ゲーマー日記 2013年1月分


最近の日記に戻る

2013年1月1日 火曜日

 年越しは恒例の家族ボードゲーム。今宵だけは子供たちも夜更かしが許される。夕食後、次女が熱望するモノポリー横浜版(ボード)から。しかし今年は妃が体調不良のため、年に1回の4人プレイは見送り、3人でのプレイに。全部の土地が売れた段階で、揃ったのは次女の青に対して、こっちは最安の紺だけというとてつもなく割の悪い勝負に。しかし何も自力で揃わなかった長女よりはマシだし、こっちはホテルが建ってて次女は完全に金欠な分、だいぶまだ勝ち目がある。

 当然この状況で長女が動き出し、次女のオレンジを金銭で譲り受ける。定価+40というかなり安目で、これで俄然長女がやる気を出す。しかし長女も金欠で、オレンジに家を建てる資金がないため、紺で稼いだ資金を元手に、長女の黄色を定価+150ぐらい払って譲り受ける。それでもなお黄色に家3軒が建つほどの資金があったため、断然有利に立ち、次女がまず止まって死に体に。

 もう一回止まれば次女の資産をそのまま受け継いで一気に勝負を終わらせる目論見だったのだが、次女がしぶとく生き延びて長女のオレンジのところで破産。長女オレンジvsパパ黄色の構図になる。当然ダメージの大きい黄色が有利なのだが、ここで長女がスイスイと数回連続で避けて通り、その間毎回オレンジに止まって資金を提供してしまい、次女コレクションから緑を復活させてそっちにも家が建つとジリ貧。それでもまだダイス次第では逆転もあるかとしばらく粘ったが、緑もダメージが4桁になるともはや勝負あり。長女に黄色2回分の手元資金が貯まったのを確認し、無念の投了を申し出る。

 次女がオレンジを譲らなかったら、次女がこっちで破産してたら、長女が早いうちに一度でも黄色を踏んでいたら、などとあれこれIFが思い浮かぶが、まあそれだけの名作ということである。

 そして次にケイラス(ボード)。次女は先日やったばかりなので、長女に丁寧にインストしながら。今回は恩恵の金銭ラインを封印するハンデ戦。次女は建築ライン、長女はおすすめに従って金銭ラインに進む。やはり建築ラインは強く、3資源建物をいち早く作った次女が終始有利に進める。そのまま最強の25点建物を作られると詰むので、長女をそそのかして25点を取らせる。一時的に長女がトップに立つが、後が続かない長女ならそれでも逆転できるという読みである。

 長女は逃げ切るため、監督を動かし1ターン前倒しでゲーム終了を宣言。まあ恩恵で得点ラインを伸ばしているので何とかなるだろうと目論んでいたら、次女がまさかの青建物2軒建設という離れ業を披露。25点取られて凹んでるのかと思ったら、そんなこと考えてたとは。計算が狂って非常に危ないところだったが、なんとか4点差で逆転に成功。本気でやって僅差の勝利とは。なお長女もドベとは言え、2位とたったの2点差。このハンデ丁度いいな。子供相手にヘビーゲームでこれだけヒリヒリするような試合ができるとは、今年もなかなか期待できそうである。


2013年1月2日 水曜日

 ぼんやりとブラウザゲーム。コールオブゴッド(Web)が結構面白くてまだ続けてる。戦闘が全自動で済むところが楽でいい。領地経営も地味にいい。

 Travian(Web)もこつこつと。まだどこの同盟にも属してない。サーバ人口はやっと1000人に到達し、順位は300位あたり。周囲の村を観察すると結構な勢いで成長してるし、トッププレイヤーはもう2村目を作ったりしてるので、だいぶ遅れを取ってるっぽい。まああまり根を詰めるつもりはないので、隠し倉庫にだけ気をつけて略奪されなきゃそれでいいや。

 英雄システムが色々と変わっていて、初期から与えられているのであちこち冒険に出していたのだが、その都度体力を消耗し、死にそうなくらい傷ついたので休養中。1日に10ライフしか回復しないのがまどろっこしい。50ダメージぐらい受けて帰ってくることがあるので、5日に1回しか冒険に出せない。たまに拾ってくる軟膏というアイテムで回復できるので、専用通貨のシルバーでオークションに参加し、割安で落札して回復に努めている。英雄がLvUPすると資源生産力も上がるので、なるべく冒険には出して経験を積ませたいところ。


2013年1月3日 木曜日

 Travian(Web)。英雄のHPが45ライフぐらいに回復してきたので、そろそろ待ちきれなくて冒険に出す。が、こんなときに限って過去最高の48ダメージを受けて死亡。瀕死の状態からひたすら軟膏を買いまくって慎重に回復を待ってこれか。しかも復活させるに当たって必要資源を見たら、各資源300程度と思ったより大したことがないことも判明。こんなんなら、いっそ突撃させて死なせた方が安上がりだったのでは。

 というわけで突撃方針に変更したが、経験を積んで英雄Lvがあがると案の定復活費用と復活時間が増える事態に。まあLv2ぐらいなら各500程度と3時間なのでまあ許容範囲。しかし死んでる間は英雄による資源ブーストがもらえないのが難点。そして復活したところで、どうせ満タンになったのならと高難易度の冒険に赴いたら、一撃で殺された件。

 深夜まで起きて、ファイアーエムブレム暁の女神(Wii)。第3部はまた登場人物が変わって、傭兵団が戦争に加担するお話になる。この手のシミュレーションRPGは本来個人間戦闘で連戦連勝が基本となるため、戦争を表現するのは非常に難しい中、比較的よくできてる方だとは思うが、それでもやはり説得力不足はどうしても出る。なぜ無敵の我が軍が撤退せねばならんのか。

 しかしキャラの成長がいいときは死亡者が出て、なんとかクリアしたときは成長がへぼいというこのファイアーエムブレムシリーズのあるあるはどうにかならんものか。ボスがドラゴンナイトで行動範囲内に入った途端縦横無尽に動き出すとかありえんだろう。
 日中あまりにやることがなくて、ついに太閤立志伝5(Win)とか大昔のゲームを引っ張り出す。幸いにしてセーブデータが生きてたので、一番最後のやつをダウンロードしてみると、大谷吉継で浪人とか、何がやりたいのかよく分からないプレイの序盤だった。日記を検索したら何せ7年前とか。ミニゲームの攻略法とかさすがに全部忘れてるので、なかなか新鮮ではある。暇つぶしにのんびりと技能を修得するか。


2013年1月4日 金曜日

 Travian(Web)。英雄を復活させて冒険に行かせたら、10ダメージ程度で帰ってきたので、調子に乗ってHP65で次に行かせたら、過去最高を更新して68ダメージとか食らいやがった。なんだこのクソゲー。

 ところがそんな状況が一変。特攻精神でとにかく場数を踏ませていたところ、武器を拾ってきたので、装備させたところ戦闘力が100から+500される。すると冒険で受けるダメージが一桁になり、頻繁に行かせられるように。なるほど、こういうゲームなのね。昔のTravianとは全然別物の英雄ゲームになりつつある。


2013年1月5日 土曜日

 ぼんやりとブラウザゲーム。Travian(Web)はもう資源が余ってくるような気がしてたが、夕方になるとがばっと生産力が落ちたと思ったら、クエストでもらった金貨を1週間生産力UPに費やしてたことを思い出した。まあ序盤のブーストは拡大再生産においては鉄板だし。あとちょっと残ってるのだが、余り気味なのでどうしたものか。


2013年1月6日 日曜日

 次女が年末にプレイして火がついてしまったモノポリー横浜版(ボード)に付き合う。1時間半の長いスゴロクで全部買い物が終わった時点で、長女の赤と次女の黄色が交換可能になり、二人の交渉がまとまる。ひとり置いていかれて、このままでは即死なので、次女に青を譲ってオレンジをもらう交渉を開始。金を1000よこせとか足元を見られた交渉に難色を示していたら、オレンジの実力をやや過大評価している長女が激しく警戒を示すので、代わりに緑を金銭で譲ってくれてもいいんだぞと水を向けてみる。それこそ1000で譲ってくれるという話だったが、ふとうちの鉄道2枚に目を止めて、それと交換でもいいという好条件に変わったので即応じる。

 すかさず手持ちの金を全部つぎ込んで、緑にホテルを建築。長女が最初に止まっていきなり瀕死に。次女がなぜかこのタイミングで追加投資先としてまだ青を欲しがるが、今度は逆に足元を見てオレンジに1000追加してもらわんと、とやんわりと断ったつもりなのだがなぜか払ってくれる。次の周で長女が次女の黄色で破産したため、資産が全部あっちに渡ってしまい、ようやく次女も交渉のタイミングを間違えたことに気づく。緑とオレンジの2箇所に対し、次女は1000払ったのがたたって2色目のホテルがまだ建たないうちに、緑に止まってもう死に体。

 もう寝る時間だし、ここから普通にやったらおまえの負けだから、と降伏を勧めるが、こういうときは頑として譲らない次女。まあ翌日もまだ休みだしと就寝時刻延長を許し、ゲームが終わるまで付き合うことに。どうせもう一押しだし、と思ったのが大間違い。ホテル2色対1色、色も緑+オレンジ対黄色だし、所持金に至っては10倍近いという、どこからどう見ても勝利間違いなしという局面にもかかわらず、ここから次女の奇跡が始まる。3周も4周も2色を潜り抜け、その一方でパパは必ずと言っていいほど黄色ホテルを踏む。その収入で赤にもじわじわと次女の家が増える。そしてこの3周に1回しか踏まないペースを維持する次女。赤にホテルが建つ頃には、次女の方が所持金が多くなってるこの不思議。まあお互いホテル3-4回分の所持金があるので、もう1時間ぐらい続けることは可能なのだが、今の次女のペースだと全く勝てる気がしないので、早く寝せるためという大義名分のもと、降伏を申し出る。全くなんてやつだ。我が子ながら、その天運がまぶしくて仕方がない。


2013年1月7日 月曜日

 次女がボードゲームで遊べとせがんでうるさいので、ひとつ単純なのをやろうということで、5,6年前にA4用紙に印刷して自作したキャントストップ(ボード)をやらせてみる。適当なコマを他のゲームから持ってきて、ダイス4個用意すればできあがり。前回は長女が小1になったタイミングで、足し算というものを教えるための教材として使ってみたのだが、やはり小1に確率論とか教えるのは厳しかったのか、全く反応しなかった記憶がうっすらと。

 しかしさすがに小4の次女、しかもボードゲームに関しては英才教育が施してあるため、もはや全く苦にせずライトゲームとして気軽に遊ぶ。そして割と気に入ってしまったらしく、1回やってつまらんからやめようというつもりで出したのが、延々と何回も続けてプレイさせられる誤算。割と着実に進むタイプで、欲を張って自滅するパパを見て、「何やってんの?」と冷ややかに批判する。

 途中から小6の長女も混ぜての3人プレイはパパの勝利。再戦を望むが、また就寝時間を越えそうになるので、今日はびしっと断る。ダイスゲームなので実は全く好みではないので、非常に裏目に出た模様。

 Settlers Online(Web)はHorsebackマップに冒険に出る。クエストで鉄剣兵の損害を100以内に抑えろとか言われたもんで。要は鉄剣兵を使わなきゃいいんだろ。元々鉄剣兵が必要なマップじゃないので楽勝。ただ囮作戦を3回も要求される難度の高めなマップで、前回コツをつかんだはずの2回目の囮は何度やっても再現できなかったので、結局力づくで通ることに。


2013年1月8日 火曜日

 Travian(Web)。英雄が拾ってきた銀貨を使って、オークションで鎧をゲット。これで1日の体力回復が10から20に増えて、ますます冒険に行きやすく。しかし肝心の冒険が段々出る頻度が少なくなってきてるので裏目。まあ置いとくだけでも英雄は資源ブーストがあるので役には立つのだが。

 1週間が経過してクエストでもらった金貨による資源ブーストが切れたので、残り15枚を再び資源ブーストに。とにかく序盤を優位に生き延びなくては、現在人口ランキングとしては1000人中200位あたり。今のところ隠し倉庫完備なので、もし目をつけられたとしても一切略奪される危険性はないが、そうは言っても目をつけられると開拓者を作ったところで攻め込まれると泣けるので、そろそろ同盟にでも入っておくべきか。


2013年1月9日 水曜日

 Travian(Web)。いまどきの携帯はフルブラウザつきなので、会社でも少々なら操作できるのが素晴らしい。4年前に図書館まで片道20分かけて歩いたあの苦労はなんだったのか。まああまりやりすぎて会社携帯の請求額から足がついてもなんなので、やっても1日1-2回程度にしておく。


2013年1月10日 木曜日

 ブラウザゲームをこなして寝る。現在やってるのはメインがSettlers Online(Web)からTravian(Web)に移りつつあり、あとはもうすぐサーバ終了になりそうなロードオブナイツ(Web)。コールオブゴッド(Web)でのアンデッドプレイもまだまだ続いていて、キン肉マン超人タッグオールスターズ(Web)もどうでもいいのだが一応連打してる。ディヴァイン・グリモワール(Web)も日々の収入とイベント用キャラを入手する程度にはやっていて、これだけあるとさすがに平日は太閤立志伝5(Win)をやるほどの暇はない。

 Settlers Online(Web)は初めてのマップOutlawsに挑戦。制限時間4日という大型マップ。被害が大きく、自然回復ではまったく追いつかないので、今まで貯めてきたパンをどんどん利用して人口増加させる必要がある。


2013年1月11日 金曜日

 うかつにも風呂で2時間も熟睡してしまい、ゲームをプレイする時間を大幅に減らしてしまう。ブラウザゲームを最低限だけこなして寝る。

 今年から金曜朝は早く出ないといけないので、朝のゲーム時間も減って困る。


2013年1月12日 土曜日

 Travian(Web)はランキングが180位近辺から動かなくなってきた。この辺がアクティブユーザーの数といったところか。1000人中200人ぐらいしかゲームやってなさげ。

 日中暇ができたので太閤立志伝5(Win)。大谷吉継、どの道を進むか全く方向性が見えないので、とりあえず万能に進めてみる。医者、剣豪、忍者、算術あたりは生きるのに必須に近いので、いつまでも浪人なのもなんなので甲賀忍者に弟子入り。下忍から叩き上げて秘術をすべて学ぶ予定。


2013年1月13日 日曜日

 Travian(Web)。2回目の金貨による資源ブーストが月曜夜に切れるので、そこまでに2村目の移民を始めようという計画を立て、官邸を作るところからスタート。

 綿密な計画によると、ちょうど資源ブーストが切れるところで3体の開拓者が作れる予定。問題はこの無防備な開拓者がやられると被害が莫大なので、なんとか防衛手段を講じないと。今のところどこからも攻撃は受けてないが、偵察兵がいないので偵察を受けているかどうかは判別していない。最悪のケースを考慮し、近隣の大同盟に入れてもらうべく、リサーチ開始。

 同盟ランキング1位のL8Cという組織が北西を中心として勢力を誇っている。うちは南西ではあるが、Y軸的には北西寄りの位置なので何とか入れて貰えるといいのだが。

 太閤立志伝5(Win)。忍術は修行してるとあっさり所属勢力の術は全部手に入るので、残りの里のもコンプリートしようかと思ったら、そうは問屋が卸さない。他勢力の秘術は、忍び込めば1段階目は取れるが、2段3段は所属者のみ。かと言って甲賀を抜けて他のところに行こうとすると、抜け忍狩りが度々押し寄せてきて、ゲームオーバーになる可能性が高まって非常にうっとおしい。

 じゃあ忍者の里を全部征服しちゃえばいいじゃんと思ったが、忍者頭になる道がどうやら非常に遠いらしい。この際大谷刑部による忍者エンディングは断念し、忍者を平和裏に退職する道を模索。Webで調べたところ、一旦大名家の兵法指南役を引き受けた後に指南役をやめればいいらしい。というわけでまずは指南役になれるだけの武技を学ぶ必要がある模様。


2013年1月14日 月曜日

 Travian(Web)。移民計画は、クエストによる収入があって前倒し。夕方には目当ての大農場を確保することに成功。なお同盟バリアに関しては、申請したものの、17日までには審査の上返事する、とか悠長なことを言われて全く間に合わないし、それまで待ってて大農場を取られてもあほらしいので、一日PCに張り付いて攻撃があったら手動で避けるというアナログな方法で対処。幸いにしてもどこからも攻撃は来なかったが、この緊張感がたまらん。

 大農場は、当初中心地に近い場所を選定してたのだが、いざ発射しようとすると、ナタール族に攻撃されるという警告を受ける。はて?と思って地図を見ると、中心地が滅びの山のような状態になっていて、土地の色が違うのは飾りかと思ったらこれがナタール族の縄張りという意味らしい。仕方ないので、第2候補で北西エリアに入った方にしておく。周囲にあまり強力なプレイヤーが住んでいないのが救い。範囲内のオアシスが25%しかないのがやや難だが、首都から遠くてもサポートしきれないし。商人が30分で到着するぐらいの距離で妥協しておく。2村目で大農場とか、以前プレイしていた頃に比べると贅沢なこと極まりない。

 PCに張り付いてる間は、ひたすら太閤立志伝5(Win)。大谷刑部、いまだに方向性が見えないものの、ひとまず忍者をやめるために一旦織田信雄の指南役に押しかけて即時やめるという裏技を駆使。無事浪人に戻る。その後は史実に合わせて三成の下に押しかけて武士プレイをやってみるが、いつまでも出世しないなと思ったら、秀吉から見れば陪臣扱いで、三成がまるで出世してないので上司を越える訳にいかないという制約からだった。どうも将来がなさそうだし、見限って秀吉直属に移行。あれよあれよと部将まで出世。とは言っても武士エンディングは最初に秀吉で見てるので、どの方向に向かおうか。

 一応茶人、剣豪あたりは行けるように着々と実績を積む。奥さんがいないのが寂しかったので、出雲のお国を長年かけて口説き落とし、秀吉の指令は修行を選んで全技能パーフェクトを目指して着々と鍛える。


2013年1月15日 火曜日

 Travian(Web)。開拓した大農場に手を入れようと早起きしたら、早速トップランカーから攻撃ランプが。なるほど、トップたるもの、こうやってめぼしそうな餌場を日々探し回らないといかんのね。今のところそんなに資源を置いてるわけでもないので、隠し倉庫を充実させて資源退避はさして問題なし。初回できっちり対応しとかないと、少しでも隙を見せたらつきまとわれるだろうし。


2013年1月16日 水曜日

 Travian(Web)。無事大同盟に参加を認められる。村2つで内政してると人口の増え方もさすがに早く、ランキング120位ぐらいまで上がる。もっとも平日日中ほとんど触れないのであっという間に落ちるけど。

 今回の同盟は、IRCもないし掲示板もあまり活気がない。まあ序盤はこんなもんか。それとも過疎になったゲームはもうこんな程度なのか。前回の同盟は毎晩IRCで騒いでたのが懐かしい。


2013年1月17日 木曜日

 Travian(Web)がメインになってくるにつれ、Settlers Online(Win)にもさすがにそろそろ飽きがきた。Lvの上がりが遅く、もう一ヶ月ぐらい上がってないので、あまりにも代わり映えがしなさすぎる。今のコンテンツだとLvが上がったところで解禁される要素ももうあまり残ってなく、苦労して冒険を繰り返しても何が得られるのか、というところまで来てしまった。

 厳密に言うと、Settlers Onlineが退屈になってきたので新しくやるゲームを探してるという方が正しい。しかしそのTravianも、さすがに前回ほどの熱意はもてなさそうなので、果たしてどのくらい持つか。


2013年1月18日 金曜日

 Travian(Web)。大農場もその後襲われることもなく順調に育成中。しかしさすがに2村目が大農場だと、資源が足りなくて困る。かと言って3村目とか言ってるとそれまでにめぼしいところを取られる可能性が高いし、致しかたがない。まあぼちぼちやるか。

 通勤中のタクティクスオウガ運命の輪(PSP)は、Lルートを終わらせた後Cルート1回目が第4章に入ったのでそろそろ終わりか。終わる前にめんどくさい海賊を仲間にして、あとはもうクリアしちゃうかな。途中で1人仲間にし損ねていて、後でまたタイムスリップしないといけないことが確定している。まだNルートがあるし、迷宮にもチャレンジしなきゃいかんし。やることがいっぱいあってあと半年ぐらいはかかりそうな気がする。


2013年1月19日 土曜日

 Travian(Web)は休日にがっつりやるとすぐ資源が尽きる。平日は日中触れないので資源があふれる心配をしなきゃいかんのに。

 Settlers Online(Web)は変わり映えのしない日々に飽きていたところに、人口がフルになってきたので冒険を始めたものの、派遣した兵力が0人扱いになるバグに遭遇。ぶち切れて、だいぶ長いことプレイしてきたがこれをきっかけにやめることにする。半年も続いたいいゲームではあったが、いかんせん何も変わらなさ過ぎる。また農耕気分が盛り上がったら再開するかもしれんけど、しばらくいいや。


2013年1月20日 日曜日

 のんびりTravian(Web)など。Settlers Online(Web)がなくなるとだいぶ暇なので、何か別のものを探そうと、Fish Hunt(Win)なる作品をやってみる。釣りゲームなので大して期待してなかったが、ブラウザゲームではなくクライアント型で、ゲームエンジンが割と好きな大航海時代Online(Win)タイプ。キャラの造形も日本風で好感が持てる。肝心の釣りシステムは、釣りにあまり詳しくないのでなんとも評価しがたいが、ただの運ゲーでもなく、アクション性がちがちでもなく、丁度いい難易度に設定してあるように思える。がっつりやるタイプのゲームではないが、Travianの建設の合間には丁度いいかもしれない。


2013年1月21日 月曜日

 Travian(Web)。平日になると途端に資源が余り始める。が、鉄鉱山Lv10を作ろうとするとそこまでの資源はちょっと足りないというタイミングが何回か。仕方ないのできこりとか粘土を上げておくと、鉄鉱石が明らかに不足してくる。


2013年1月22日 火曜日

 Travian(Web)。やっと鉄鉱山Lv10の資源を貯めてポチる。実に8時間半という長い建設時間。平日日中の不在期間を埋めるには最適。

 出勤時にPSP本体を家に忘れるという失態により、通勤中にやることがなくなって困り果てる。カバンにこっそり入れておいたフリーペーパーも大した暇つぶしにはなりはしない。片道1時間を潰してくれるPSPのありがたみを思い知る。


2013年1月23日 水曜日

 ロードオブナイツ(Web)がついにゲーム終了。内政以外何もしてなかったけど。現在のメインはTravian(Web)とコールオブゴッド(Web)。ディヴァイン・グリモワール(Web)はログインボーナスのみ。年末からのカード入手イベントが一段落ついたので、しばらくログインしなくてもいいかも。

 一応Fish Hunt(Win)も時折起動してるが、こいつ内容の割に起動時間が長いのでちょっとストレス。いまどき起動に5分かかるゲームも珍しい。


2013年1月24日 木曜日

 Travian(Web)は平日は時間がないので大したことはできない。コールオブゴッド(Web)もダンジョンとかデイリークエストとかやろうとするとそれなりに時間を取るので、ちょいちょい内政する程度。


2013年1月25日 金曜日

 休暇をとってのんびりTravian(Web)。人口ランキングが60位ぐらいに上がってきた。同盟内では5位か4位あたり。案外まじめにやってるやつ少ないな。


2013年1月26日 土曜日

 のんびりTravian(Web)。そろそろカルチャーポイントが貯まってきたので3村目に移民する日が近づいてきた。移民直後は狙われやすいので、張り付ける週末に移民したいところだが、現在のカルチャーポイント予報だと火曜早朝予定。冒険で拾ってきたカルチャーポイント1日分生産グッズが2個あるので、これを使って日曜に移民するか。そうなると今度は資源を全部官邸と開拓者作りに注がないといかん。

 深夜に目が覚めたので、ファイアーエムブレム暁の女神(Wii)。もう第何部をやってるのか忘れたが、今までプレイした陣営同士の戦いの場面になり、面ごとに立場がかわるがわるというよく分からない状態に。まあきっとそのうち合流するという前触れなんだろうけど、今まで育ててきたキャラ相手に攻め込むとか斬新だわ。怖くて殺すことはできなかったが、普通に戦闘画面に入ったのでやろうと思えばできそう。


2013年1月27日 日曜日

 Travian(Web)。予定通りアイテムを使ってカルチャーポイントを稼いで、3村目を設立。幸いにして今回は攻撃はなし。3村並行で育てると人口増加が早いので、ランキングは50位ぐらいに上がってきた。

 ファイアーエムブレム暁の女神(Wii)はいくつかの面を快調にクリアした後、いよいよ今までプレイした陣営と共闘する面に。しかし共闘部隊はAI操作なので、戦闘は下手だし温存しといた貴重な武器をバンバン使ってくれるし、挙句の果てにキャラを死なせてくれるもんだから、何度もリセットする羽目に。未だにクリアできず。


2013年1月28日 月曜日

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)。コールオブゴッドはかれこれ1ヶ月続いてる。シミュレーションRPGのようなものだが、戦闘が全自動な上ボタンを押すと瞬時に終わるのでテンポが非常に良い。領地経営で村ゲー要素もあるが、強さはキャラLvの方に強く依存するので、他人から資源を奪うことにあまり大きな意味はないため、ほとんど多人数ソロと化している。それでも兵士の減らない対人アリーナはあって報酬がもらえるので、全くのソロでもないのだが。コンテンツによってすっぱりノーリスクにしている辺りの割り切りがなかなかいい感じ。


2013年1月29日 火曜日

 Travian(Web)とコールオブゴッド(Web)。Fish Hunt(Win)は内容は悪くないのだが、起動が遅い上に、起動したはずのアプリがいつの間に消えてる異常も発生してやる気なし。

 通勤中のタクティクスオウガ運命の輪(PSP)は、海賊の墓場イベントも終わらせたので、次は禁呪イベントでもやろうかと計画中。


2013年1月30日 水曜日

 Travian(Web)。同盟でやっとIRCが導入され、試しに入ってみたが盟主と主力の2名のみ。人数は40名近くいるはずなのだが、あまり活発な同盟でもないらしい。フォーラム見ててそんな気はしたんだが。ちなみに同盟内ではランキング3位なので、ひょっとしてうちも主力のように思われてるんだろうか。


2013年1月31日 木曜日

 Travian(Web)。ランキング40位まで上がってきて、2ページ目に表示されるように。こうなったら1ページ目に表示されることを目標にしてみるか。

 タクティクスオウガ運命の輪(PSP)の禁呪イベントがいつまでも始まらないのでふてくされていたが、6つの砦を制覇する前提条件をよくよく確認したら5つしか制覇してなかった。もう1つはそもそも画面に出てきてなかったのだが、これもレポートをよくよく読み返すとトリガーとなるニュースを読んでなかったことが判明。2周目だからNewマークがつかなかったので見落としてた。




最近の日記に戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット