してくれた人への損失補てん額計算など、やることがいっぱい。調整やら計算やら、なんか仕事してる気がしてきた。楽しいからいいけど。


2009年1月6日 火曜日

 Travian(Web)。オアシス確保して一段落、と言いたいが、今度はポイントがたまってきたのでそろそろ第3村移民計画を立てねば。明日夜には行けるので、場所の選定から始めないと。忙しいゲームだなあ。


2009年1月7日 水曜日

 Travian(Web)。付近の同盟員に相談したところ、先日のオアシスで出兵してくれた人に隣に来たら、と誘われる。兵力損失分をチャラにしてくれるという条件がつくのでは、もう勧誘というか選択の余地のない取引である。

 アトランティカ(Win)は、最近もうログインだけしかしてないようなものだが、ちょぼちょぼとクエストを進めてLv74に。


2009年1月8日 木曜日

 Travian(Web)。予定通りの場所に無事第3村を作成。さすがに次の移民は必要ポイントがぐんと上がるので、しばらくこれで落ち着けそう。いや新村の育成に忙しくて落ち着いてる暇もないんだけど。


2009年1月9日 金曜日

 Travian(Web)。所属してる同盟が軍事演習がてら、小規模同盟相手に戦争を開始。まあ付近に敵がいないので、ほとんど関係ないようなもの。傍観者としてひたすら新村の育成に励む。

 アトランティカ(Win)は2つのクエストが、機械神殿のボスである女王を倒せと言ってるのだが、一回挑戦してみたら例によってボスが強すぎて勝てる気がしない。伊政(仮名)に相談すると、Lv80ぐらいじゃないと厳しいのではと指摘され、後回しにして別のクエストを進めるべく、Lv上げに励むことに。また予言者雇用クエストをやり直すことに。


2009年1月10日 土曜日

 Travian(Web)。戦争に全く加担しないのも、今後の同盟内の立場がなくなるので、格好だけでも参加するため、援軍要請に応えて防衛兵を移動させたり、偵察兵を多めに作って偵察かけたり。でも基本は農耕。

 アトランティカ(Win)は、ソロで無理矢理予言者雇用クエストを進めて、一人じゃきつくなったところでLv75に達したので、そっちのクエストに移行。


2009年1月11日 日曜日

 アトランティカ(Win)。主人公のみに経験値を集めるように心がけたら、ぐんぐんLvがあがっていく。なるほどこういう風に進めるゲームなのね。


2009年1月12日 月曜日

 アトランティカ(Win)。機械神殿ダンジョンの機械野獣がやけに強くて、雑魚のくせにいつも死人が出るとぼやいたところ、やはりこいつの強さは傑出しているらしい。ちなみにぱっと見、機械野郎に見えてしょうがないと言ったら、B級映画のタイトルかと伊政(仮名)に返された。念力機械野郎とか確かにそれっぽい。

 Travian(Web)。そろそろ3番目の村のオアシスでも着手するかと、英雄の館のLv上げに励む。ただ休日ずっとはりついてても、資源生産を待たなければならないのでそれほど効果はない。でも平日のように日中12時間放置してると、建設時間がもったいない。悩ましいゲームである。


2009年1月13日 火曜日

 アトランティカ(Win)。機械神殿の最強雑魚、機械野郎に関するクエストがやっと終わってほっとひと息。


2009年1月14日 水曜日

 Travian(Web)。なんだかオアシスが急速に売れてゆく実状を目の当たりにして焦りだし、一番新しい3番目の村の付近にある穀物25%オアシスを取ろうと決意。しかし前回苦戦した穀物50%オアシスの倍の強さ。また借金生活かよと落胆していたところ、同盟随一の猛将をつかまえることに成功し、4000人という破格の兵力を確保。ランチェスターの法則により、兵力は多ければ多いほど損害が少ない。これによりあとは自前兵力でどうにかなり、しかも借金は前回の2割程度で済む。

 着弾が朝6時のため、自前兵力を4時半に出さないといけないという不規則な生活が痛手ではあったが、無事目を覚ましてオアシス確保。2番目の村周辺は既に全部売り切れており、これで4村目を作れるようになるまでは何も考える必要がない。当面農耕に励むことができる。

 アトランティカ(Win)は伊政(仮名)とギルドメンバーに手伝ってもらって、神官雇用クエストを開始して、半分ぐらいまで進める。


2009年1月15日 木曜日

 昨晩の不規則生活のせいで眠くてしょうがない。アトランティカ(Win)にログインだけしたけど何もせず寝る。


2009年1月16日 金曜日

 Travian(Web)はやっと落ち着いてきたので、のんびり資源をのばしつつ、アトランティカ(Win)をちょろっと。Travianのために夜中起きるクセが最近ついてたのだが、建設時間が長いので気が抜けたのか、久しぶりにぐっすり寝れた。

 DSでやるものがなくなってきた。ずっとカルドセプトDS(NDS)を続けてたが、さすがにCOM相手に100勝のメダルまで取ってしまうともう目標がないので終了。かといって一度クリアしたユグドラユニオン(GBA)は全アイテム取りを目的に始めたものの、序盤の選択肢が少ないところで難しい状況なのでやる気なし。ふと思いつきで風来のシレンDS(NDS)を久しぶりに引っ張り出すが、ブフーの洞窟で浅い階で店が出まくるので、その都度泥棒して失敗する。1Fでも店が出たら即泥棒するのがシレニストというものだろう。

 そんなわけでやるものがないのだが、新作も心惹かれるものがないので、中古屋をぶらついて、安くなっていたメタルサーガ(NDS)なるのを買ってみる。950円。まあ安いからにはきっと大したことのないのだろうけど。


2009年1月17日 土曜日

 Travian(Web)はひと段落ついてしまって、次なにをしたものか方向性が定まらない。同盟内で軍事力調査アンケートが来ると、ちょっと軍備を整えねばという気にもなるのだが、やはり経済力をつけてから軍備したいところだし。そのためには第4村の準備を優先すべきか。アトランティカ(Win)はログインすれども放置。


2009年1月18日 日曜日

 Travian(Web)は移民準備開始。アトランティカ(Win)は伊政(仮名)やギルドメンバーに手伝ってもらって神官雇用クエストが終わったので、久々に新規傭兵を投入。これから地道に育てていくことに。回復役なので上げるのが大変そうではあるが。


2009年1月19日 月曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)の日々。


2009年1月20日 火曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)の日々。


2009年1月21日 水曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)の日々。


2009年1月22日 木曜日

 Travian(Web)とアトランティカ(Win)の日々。


2009年1月23日 金曜日

 Travian(Web)。付近の麦50%オアシスつき中農場を持ってるプレイヤーが、近々やめるので後釜立候補が2人ほど。うちも近所なので割って入りたいところではあるが、そんなのを持ったら、かなりの戦力として義務を負うことになってしまうので、腰が引けて遠慮する。

 アトランティカ(Win)はギルドメンバーたちと3回目の予言者クエストを終わらせる。Lv78になっても、まだ全部ソロではちょっと厳しい。


2009年1月24日 土曜日

 Travian(Web)は北西の大手同盟が南西に攻め込んできたという噂でもちきり。来週から合併する同盟に対しての攻撃であって、まだ本体に宣戦布告がきたわけではないが、緊張が走る。と言っても軍備はせずに明日の移民に向けて開拓者を作ったりしてるけど。

 アトランティカ(Win)は神官が育たなくて困ってる。昇級させれば少しはましなんだろうけど、昇級アイテムがばかに高騰していて、とても買えない。Lv79に上がる。

 日中はぽちょむきんすたー(仮名)の呼びかけでみほ(仮名)邸にてボードゲーム。今回はシュウ(仮名)氏が持参したコレクションを堪能。前回蒸気の時代(ボード)という名作に出会えたので、本日も期待大。

 まずはブラス(ボード)。以前からあちこちで名前を聞く作品だったので、本日の本命。イギリスの産業革命をテーマにした、生産売却でVPを稼ぐタイプのゲーム。蒸気の時代(ボード)同様、デザイナーはワレスで、確かに借金制度とか似た感じが見受けられる。アクションは引いてきたカードを使って行うのだが、制約がありそうでいて意外に色々幅があり、それほど引きゲームとは思わせない。工場建設以外のアクションは、不要カードを捨てることで行うデザインのおかげか。なかなか悩ましくできている。

 山札がなくなると借金禁止というルールを失念したせいで、終盤は金欠になり、金稼ぎアクション中心になってしまい、脱落したかに見えたが、序盤で引いておいた鉄道がかなりVPを稼いでおり、終盤追いすがるぽちょむきんすたー(仮名)を振り払って2位をとる。トップは莫大なVPを産む造船所を作ることに成功したみほ(仮名)。借金ちゃんとしてたら勝ちも見えてたのに。これも名作に入れていい。噂にたがわぬ出来で満足。
<結果>
トップみほ(仮名)125
2位皇帝118
3位ぽちょむきんすたー(仮名)117
ドベシュウ(仮名)111

 次はティナーズトレイル(ボード)。これまたイギリスが舞台で、今度は錫や銅を掘り当てて一山当てる山師を描く。鉱山は競りで得るのだが、競りゲームは今ひとつ苦手なため、序盤で値付けを失敗し、さらに採掘コストに関するルールを、1つ当たりなのに1回当たりと勘違いして収益計算をしていたために余計な買い物もしてしまい、早々に脱落。アクションによる時間経過で順番を決めるという仕組みが特徴的。これがなかなか上手く出来ており、かつ最初にパスすると次ターンの初手が得られるという駆け引きもあって、好ゲーム。競りが苦手な分、ちょっと減点だが、これも良作である。
<結果>
トップみほ(仮名)93
2位シュウ(仮名)82
3位ぽちょむきんすたー(仮名)70
ドベ皇帝44

 そして最後はスティールドライバー(ボード)。アメリカ大陸の鉄道ゲーム。1830(ボード)にちょっと似た感じで、線路を敷設するのはプレイヤーではなく各鉄道会社であり、プレイヤーはそこの株主として君臨する。これも競りゲームだが、特徴としては競ったコストはそのまま鉄道会社の線路敷設資源として蓄えられるため、ケチっていると権利はとったものの収益が上がらないということになりかねない。

 最終的に過半数の権利をとると、接続した都市の色に応じてボーナスが入るので、それ目当てに2社に絞って競りをしていたが、いかんせん線路敷設時の収益が低すぎる。効率のいい競りで、より多い株を獲得していたぽちょむきんすたー(仮名)が、都市ボーナスよりも線路敷設収益を重視して大きく稼ぎ、終わってみれば倍近い差が。まあ手軽な1830(ボード)という気はするが、ギリギリ良作といったところか。
<結果>
トップぽちょむきんすたー(仮名)1140
2位皇帝670
3位シュウ(仮名)630
ドベみほ(仮名)550

 もうこの時点で21時。夕食食ってないがな。ルアーブル(ボード)をやろうと言われたが、さすがに体力気力の限界と、ついでに仕事がトラブってて電話対応も始まってたので、プレイは遠慮してインストに耳を傾けるだけ。軽く序盤のプレイまで見たが、中身はほぼアグリコラ(ボード)。別にボードゲームとして遊ぶほどのものではない。やらなくてよかった。

 本日の総括。1日に3作も未プレイの良作ヘビーゲームができて大満足。シュウ(仮名)氏の選球眼のよさに負うところが大きい。インスト役としても非常に優れていて、実に得がたい人材である。しかし3作とも勝てず。シュウ(仮名)氏以外はみんな初プレイなんだから、勘が悪いということか。


2009年1月25日 日曜日

 Travian(Web)はカルチャーポイントが貯まったので、4村目移民開始。まずは付近のオアシスを早めに確保しておかなくては。

 アトランティカ(Win)は神官の育成に励むため、魔女雇用クエストをやり直す。Lv上げもさることながら、神官の昇級に必要な幻獣の結晶がすごい勢いで値上がりしており、これを確保する目的の方が強い。


2009年1月26日 月曜日

 Travian(Web)。4村目の英雄館を重点的に開発。狙ってるオアシスの動物が一掃されているのを見て焦るが、その後占領されてないところを見ると、誰かが経験稼ぎにやってる感じが。


2009年1月27日 火曜日

 Travian(Web)。新村の英雄館を上げるが、倉庫や穀倉の拡張も必要であり、なかなか思うように進まない。こうしてる間に誰かに取られたらどうしようと焦るが、幸いにしてまだ取られてない。明日こそ。実行に移さなくては。


2009年1月28日 水曜日

 Travian(Web)。シッターのTuft(仮名)に付近の粘土オアシス占領を依頼。初弾に安いソードマンを、第2弾の殲滅に高価なサンダーを当てるように頼んだが、逆の順番になって少々被害が発生。まあ大したことないけど。不在時にオアシス占領まで頼めるとは、全く頼もしい。

 アトランティカ(Win)はやる暇なし。


2009年1月29日 木曜日

 Travian(Web)。盟主から造兵指令が下っているが、あまりまじめに守る気はないので、何はともあれ内政に励む。資源は拡大再生産だから複利で増えるけど、兵士は置いといても何の役にも立たないしね。いずれ資源が余ってしょうがないくらい増えたら作りますよ。休暇を取ったので、日中も新村の開発をこつこつとやると実にはかどる。

 アトランティカ(Win)は今日大型パッチが当たるとかで、伊政(仮名)が仕入れた情報によると、職人の書の上位変換が20冊+金3000から10冊+金10000に変わる仕様が入るという噂。これにより、高級職人の書はいまのうちに買い込んでおくとお得らしいので、全財産をはたいて買い占めておく。果たして吉と出るか凶と出るか。


2009年1月30日 金曜日

 アトランティカ(Win)の大型パッチ到来。Lv100以上のコンテンツや新職業の傭兵実装が主だが、予想していた職人の書の変換比率変更もしっかり当たる。全財産をつぎこんだバクチは当たり、所持金が5倍以上になってうはうは。ちょうどLv80になったので、不労所得でLv80装備箱を買い漁る。育てていた神官もようやくLv50に達して、これでだいぶ育てやすくなってきた。


2009年1月31日 土曜日

 アトランティカ(Win)は大型パッチの中に、対人リーグ戦の上位実装も入っており、かなり活性化された模様。しばらくしてちゃんとLv相応になってきたら入るかな。伊政(仮名)に連れられてLv80の指輪クエストをやってる間にLv81に。まじめに戦闘するとすぐLv上がるなこのゲーム。いつもいかに不真面目かということを証明している。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット